go to content

「時には崩れ落ちてもいい」 セレーナ・ゴメス、メンタルヘルスについてVOGUEで語る

「私の自尊心はボロボロになりました」

セレーナは、全身性エリテマトーデス(ループス)による不安症やパニック障害、鬱で化学療法を受けたことを公表していた

VOGUEのインタビューで、セレーナは昨年夏の「リバイバル」ツアーをキャンセルした理由について語っている。

ツアーは私にとって、本当に孤独な場所です。私の自尊心はボロボロになりました。私は落ち込み、不安になりました。ステージに上がる直前や、ステージから降りた直後にパニックになりました。私は力不足だ、私には無理だと感じました。ファンには何も与えることができない、ファンもそれを知っている、と感じました。とにかく心が捻じ曲げられるような気持ちでした。

ツアーを取りやめたセレーナは、テネシー州の医療施設に入院。そこで90日間過ごした。

施設では、私が誰かなんてまったく気にもかけていませんでした。生き残るために必死で戦っている6人の女性たちと時間を過ごしました。それが私にとっていかに素晴らしいことであったかは、分かってもらえないかもしれません。今まででもっとも大変な経験の一つでしたが、最高の経験でもありました。

このような経験をくぐり抜け、セレーナは自身が受けた弁証法的行動療法を推進するようになった。そして、他の人たちにもこの療法を取り入れてほしいと考えている。

弁証法的行動療法は完全に私の人生を変えました。より多くの人にこの療法について話し合ってほしいです。「私たち女性は、溌剌としていて、強く、セクシーで、クールで、リラックスしていなければいけない。いつも意欲的であるべきだと教えられます。でも、時には崩れ落ちてもいいと思えるようでなければなりません。

セレーナがこのインタビューのことをTwitterに投稿すると……

Thrilled to share my first American @voguemagazine cover with you! Read the story and see the full spread:… https://t.co/BSdoZZuz0q

米VOGUEのカバーを飾りました。インタビューと写真も見てね!

ファンは彼女のインタビューに拍手を送った。

@selenagomez @voguemagazine we're so proud of u queen. An amazing article & cover shoot. Well deserved 😍👑

セレーナ、あなたを誇りに思います。素晴らしい記事と写真ですね。

I didn't think I could love Selena Gomez more but that vogue cover has me in love with everything about her, especi… https://t.co/8oq7SQab8c

VOGUEのセレーナを見て、好きなセレーナのことがもっと好きになった。彼女のハートが大好き!

この記事は英語から翻訳されました。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss