back to top

心当たりがあるなら、ネット中毒かも。知っておきたい「兆候」

画面を見ている時間にイライラしているなら、助けを求めましょう。

インターネット中毒は精神科では公式には認められていないものの、誰にでも影響を与えうる現実問題だ。

Getty Images

インターネット中毒を病気として認知すべく、多くの医療関係者が論証を行っている。人間がインターネット中毒にならないということではない—— 分類が公式なものになるまでには、より多くの研究が必要というだけなのだ。

BuzzFeed Mexicoはいくつかの疑問を明らかにするため、メキシコ国立精神病研究所の依存症クリニックのコーディネーターを務めるウゴ・ゴンサレス・カントゥ氏に話を聞いた。カントゥ氏は、実際にインターネット中毒になっているように感じている場合に注意すべき10の症状を特定した。1つ以上の兆候が現れているのなら、自分がインターネット中毒になっているかどうかを確認するために、医療専門家に相談してみよう。

1. オンラインのゲームやギャンブルに過剰な時間を費やしている。

Getty Images

インターネット中毒の最も明確な兆候は、ビデオゲームやギャンブルサイトだ。薬物のように、どちらの活動も脳の報酬系を刺激し、よく似た中毒行動を発生させる。

広告

5. オンラインにいるのが本当に、本当に良い気分で、ある意味苦痛が取り除かれたような気分である。

Nickelodeon

中毒症状は脳の報酬回路を刺激する。食べ物やセックスなど、多くの物事も刺激するのだが、薬物などの異常な刺激は、使用者に依存性を生じさせる可能性がある。

広告
広告

これらの兆候のいずれかが見られるのなら、専門家の支援を求めるのも良いかもしれない。

Getty Images

中毒には、しばしばその行動を可能にするその他の病気が伴う。また、中毒は克服が難しい一方で、専門家チームと治療の助けがあれば非常に克服可能でもある。

自分の体調や健康について心配なことがあるのなら、いつでもお医者さんに相談しよう。BuzzFeedの記事は、医学的診断や治療、カウンセリングに取って代わるものではない。

この記事は英語から編集・翻訳しました。