back to top

あなたは知ってた? 東京都内のあるエリアが抱えている問題

時代が変われば、街も変わる

1970年代に開発された大規模郊外ニュータウン、それが「多摩ニュータウン」だ。

統一感のあるマンションが立ち並んでいる。

時事通信

ちょっと近未来っぽい眺めが素敵だ。

時事通信

だが、実は高齢化率が高く限界集落化が進んでいることを知っているだろうか。

多摩ニュータウンの高齢化率は22.2%(平成28年時点)。

団地の老朽化や近隣センターの活力低下が進み、若い世代があまり入らない。
時事通信

団地の老朽化や近隣センターの活力低下が進み、若い世代があまり入らない。

老朽化によって解体された団地。

2011年、多摩市諏訪2丁目団地。
時事通信

2011年、多摩市諏訪2丁目団地。

解体直前の一枚、もう人はいない。

襖に貼られた子どもの絵が、なんだか切ない。
時事通信

襖に貼られた子どもの絵が、なんだか切ない。

しかし、同時に若い世代を呼びこむ対策も行われている。

Brillia多摩ニュータウンの建設。

解体された諏訪2丁目団地の跡に建てられたのがこの「Brillia多摩ニュータウン」だ。
b-tamant.com

解体された諏訪2丁目団地の跡に建てられたのがこの「Brillia多摩ニュータウン」だ。

団地からBrillia多摩ニュータウンへの建て替え前と後の居住者を比べたグラフ。

明らかに居住者の人数が増加している。それだけでなく、若い世代や子どもたちが大量に入居してきたことがわかる。
東京都都市整備局 / Via toshiseibi.metro.tokyo.jp

明らかに居住者の人数が増加している。それだけでなく、若い世代や子どもたちが大量に入居してきたことがわかる。

他にも、東京都都市整備局は多摩ニュータウンの再生に向けてさまざまな取り組みをしている。

時代が変われば、街も変わっていく。これからますます進む少子高齢化社会をどう乗り越えるのか。変化に適応しようと模索を続けるこの街から、今後も目が離せない。

Ayame Suzukiに連絡する メールアドレス:ayame.suzuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.