back to top

嫌なことばかり思い出してしまうときに。気分転換にできるちょっとしたこと。

いつもと違う道を通って家に帰ろう。

鬱状態じゃないかと心配な時、あるいは何をやっても気が晴れない場合は、医師や精神保健の専門家に相談しましょう。

1.深呼吸をしよう。自分の抑えが効かなくなっていると感じる場合は、深呼吸をして自分の呼吸に集中するといい。

2.他の人と話して、その人たちの生活で今何が起こっているか聞いてみよう。他の人に今何が起きているかを聞くことが、人に流されず、自分の問題をちょっぴり見つめ直すのに役立つかも。

3.ペットと一緒に過ごしてみよう。自分のペットでも、誰かのペットでも、動物を可愛がると気分がとっても晴れる。

4. 大好きなテレビ番組を観よう。ものすごい気分転換になるよ。

5.植物のお世話をしよう。水をやって、葉っぱを整え、新しい土を入れた鉢に植え替えて…何かを育てることで力を与えていると感じることができる。ささいなことであっても、自然とつながるのは素晴らしいこと。

6. グラスに1杯の水を飲もう。もしかしたら喉が渇いているのかも。一番最近、ただ水を飲むためにグラスを用意したのはいつだった?

7.ホワイトノイズに耳を傾けよう。過剰に刺激を受けているように感じているなら、雨降りの音のようなホワイトノイズに耳を傾けることで、何か別のことに集中したり、無視しようとしても無視できずにいることを、ほんの少しの間無視するのに役立つ。

広告

8.いつもと違う道を通って家に帰ろう。いつもと違う道を通って帰宅するのは、マンネリから抜け出す簡単な方法。道すがら新しい何かを発見できるかも。

9.お気に入りの服を着よう。お気に入りの服は、着心地のよいパジャマ、あるいはスパンコールをあしらったジャケットかもしれない…。一番大切なのは、それを着るとすごく気分がよくなる、ということ。

10.ティーンエイジャーの頃に大好きだった曲のプレイリストを作成してノスタルジーに浸ろう。

11.またはティーンエイジャーの頃、大好きだったのに、最近は全然観ていなかったミュージック・ビデオを観よう。

12.ベッドを整えよう。ベッドを整えることは単純な行動で大したことではないけれど、空間を居心地よく整えるのに役立つ。

13.本を読もう。他の誰かのストーリーにどっぷり浸ろう。

14.または雑誌を読もう。あるいは、漫画を読もう。

15.何も書いていない紙と鉛筆を用意し、ただ落書きをしてみる。何かを描く必要はなく、ただ手を使って何かをするだけ。

16.次の旅行の計画を立てよう。次の旅行がいつ実現するか全く分からなくても、チャンスが到来したときに、どんな準備をするつもりか考えてみよう。

17.ただシャワーを浴びるためにシャワーを浴びよう。

18.自分が今、こんな気持ちになっている原因をはっきりと文章にまとめてみよう。

19.5分間屋外で過ごそう。家やオフィスで落ち込んでいるのなら、少しだけ外に出て息苦しさから解放されよう。

20.もしほとんどの時間をソーシャルネットワーク上で他人と自分を比べることに費やしているのなら、一休みしよう。でも、自分が抱えている問題を忘れるのにソーシャルメディアが役に立っているなら、好きなだけすればいい。

21.少し寝よう。もしかしたらただ疲れているだけかも。

22.映画を観に行こう。数時間、考えることをやめてみよう。

23.何か食べよう。ごちそうじゃなくてもいいので何か食べよう。もし何時間か何も食べていないなら、エネルギーが切れたのかも。

24.思いっ切り泣いてみよう。時には、全てをぶちまけてしまう必要があるよね。

25.自分自身に多くを求めることなく、自分の気持ちを無視せずに、しばらくの間ダウンしてみよう。

26.信頼できる人に、自分の気持ちを話してみよう。もしかしたら、外部の助けが必要なのかも。自分だけではどうにもならない時、誰かが助けてくれるかも。

この記事は英語から編集・翻訳しました。