ダイソーで売れまくっている“300円モバイルバッテリー”を使ってみた

    恐ろしいまでの割り切り商品。

    100円ショップのダイソーで人気のモバイルバッテリーをご存知ですか?

    ダイソーのモバイルバッテリー300円のやつ欲しすぎて苦しい 2つ欲しい

    Akiko Chino / BuzzFeed

    ダイソーが9月に発売した300円のモバイルバッテリーが話題になっています。充電できるのは70%(iPhone 6sの場合)までとされていますが、手頃な値段が人気に火をつけました。

    しかし、現在は欠品中。なかなか手に入らないという声がSNS上であがっています。

    ざっくりと使用感をお伝えします。

    Akiko Chino / BuzzFeed

    プリクラメーカーであるフリューとのコラボで生まれたこの商品は、可愛らしいデザインも特徴です。

    Akiko Chino / BuzzFeed

    手のひらサイズではありますが、2.5cmの厚みがあるので、ホームランバーを握っているような感覚です。

    実際に充電してみよう。

    Akiko Chino / BuzzFeed

    Outと書いてある差し込み口にUSBケーブルを差します。このときにUSBケーブルの接続部とバッテリーの間に隙間ができました。少し不安な気持ちになりますが、問題ありません。

    Akiko Chino / BuzzFeed

    モバイルバッテリー本体が青く光ったら充電しているサインです。

    ランプが消えたら充電終了

    Akiko Chino / BuzzFeed

    充電開始時には13%しかなかったバッテリー残量が1時間で57%まで復活できました。

    一般的なモバイルバッテリーよりもさらに気軽に使えるサイズ感。満充電はできなくても、一時的にスマホを使えるようにする用途であれば、十分に使える商品です。これはコンビニに売っててほしい。

    欠品中ですが、12月中に再販予定。

    BuzzFeedがダイソーに問い合わせたところ、12月中に再販を予定しているそうです。