back to top

糖尿病を患う日常とは。18歳の女性が写真で伝える実情

糖質を避ければいいだけの病気ではない。

こちらは米ミズーリ州出身の18歳、マデリン・ミルザーク。彼女は1型の糖尿病を10年近く患っています。

Supplied

糖尿病には主に3つの型があります: 1型、2型、そして妊娠性糖尿病です。1型も2型も慢性的な疾患ですが、1型は一般的に子どものときに診断されます。そして2型は中年期以降に診断されることが多いものです。妊娠性糖尿病は、妊娠中に起こる糖尿病の1つです。

マデリンは、糖尿病と共に生きる日常がどんな感じなのか、Facebookに投稿しました。すると、世界中で人々が彼女の投稿をシェアするようになりました。

facebook.com

この投稿は人々に既成概念を取り払って、糖尿病が本当はどんなものなのか、見つめなおすことを呼びかけています。

「糖尿病は選り好みをしないで攻撃をしてきます。生後2ヶ月の赤ちゃんでも、73才のお年寄りでも、気にしません。相手がビッグマックやマックチキンを毎日食べる人でも、日々ジムに通っている厳格な完全菜食主義でも、気にしません。私は糖尿病です。毎日、ただ普通に生きるために、糖尿病と闘っている人たちが大勢います。そして彼らは、翌朝目覚めることができるかわからないまま、ベッドに入ります。だから巨大なデザートの写真に #Diabetes とハッシュタグをつける前に、#Diabetes が実際にどんなものなのか考えてください」

広告

彼女は低血糖を起こして、家で1人で倒れた後に、この投稿を書こうと決めました。彼女の生命を救ったのは、祖母が与えてくれた糖分でした。

Supplied

マデリンは、そのとき携帯電話をもっていたので、祖母にメールをすることができました。祖母は彼女に糖分を持ってきてくれました。「もし祖母が携帯電話をもっていなかったら、私を見つけてくれるまで、どれくらいの時間がかかったかわかりません。もしかしたら手遅れになっていたかもしれません」

「私は最大で1日に10回、指を刺して血糖値を測定しなくてはなりません」と、マデリンはBuzzFeedに話しました。「食事をしたり、血糖値が高くなり過ぎるたびに、私はインスリンを注射します。以前はインスリンポンプを使っていましたが、壊れてしまいました。保険料は法外な額です」

「糖尿病は単純で、糖質を避ければいいだけの病気だという認識を変えるため、現実を人々に知らせる時がきたと思いました。人々が私の病気の原因だと思っている糖質は、実際に私の生命を救ったのです。これは多くの人々が知らないことです」

Supplied

「私はずっと人の手助けをしたいと思ってきました。そしてやっと、その機会を得ています。今まで受け取ったメッセージの中で、否定的だったのは1通だけです!」

「自分たちの話を私に教えてくれた皆さんに感謝しています。私は糖尿病の啓蒙活動を続けていきたいです。そしてソーシャルメディアで彼らのストーリーをシェアするために #WhatDiabetesReallyLooksLike のハッシュタグを使って欲しいと人々にお願いしていきます」

友だち追加数

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss