back to top

どれを読む? anan、Tarzan、GLITTER、with…夏の雑誌がセックス特集だらけ

夏の風物詩

夏といえば、ananのセックス特集が書店にならぶ季節。でも…

マガジンハウス/amazon / Via amazon.co.jp

今年はananだけではありません。あなたならどれを読む?

1. 男女の差をフィジカル面から考える、Tarzan。

「命をかけた動物のセックスから、性を見直す」。健全な性欲を保つための生活習慣やトレーニングなど、資本となる体を考える特集が参考になります。
マガジンハウス/amazon

「命をかけた動物のセックスから、性を見直す」。健全な性欲を保つための生活習慣やトレーニングなど、資本となる体を考える特集が参考になります。

2. 攻める女になるための、GLITTER。

表紙にはモデルのマルース・ホーストを起用。GLITTERらしく海外セレブのセックス事情はもちろん、バーレスクダンサーに学ぶセクシーな脱ぎ方講座など、攻める姿勢を学べる1冊です。
トランスメディア(株) / amazon

表紙にはモデルのマルース・ホーストを起用。GLITTERらしく海外セレブのセックス事情はもちろん、バーレスクダンサーに学ぶセクシーな脱ぎ方講座など、攻める姿勢を学べる1冊です。

3. スマホでこっそり読めちゃう、with。

表紙は女優の桐谷美玲さん。セックスを恋愛科学の観点から検証しています。特集ページは読者登録さえすればスマートフォンやタブレット端末でも読めるのが嬉しい。
講談社 / amazon

表紙は女優の桐谷美玲さん。セックスを恋愛科学の観点から検証しています。特集ページは読者登録さえすればスマートフォンやタブレット端末でも読めるのが嬉しい。

4. やっぱり王道のanan?

表紙は指原莉乃さん。読者の濃厚な実体験やセックスにまつわるショートストーリーも2本掲載されています。最新のラブホテル事情をチェックできるのも、王道のananならではかもしれません。
マガジンハウス/amazon

表紙は指原莉乃さん。読者の濃厚な実体験やセックスにまつわるショートストーリーも2本掲載されています。最新のラブホテル事情をチェックできるのも、王道のananならではかもしれません。

各誌、それぞれの強みを活かしたセックス特集。どれか1冊なんて選べず、結局全部買っちゃいそう😌