第一次世界大戦の戦線からの、この世の終わりのような写真28枚

    多くの命を奪った総力戦の悲惨さ

    by ,
    A. R. Coster / Getty Images

    1917年、戦地へと赴くパレードの際、子どもと握手するアメリカ人兵士。

    Bettmann / Bettmann Archive

    1918年4月3日、西部戦線でフランスのドイツ基地に向け37mmの銃弾を発射するアメリカ人兵士。

    Bettmann / Bettmann Archive

    1917年頃、アルゴンヌのヒンデンブルク線を突破したアメリカ人兵士は、放置された塹壕とその入り口にたったひとつ残る骸骨を撮影した。

    Imagno / Getty Images

    1914年頃。ポーランドのドゥナイェツ川の土手で銃撃戦が繰り広げられている。

    General Photographic Agency / Getty Images

    1916年。飛行機に向け、ガスマスクをつけたドイツ人兵士たちが高射砲を発射する。

    Hulton Archive / Getty Images
    Getty Images

    左:1915年頃、身元不明の兵士が防弾衣服の最新の進歩を見せびらかしている。右:ガスマスクをつけ、長いやりを持ち運ぶドイツ人の騎兵隊員は、戦争の異なる2つの時代の衝突を印象付ける。

    Stf / AFP / Getty Images

    1916年、フランス北部の戦場に置かれた犠牲者の体から切り離された手。

    Galerie Bilderwelt / Getty Images

    1917年、エーヌの戦いで、フランス人の機関銃手部隊が廃墟拠点とする。

    Hulton Archive / Getty Images

    1916年。イギリスのサーチライトにより、夜の空に静かに迫ってくるドイツの巨大なツェッペリン型飛行船が現れる。

    Hulton Archive / Getty Images
    Three Lions / Getty Images

    左:1915年頃、ドイツのフォッカー D.VIIとの空中戦に巻き込まれるイギリスのS.E.5。右:1918年、観測気球が攻撃を受け、パラシュートで降下するドイツ人兵士。

    Iwm / Getty Images

    1917年、カンブレーの西部戦線で、塹壕の中戦う、銃剣を持ったイギリス兵士たち。

    Boyer / Roger Viollet / Getty Images
    Boyer / Roger Viollet / Getty Images

    1914年。顔のプロテーゼありとなしの状態で写真をとる負傷した兵士。

    Imagno / Getty Images

    1915年頃、敵の爆撃の後、完全に廃墟となったポーランドのプシェミシル要塞。

    Library Of Congress / Getty Images

    1917年、西部戦線を進むイギリスの戦車。

    Hulton Archive / Getty Images

    1915年、イープルの2度目の戦いで、銃剣を持ち、単純なガスマスクをつけたフランス人兵士たちが戦闘に備えている。

    Iwm / Getty Images

    1916年、ソンムの戦いの間、ウヴィレの近くで化学兵器から身を守るため、PH対ガスヘルメットを使用するイギリス機関銃部隊のヴィッカース重機関銃隊。

    Iwm / Getty Images

    1918年8月、メッセンジャードッグの首輪に取り付けられたシリンダーにメモを入れる、イギリス陸軍工兵隊信号分隊の軍曹。

    General Photographic Agency / Getty Images

    1916年、ヴェルダンの戦いの中、砲撃から避難するフランス人兵士たち。

    Hulton Archive / Getty Images

    1915年、馬に引かせたドイツの救急車に大砲が直撃。状況を調べる兵士たち。

    American Stock Archive / Getty Images
    Interim Archives / Getty Images

    左:1918年、軍の野営地に案内される、塩素ガスで目が見えなくなったイギリス人兵士たち。右:1918年9月、ヴァレンヌ=アン=アルゴンヌで応急処置を受ける負傷したアメリカ人兵士。

    Hulton Archive / Getty Images

    1916年頃、ベルギー軍の野営病院で負傷者に包帯を巻く医療労働者たち。

    Topical Press Agency / Getty Images

    1915年、アイルランド、コーブでの、ルシタニア号の犠牲者の葬儀に出席する軍人たち。このキュナード社の定期船は、アイルランド沖でドイツの潜水艦による魚雷攻撃を受けて沈没し、乗船していた1198人が亡くなった。

    Fpg / Getty Images

    1920年頃、フランスの戦場で亡くなったアメリカ人兵士たちのために、ニュージャージー州ホーボーケンで儀式が催された。

    Frank Hurley / Getty Images

    1917年10月、イーペル区域のホーゲ近くの踏み板の道の上を歩く、第1オーストラリア師団の支援部隊。

    この記事は英語から翻訳されました。

    Contact BuzzFeed Japan News at daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

    Contact Gabriel H. Sanchez at gabriel.sanchez@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here