back to top

#夫の実家がいやだ と感じてしまう10の理由

#妻の実家がいやだ #自分の実家がいやだ #帰省ブルー #孫ブルー

パートナーの家族は嫌いじゃないけれど、帰省の時期が迫ると気が重い......なんてこと、ありませんか?

Twitterで「#夫の実家がいやだ」とつぶやいたところ、同じように感じている”同志”を発見しました。

#夫の実家がいやだ 布団を敷くときに「明子さん、手伝って」と呼ばれる。えぇっと、おたくの息子さんコタツで寝ているんですけど......。私の実家では、夫は「お客様」で父と飲んでるだけだけど、夫も #妻の実家がいやだ と実は思ってたりするのかしら。

広告

ということで、ちょっと毒を吐かせていただきます。

※無用な家族間トラブルを避けるため、ハッシュタグに寄せられた意見などをもとに内容を編集しています。

2)「休んでて」は無意味

逆に、上げ膳据え膳も困ります。「休んでて」と言われたからって寝転んだりできないので、「何時間も窓の外を眺め続ける地獄の大晦日」。

広告

5)「孫梅」の洗礼

「早く孫の顔が見たい」「男の子がほしい」「2人目はいつ?」の攻撃にさらされるのもこの時期。「孫梅」=孫産めの意味だそうです。

7)子育て情報、古くない?

いらすとや / Via irasutoya.com

子育てに口を挟まれるとイラッとすることも。小児科専門医の森戸やすみさんの著書『祖父母手帳』によると、昔はよいとされていた育児法が、今は逆になったり変わっていたりすることがあります。「キスや口うつし」→NG、「スキンケア」→必要、「抱きぐせの心配」→無用、など。情報のアップデートをお願いしたいです。

広告

8)帰りは大量の荷物

お歳暮でもらったお菓子やハム、米、野菜、防寒着など、何かと持たせてくれるのも義親の愛情。ずっしり重いトランクでおいとまします。

10)無理に行かなくてもいい

「帰省はしませんが、感謝はします。気持ちだけだけど」「29日あたりに風邪をひきたい」。そうですね。無理をしてまで行かない、という人もいます。

もちろん楽しみにしている人もいます。「帰省するのが当たり前」ではなく、夫婦で話し合うのがいいのかもしれませんね。

「義実家への帰省」に関する実態調査 / Via corporate.o-uccino.jp

前出の「義実家への帰省」に関する実態調査で、「配偶者の実家で気を遣うことは特になし」と答えた人は、女性26.4%、男性57.3%でした。

BuzzFeed JapanNews

Akiko Kobayashiに連絡する メールアドレス:akiko.kobayashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.