Posted on 2017年6月24日

    あのビジネス街の地下には、幻のホームが眠っている

    いや、ロマンしかない。

    ビジネスマンにはおなじみの街、新橋。

    時事通信

    そして都内でも屈指のダンジョンである新橋駅。

    時事通信

    この新橋駅の地下鉄銀座線に眠る、「幻のホーム」の存在を知っているだろうか。

    そう、ここが噂の…。

    時事通信

    「幻のホーム」である! すごい、誰もいない。さすが幻。

    時事通信

    幻のホームは現在、新橋駅の地下一階に存在する。

    昭和14年(1939年)に、たった8ヵ月間だけ使用されたこのホーム。

    もともと銀座線は「東京高速鉄道」と「東京地下鉄道」両社の路線が合体してできたもの。だがその際両社の駆け引きが原因で、新橋駅には一時的に2つのホームが誕生した。

    最終的には両社が直通運転に合意し、東京高速鉄道側のホームが閉鎖された。それが今でも残っている。

    時事通信

    タイルの敷き詰められた駅名表示。レトロな色合いに時代を感じる…ときめく…。

    線路内は車両の留置場所になっている。

    時事通信

    レンガ風の壁も雰囲気があってよい。

    時事通信

    2015年に行われた見学会の様子。数年に一度一般公開をしている。

    このホームは、主に駅員さんたちの休憩所や会議室、資材置き場等として利用されているとのこと。

    時事通信

    駅員さんの休憩所にも、駅名表示が飾られている。

    また、現在地下鉄銀座線が進めている全面リニューアルの一環として、幻のホームの活用デザインも募集されていた。結果はこちらから。

    日々たくさんの人が利用する新橋駅に潜む歴史。

    新橋駅の他にも、日頃見えない都会の地下には意外と秘密が眠っている。あなたの利用している駅にも、もしかしたらなにか隠れているかも。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form