天井にネトフリを映せる!Ankerの「人をダメにするプロジェクター」で毎晩が楽しくてしょうがない

    Anker(アンカー)のモバイルプロジェクター「Nebula Capsule II」が優秀すぎる…!最大100インチの迫力で映画を観られるんです。天井投影してベッドに寝転んでの視聴も◎操作も簡単&単体で視聴が可能なので、プロジェクターデビューにもオススメです。

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    YouTube、 Netflix…おうち時間が増えて、気がつけば動画を見ている皆さんに朗報です。

    この「Nebula Capsule II」というプロジェクターを使うようになってから動画視聴が更に楽しくなります!

    まず、なんといっても小さい。

    インターフェース系はこんな感じ。

    付属でリモコンがついているので、入力操作などはここからでもOK

    設定はちょっとめんどくさい。けど、すぐ終わります。

    開封してから20分後には、こんなに大画面。すぐに投影できるのが手軽です。

    ここでも驚いた機能が2つ。まずは「オートフォーカス」でピント調整いらず!

    「歪み補正」で投影設定も簡単でした。

    実際に投影。夜に使う分には全く問題なしの明るさだ!

    ただ、昼の利用は微妙でした…

    ああ、そうだ。音質もビックリするくらい良かったです。

    ちなみに、さらに楽しめる裏技がコレ。三脚を使っての天井投影が天国すぎる!

    難点をあげるとするとバッテリーかな。タイタニックがちょうど見切れないくらいの長さでした。

    あると間違いなく楽しいやつだ。

    ※この商品は、レビューの為にサンプルの提供を受けました。

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    【筆者プロフィール】

    林裕也:PCやスマホなどのガジェットを中心としたブログを5年ほど運営したのち、2020年よりBuzzFeed Japanでインターンライターとして活動。カメラが好きなこともあり、記事にはこだわりの写真が登場する。ガジェット愛を披露できる場所をいただけて光栄である。