肌色って何色? いろんな肌に合わせたダンスウェアが製品化

    肌の色はみんな一緒じゃないからね

    米テキサス州の29歳の服飾デザイナー、ホイットニー・ブレイシー

    昨年3月、ブレイシーは有色人種のダンサーのために、「肌色」の衣料品を作るアパレル会社を立ち上げた。

    M*Knight / Via mknight77.com

    以前は水着も作っていたが、友人であり、Brown Girls Do Balletの創設者であるタキヤ・ウォレスに、ダンス業界には有色人種用の肌色のウェアがない、というヒントをもらい、ダンスウェアを作り始めた。

    「有色人種のほとんどのダンサーは、レオタードを何度か染めて、ちょうどいい色にしないといけません」と彼女は話した。

    M*Knight / Via mknight77.com

    全てのレオタードを手作業で作っているが、需要の増加に合わせ、大規模生産に対応できる工場を使う予定だ。

    「カラーカードを印刷して、友達や同僚、見ず知らずの人たちの肌に合わせてみました」

    instagram.com

    現在、4種類の肌の色に合わせたラインナップがある。来年末までには、ブレイシーはさらに2色 (彼女の言う「少しシナモンっぽい」色が1つ、もう1つは比較的明るめの色)を加える予定だ。さらに別の製品として、ブラトップと、女性用のボーイズレングスのショーツ、それに男性用のブリーフも。「体操選手にピッタリのアイテムです」と彼女は話す。

    「やっていて良かった!と思うのは、新しい顧客を獲得し、その人たちの笑顔を目にした時です」と彼女は話す。

    M*Knight / Via mknight77.com

    「長期的な目標は、あらゆる種類の肌の色に対応できるブランドになることです」とブレイシーは話した。

    「自分自身が主役になれるのだと感じることは、非常に大切なのです」とブレイシーは言う。

    やったね。

    Teen Vogue / Via rebloggy.com

    Facebookページもよろしくね!