go to content

「ハッカ油」で作る簡単蚊よけスプレー。

ためして〜ガッテン!


実はこれからの季節が注意。

気温が25度〜30度になると蚊は動きが活発になります。そのため、少し過ごしやすくなってきた時期にこそ対策が必要です。 蚊よけグッズ、どれを選べばいいの?

たくさんあるけど何が違うの?

薬局などで様々な蚊除け用品、実は3つの種類に分かれています。


殺虫タイプで代表的なのは「蚊取り線香」、直接蚊を殺す成分が入っています。

人間として蚊に感知させないのがディード配合の目隠しタイプ。塗ってないところは効果が無いので注意。

蚊は強い匂いを嫌います。そのため、ハッカやユーカリなどの香りは天敵です。

ハーブタイプは手軽に作れる。

番組で紹介していた手作り蚊よけスプレーはハーブタイプのもの。世界の秘境で過酷な撮影を行うNHKの自然番組班はハッカ油で作った虫よけスプレーを使っているそうです。

作り方は簡単。精製水(90ml)と消毒用アルコール(10ml)そしてハッカ油(20〜30滴)を混ぜるだけ。

揮発しやすく、効果が続く時間が短いためこまめに使うのがポイントだそうです。



Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss