「AirPodsほしいけど高い…」って人はBeatsイヤホンを見て。ほぼ同性能で価格が段違い…!

    Beats(ビーツ)のイヤホン「Beats Studio Buds」がすっごく良かった…!音質、サイズ、ノイズキャンセリングなど十分な機能が備わっていて、まさかの1万3730 円。AirPodsを買おうか迷ってる方にチェックしてほしい!

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    とんでもないイヤホンを見つけました。これならAirPodsの代わりになるかも…!

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    それがこれ、「Beats Studio Buds」です!

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    バランスのとれた音質、ノイズキャンセリング、耐汗耐水性能などほしい機能が全部詰まってます。

    AirPods Pro同等の機能と性能があるのに、AirPods Proより1万円以上も安い…! しかも今ならAmazonブラックフライデーで1万3730円になってます。

    サイズ、音質、ノイキャン性能など各ポイントに分けて紹介します。

    【1. サイズ】ちょっぴり大きいけど、特に問題はなし

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    手持ちのAirPods Proと大きさを比較してみました。

    AirPods Proが「高さ4.52cm × 幅6.06cm × 厚さ2.17cm / 重量: 45.6g」に対して、Beats Studio Budsは「高さ5.1cm × 幅7.2cm × 厚さ2.55cm / 重量: 58g」と、ひとまわり大きめ。

    ただ、それでも十分コンパクトな印象です。

    ポケットにもサッと入る。

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    イヤホンって日常的に使うものだから、持ち運びやすさって大事だと思うんです。

    その点、Beats Studio Budsはポケットにおさまるサイズ。移動中も邪魔にならずにすんでます。

    【2. 素材感】マットな質感で上質。これはAirPodsよりも好きだなぁ…

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    ケースやイヤホン本体はマットな質感のプラスチック製。高級感こそないですが、上品な仕上がりです。

    好みは分かれまずが、指紋などの汚れが付きにくいので個人的には好き!

    ちなみに、充電端子はUSB-Cです。

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    イヤホン自体では最大8時間の再生が可能(充電ケースを使用した場合は24時間以上)。

    バッテリーが少なくなったら、5分の急速充電で最大1時間再生できます。

    【3. 使い勝手】ケースに入れると自動充電スタート

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    収納時はマグネット式でスポっとおさまり、取り出すときはイヤホンをつまんで引っこ抜きます。

    ケースにイヤホンがおさまると同時に自動で充電されます。

    【4. 装着感】軽くてコンパクトで◎ 長時間付けてても疲れにくい

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    実際に耳に入れるとこんな具合。イヤホン本体サイズはAirPodsより小さめで、耳に入れたときの異物感が少ないです。

    フィット感も良く、ランニングに使っても問題ありませんでした。軽くて耳に一体化してる感じすらある。

    再生、一時停止、ノイキャンなどの操作は、イヤホンの「b」の部分をぎゅっと押す必要があります。このときイヤホンが耳に押し込まれる感覚があるので、ちょっと減点。

    【5. 音質】聴いてみた。音質、結構良いじゃん!

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    丸一日、このイヤホンを使って音楽やラジオなど聴いてみました。

    \ 感想、結構良い! /

    バランスがよくて、フラット寄りな音質です。AirPods Proとの音質と同レベル。良い意味で“普通のイヤホン”だと感じました。

    たまに「低音の響きが物足りない」「もう少し高音の伸びがほしい」と感じるシーンもありましたが、このコンパクトさと値段を考えれば妥当かなと。

    「最高音質のイヤホンで音楽を聴きたい!」というニーズには合いませんが、ながら聴きに使うライトユースなら十分だと思います。

    【6. ノイキャン】しっかり消える。

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    街を歩くと、自動車の音や川のせせらぎなどのノイズを大幅に低減してくれました。ノイキャン性能もAiPods Proとほぼ同レベルかと。

    ただ、「外部音取り込み」の機能がイマイチ…。サッーーーというホワイトノイズのような音が聞こえてしまいます。自分の声もこもった音になり、少し不自然でした。

    【7. その他】Appleならではのデバイス間の使いやすさも◎

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    現在BeatsはAppleの傘下にあり、Apple製品との相性が抜群です。

    製品間のマルチペアリングにも対応。iPhoneからiPad、iPadからMacとデバイスの切り替えもスムーズです。

    地味な部分ですが、すごく便利!

    このクオリティで1万3730円とは…信じられないコスパです。

    Yuya Hayashi / BuzzFeed

    AirPods Proと比較してサイズがやや大きい、無接点充電がないなど劣る部分もありますが、コスパに重きをおくなら断然Beats Studio Buds。

    カラバリが3色も用意されているので個性を出せるのも良いですね。

    「イヤホンに3万も出せない…」とお悩みの人など、ぜひ検討してみてください!

    👉Amazonで詳細をチェックする

    音質 ★★★★☆

    デザイン ★★★★☆

    コンパクト ★★★★☆

    コスパ ★★★★☆

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ※この商品は、レビューの為にサンプルの提供を受けました。

    【筆者プロフィール】

    林裕也:PCやスマホなどのガジェットを中心としたブログを5年ほど運営したのち、2020年よりBuzzFeed Japanでインターンライターとして活動。カメラが好きなこともあり、記事にはこだわりの写真が登場する。ガジェット愛を披露できる場所をいただけて光栄である。