back to top

ぬいぐるみってどう「捨てる」?お坊さんに聞いてみました

大人になるための通過点

小さいころに遊んだ「ぬいぐるみ」ってどうしていますか?

たくさんの思い出が詰まっている分、捨てるときに後ろめたさを感じてしまいますよね。そんな人のために、ぬいぐるみ供養しているお寺、長谷寺の住職・加藤さんに家で「お別れ」する方法を聞いてみました。
フリー写真素材ぱくたそ

たくさんの思い出が詰まっている分、捨てるときに後ろめたさを感じてしまいますよね。

そんな人のために、ぬいぐるみ供養しているお寺、長谷寺の住職・加藤さんに家で「お別れ」する方法を聞いてみました。

用意するもの

・新聞紙

・手紙

・ぬいぐるみ

・お菓子

1. ぬいぐるみに手紙を書こう

ぬいぐるみとの出会いから今までの思い出を書き綴りましょう。記憶を蘇らせることが大切です。
Akiko Chino / BuzzFeed

ぬいぐるみとの出会いから今までの思い出を書き綴りましょう。記憶を蘇らせることが大切です。

2. 手紙、ぬいぐるみ、そしてお菓子を新聞紙に包む

お菓子はお供え物の役割を果たします。
Akiko Chino / BuzzFeed

お菓子はお供え物の役割を果たします。

3. お別れの挨拶をしてゴミ捨て場に

感謝の気持ちを込めてゴミ捨て場に置きましょう。
Akiko Chino / BuzzFeed

感謝の気持ちを込めてゴミ捨て場に置きましょう。

捨てることで成長できる

加藤さんは「人が前に進むためには何かを捨てなければいけない」と語ります。

大切にしていたものとの別れは、新しい一歩を踏み出すことを意味し、精神的に人を成長させてくれるのです。

後ろめたさを乗り越えて「大人になるため」「感謝の気持ちをこめて別れる」と考えるといいかもしれません。