back to top

娘のカミングアウトを受け止めた父。その家族愛に世界が感動

子どもの幸せは、親の幸せ。

これは、台湾に住むとある家族の物語。長女にレズビアンだと告白された父親の動画が、世界中で広くシェアされている。

身近な人のカミングアウトを受け入れられるかは、個人によって大きく異なる。父親は娘の告白をどう受け止めたのか。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

動画を制作したのは、同性婚を支持する台湾の団体Home Is Love。Facebookグループを通じて、この家族と出会い、昨年12月に制作された。家族の名前はプライバシーを考慮して明かされていない。

動画の主役となるのは、65歳の父親。長女がレズビアンだと知って、ショックをうけ困惑したという語りから始まる。

「とてもショックだった」
youtube.com

「とてもショックだった」

「同性愛は、自分たちには遠い話」
youtube.com

「同性愛は、自分たちには遠い話」

広告
「なんでうちの娘がレズビアンに?」
youtube.com

「なんでうちの娘がレズビアンに?」

しかし、父親はふと気がつく。娘は自分以上に苦しんでいるのでは?

「自分が不幸せでも関係ない」
youtube.com

「自分が不幸せでも関係ない」

「でも、自分の子どもが不幸せだとすれば」
youtube.com

「でも、自分の子どもが不幸せだとすれば」

「それは耐え難いことだ」
youtube.com

「それは耐え難いことだ」

広告

そこで、父親はまず「知る」ことから始める。

「この件に関してたくさんの本や記事を読んだ」
youtube.com

「この件に関してたくさんの本や記事を読んだ」

「とにかく読み続けた」
youtube.com

「とにかく読み続けた」

父親には長女含め3人の子どもがいる。他の2人はすでに結婚していることから、長女のことが一番の心配ごとだという。

動画が制作された去年の時点では、長女がパートナーと娘とともに実家を訪れるまでに。

「長女はパートナーと安定した関係を築いている」
youtube.com

「長女はパートナーと安定した関係を築いている」

広告
「それは自分にとって幸せなことだ」
youtube.com

「それは自分にとって幸せなことだ」

父は、カミングアウトされた当時を振り返り、レズビアンの娘を受け入れるために何が必要だったのかを語っている。それはとてもシンプルなこと。

「必要なのは、愛と受容だ」

BuzzFeedの取材に対して、Home Is Loveの担当者はこう語る。「親というのは、子どもにはいつも幸せ、健康でいてほしいもの。娘が幸せならばいい、愛とは単純なものです」

「子どもの決断を受け入れ、彼らの必要なもの、愛するものを理解してほしい」

動画に登場する家族も、これが家族のあり方をもう一度考えるきっかけになればと願っているという。

広告

動画はSNSを通じて数多くシェアされ、世界中から共感の声があがっている。その多くは、家族愛の形に感動したというもの。

このようなことで家族が分断されてしまうなんて悲しいことは、もうなくなりますように。
Home Is Love

このようなことで家族が分断されてしまうなんて悲しいことは、もうなくなりますように。

この記事は英語から翻訳・編集されました。担当:SOKO

ーーーーーーーーーー

BuzzFeed Japanは4月26日から5月9日まで、LGBTウィークとして、セクシュアル・マイノリティに関する記事を発信します。

セクシュアル・マイノリティがそばにいるのは、あたりまえ。2015年の調査(電通調べ)では、およそ7.6%の人がセクシュアル・マイノリティだとされています。職場、学校、家族。どこにいても、誰であっても、何の不自由もなく暮らせること。そんな時代に少しでも近づけるきっかけになることが私たちの願いです。

・記事一覧

https://www.buzzfeed.com/lgbtjp