無印良品の紙袋風のエコバッグが、500円以内で真似できるってマジ!?

    きっと無印好きにはたまらない作品。振り返ってみると、刺しゅうって1番身近な芸術作品かもしれない。

    無印良品のエコバッグが話題です。

    クロスステッチデザイナーの大図まことさん(@makotooozu)が、Twitterに無印良品の紙袋風に刺しゅうしたエコバッグを投稿したところ、1万6千回以上リツイートされ、9万4千以上の「いいね」が集まりました。

    「お値段以上の作品」「売ってたら買う」「真似してみたい」と大きな反響が寄せられました。

    話題のエコバッグがこちら

    大図まことさんTwitterより / Via Twitter: @makotooozu

    綺麗な刺しゅう

    大図まことさんTwitterより / Via Twitter: @makotooozu

    うっわぁ〜すごい👏✨ 再現度高すぎ〜!

    抜群のセンスで、商品化されてもおかしくないほどにレベルの高い作品です。

    これを見てクロスステッチに興味が湧いてきたので…

    BuzzFeedは大図さんにお話を聞きました。

    大図さんは、クロスステッチを始めて20年。「常日頃から刺しゅうをやらない人にどうやったら興味を持ってもらえるか」を考えながらSNSを中心に作品を投稿しています。

    「コロナ禍となり対面でやっていた刺しゅう教室が全く出来なくなりました。その一方で去年は、ステイホーム期間中おうち時間を楽しもうということで手芸の需要が増えたような気がします」

    ステイホームしながら楽しめます

    大図まことさんTwitterより / Via Twitter: @makotooozu

    対面での刺しゅう教室ができないために始めたのが、ほぼ毎日夜の8時に始めるインスタライブで、クロスステッチの楽しみ方をレクチャーしているそうです。

    「慣れないことなのでハプニングが続出し、それまで手芸の先生という少し尊敬されるような、気軽に話しかけられないイメージだったものが一気に崩れさり、近所の手芸好きの変なおじさんとして一部のコアなファンを掴んだと思います」

    突然の緊急事態で需要が増えた手芸。オンラインツールを駆使して1人でも多くの方に寄り添いながら、クロスステッチの良さを広めていらっしゃるんですね。素敵です!⭐️

    きっかけはお客さん

    無印良品のバッグを使った作品を大図さんが作ってみることにしたのは、お客さんがきっかけでした。

    大図さんのデザインを使って刺しゅうしたバッグを見せてくれたおかげで、作品作りを始めたのだとか。

    材料費500円以内

    大図まことさんTwitterより / Via Twitter: @makotooozu

    驚くことに、材料費は全部で500円もしないんです!! まさに「お値段以上」すぎる〜💨

    「手に入りやすい無印良品のバッグと、ダイソーで売っている針と糸を使って、何かインパクトのある作品が作れれば、多くの人の心に届くのではと考え、実は戦略的にあのようなデザインにしました」

    もともと多くの人に強い印象を与えたいという気持ちがあったようですが、大きな反響を受けて…

    「狙ってツイートしたのですが、想像以上でびっくりです」

    と驚いた様子でした!(笑)

    刺しゅう作品

    「クロスステッチは出来上がった作品の見た目もレトロゲームみたいで面白いし、なにより簡単なのでこれきっかけにもっと多くの方に楽しんでもらえたらいいなと思っています」と期待を胸に語ります。

    大図さんはこれまでに、手芸の枠を越えてディズニー、サンリオ、BEAMS、G-SHOCKなどとのコラボ作品を手掛けたり、最近では、NHK Eテレ「いないいないばあっ!」で流れる刺しゅうアニメを担当しているんですって!

    そんな大図さんに、お気に入りの作品を聞いてみると…

    「これまで沢山いろいろなテイストの物を作ってきたので、1つに絞るのは難しいのですが、いつでも今作っているものが一番だと言えるようなものを作りたいなと思っています」

    最後に大図さんから一言。

    「次の作品も是非お楽しみにしてください!」