• odekake badge
Posted on 2020年8月6日

子どもも大人もウキウキ!ファミリーで訪れたい名古屋の観光スポット4選

なごやめしグルメツアーもいいけれど、子どもたちだって名古屋の街でもっと楽しく遊びたい!そんな時にぜひ訪れてほしい、ファミリーに人気の名古屋観光スポットを紹介します。※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Akihiro Yamada / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】名古屋港水族館

【2】東山動植物園

【3】レゴランド®・ジャパン

【4】名古屋市科学館

【1】大人も子どももハートを撃ち抜かれる「名古屋港水族館」

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋の南に広がる名古屋港ガーデンふ頭には、家族で楽しめる施設が盛りだくさん!その中でもたくさんの人を魅了するのが、遊園地の隣にある「名古屋港水族館」です。

北館入口から館内に入ります

Akihiro Yamada / BuzzFeed

チケット売場がある北館から館内へ。総合案内の脇には、オムツ替えスペースや授乳室があるベビーコーナーがあります。では早速、シャチとイルカが待つプールへ!

シャチの大胆な泳ぎに目を奪われる

Akihiro Yamada / BuzzFeed

水槽の脇では、実物大のシャチと大きさを比べられちゃう!最初の写真撮影スポットとして、親子連れに人気です。

イルカたちもファミリーでお楽しみ中

Akihiro Yamada / BuzzFeed

親子イルカが寄り添って泳いだり、子どもイルカ同士でじゃれあったり…。

ラブリーなあいさつに胸キュン!!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

ベルーガ(別名シロイルカ)の水槽に向かうと、ナナちゃんが手を振ってくれました!ナナちゃんは、13歳になる女の子。水族館生まれのベルーガとしては、国内最長記録だそう。

メインプールにやってきたー!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

北館3階にある国内最大のメインプールでは、子どもたちお待ちかねのイルカのパフォーマンスが見られます。

美しいジャンプにご注目あれ!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

イルカの華麗なジャンプにクギヅケになること間違いなし!屋内にある2階の水中観覧席では、家族でゆったりとした時間を過ごせます。

貴重なトレーニング風景をチラ見

Akihiro Yamada / BuzzFeed

メインプールの隣では、シャチのトレーニングも見学できます。こちらはアースくん。体長5.4メートルと、国内で飼育されているシャチの中でも一番大きいんですって!(間近で見ると圧巻なんです)

太古の海に想いを寄せて…

Akihiro Yamada / BuzzFeed

北館の見どころは、ほかにも。ドドン!と姿を現わすのは、太古の海からこれまで進化してきたクジラ類の骨格標本。その迫力は一見の価値あり。

このフォトスポットは外せませんよ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

シャチと記念撮影してもらえるフォトスタジオもあります。(アルバム付きで1300円・税込)

大群が織りなすアートに注目!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

南館で最初にお出迎えしてくれるのは、キラキラ輝くマイワシの大群。大人気のトルネードは残念ながら中止していますが、サメなど捕食魚との攻防にドキドキ。

深海の世界へようこそ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

日本の海を堪能した後は、深海の世界へ。タカアシガニやサメの卵の前で立ち止まる子どもたちも多いんだそう。深海の様子を映像で再現したスペースで、ゆっくりすることもできます。

ガラスの前にピタッと張り付いて離れられないかも

Akihiro Yamada / BuzzFeed

大きなエイの仲間やチンアナゴ、カクレクマノミ、ウミガメなど、目を奪われる生き物たちも次々と登場!子どもが見やすい高さに設置されている水槽が多いのも、うれしいポイントです。

南極の海ではペンギンたちがお出迎え!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

さらに、南極の環境を表現したペンギン水槽は圧巻!国内では2ヶ所でしか見られないエンペラーペンギンなど、約160羽がそろいます。観覧席もあるので、目の前で座ってゆっくりできちゃいます!また、万華鏡のような鏡張りの空間でクラゲを眺めるのも、大きな癒しに。

海の世界を旅した後は…

Akihiro Yamada / BuzzFeed

ミュージアムショップにやってきました。飼育員が監修したシャチやペンギンのぬいぐるみが人気だそう。隣にある情報ルームでは、海に関する絵本を楽しむこともできます。

スポット情報はこちら👇

名古屋港水族館

住所:愛知県名古屋市港区港町1番3号

アクセス:名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港」駅下車、3番出口より徒歩5分

営業時間 :09:30〜17:30(GW・夏休みは20:00まで、冬季は17:00までの営業)

料金:大人・高校生=2030円、小・中学生=1010円、幼児(4歳以上)500円

駐車場:1200台(100円/30分、24時間ごと上限額1000円)

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【2】名古屋が誇る日本一の動物園!「東山動植物園」

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋市東部にある千種区東山エリアにあるのが「東山動植物園」。飼育展示されている動物の種類数が約500種で日本一という、とても立派な動物園です。

チケット購入!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

正門脇のチケット売り場。日本一の飼育種類数を誇るのに、大人500円、中学生以下無料だなんて…なんて太っ腹!

見どころ① 日本有数のアジアゾウ舎「ゾージアム」

Akihiro Yamada / BuzzFeed

アジアゾウの生息地である、スリランカの生活環境を再現。4頭のアジアゾウが暮らしています。

アジアゾウのかわいいおさんぽタイム

Akihiro Yamada / BuzzFeed

1日あたり100kgものエサを食べるというアジアゾウ。食後のおさんぽだったかな?

さわって、くらべて生態を理解する

Akihiro Yamada / BuzzFeed

屋内からも観覧が可能。歴史や生態に関する興味深い展示がずらりと並びます。

見どころ② 東山動植物園の代名詞、コアラ!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

日本で初めてコアラを飼育した動物園だったこともあり、「東山動植物園といえばコアラ!」とのこと。コアラ舎には9頭のコアラが暮らしています。

ちょうどお食事タイムだった模様

Akihiro Yamada / BuzzFeed

明るい日差しが降り注ぐ中、ランチタイムのようでした。

ほとんど動かない、でもとにかくかわいい

Akihiro Yamada / BuzzFeed

1日の睡眠時間が20時間超えとも言われるコアラ。活発に動かなくたって、じーっと見ていたくなるこの衝動はなんなのでしょう。

見どころ③ ゴリラ・チンパンジー舎「アフリカの森エリア」

Akihiro Yamada / BuzzFeed

2018年に新たに生まれ変わったアフリカの森エリア。ニシゴリラとチンパンジーの飼育舎が隣り合う形の展示空間です。

あ、もうなんか叫び声が聞こえてる…

Akihiro Yamada / BuzzFeed

まだ展示室に入る前ですが、何やら動物たちの騒ぎ声が聞こえてきます。群れで暮らすチンパンジー同士のコミュニケーションがうかがえます。

ガラス一枚隔てた先に見える景色がすごい

Akihiro Yamada / BuzzFeed

まずは屋内展示室へ。ゴリラとチンパンジーの生活スペースがこちら。餌を食べたり、昼寝したり、遊んだり。さまざまな行動を観察できます。

絶滅危惧種についての学びも大切

Akihiro Yamada / BuzzFeed

絶滅危惧種であるチンパンジーとゴリラを取り巻く、遠いアフリカの現状が刻々と語られています。「かわいい」と思うだけじゃ済まないな、と改めて思います。

野生での樹上生活を再現するために

Akihiro Yamada / BuzzFeed

屋外に設置されたタワーは、高い位置でも横方向に移動ができる仕組み。生息地であるアフリカの森林の生活環境をイメージして作られたもの。

ゴリラたちはまったり、エンジン全開のチンパンジーたち

Akihiro Yamada / BuzzFeed

取材当日は30℃を超えた暑い日でした。ゴリラたちは外に出ず屋内でゴロゴロしていましたが、仕方ないか。。。

しかしその一方で、チンパンジーたちはとっても元気!高いタワーに登り軽快にロープをつたうなど、野性味をビンビンと感じましたよ。

歩きすぎておなかが空いたよ〜

Akihiro Yamada / BuzzFeed

食事をするなら、ちょうど中央あたりにある飲食施設「ZOOASIS(ゾアシス)」へ。EastとWestに分かれており、その中央に屋外飲食スペースがあります。Eastはクレジットカード・QRコード決済対応、Westは食券制です。

子どもたち歓喜のかわいい動物メニュー

Akihiro Yamada / BuzzFeed

「PIZZA & GELATO MILANO STYLE」は、「ピッツァ」(300円〜)などの定番メニューの他にも、激かわの動物を模したフードメニューが人気!「ゴリラチーズドッグ」(400円)とコアラアイス(470円)をいただきます。

魅惑のおしり&背中コレクション

Akihiro Yamada / BuzzFeed

かわいいお顔が常に見られるわけではありません。「動物たちのありのまま」が見られることが動物園のいいところ。 (この日、ライオンには会えなかった!)

たくさん歩く。でも確実に癒されていく

Akihiro Yamada / BuzzFeed

とにかく超広大な園内をひたすら歩き倒した1日でした。疲労感こそありましたが、動物たちの日常に触れることでとても癒された気分です。

1日中安全に遊べて、何度来ても飽きない場所

Akihiro Yamada / BuzzFeed

東山スカイタワーを見ながら上池でボートに乗ったり、このさらに奥には植物園や遊園地もあって、まだまだ楽しめそう。

休憩所はあちこちにありますし、スロープもあってベビーカーを利用しての散策もOK!

園内を周回するスカイビュートレインも、四季折々の自然を楽しめることで人気です。

ご迷惑だなんてとんでもない!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

新たな飼育舎の建設ラッシュ!未来に向けた楽しみ&期待感は増えていく一方です。

スポット情報はこちら👇

東山動植物園

住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

アクセス:地下鉄東山線「東山公園」駅3番出口より徒歩1分

営業時間 :09:30〜16:50(最終入園16:30)、毎週月曜日・年末年始は休園

料金:大人・高校生500円、中学生以下無料

駐車場:1600台(普通車800円/1回〜)

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【3】大人も子どもも大好きなレゴの世界へ「レゴランド®・ジャパン」

Akihiro Yamada / BuzzFeed

2017年に名古屋市港区で開業した、日本初&世界で8番目のレゴランド。デンマーク生まれレゴブロックの魅力をたっぷりと詰め込んだテーマパークです。

チケット売り場からあふれるレゴの世界観

Akihiro Yamada / BuzzFeed

1日パスポートや併設する水族館「シーライフ名古屋」とのコンボ1DAYパスポートなど選択肢はいろいろ。当日券の購入も可能ですが、事前のオンライン購入→スマホでQRコード提示での入場がスムーズで便利です。

8エリアをめぐる1日がスタート!…と思ったら

Akihiro Yamada / BuzzFeed

8つのエリアに分かれているパーク内。たくさん歩くし準備運動しようと思っていたら…

まさかのサプライズ!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

タイミングよくキャラクター・フォトセッションの時間だったようです。オブザベーションタワーをバックに、子どもたちに大人気のレゴ®ニンジャゴーの6人が勢ぞろい。

左からジェイ、ニャー、カイ、ロイド、コール、ゼン。みんなそろうとクール!

1日3回、子どもたちも歓喜!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

キャラクター・フォトセッションは1日3回限定。詳細はパークに行った当日にチェックしてみて!

さて、気を取り直してスタートします!

エリア① FACTORY(ファクトリー)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

レゴ®ブロックがどのようにして作られるかを見学できるスポット。製造工程だけでなく、レゴの歴史を学ぶこともできますよ!

エリア② BRICKTOPIA(ブリックトピア)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

レゴ®ブロックを使って子どもたちの想像力を掻き立てるエリア。

レゴ®ブロックを使用したモノ作りにプログラミングの体験、付き添いがあれば身長制限なく乗ることができる「BRICK PARTY(ブリックパーティー)」も人気です。

エリア③ ADVENTURE(アドベンチャー)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

みんなが探検家になって冒険の旅に!ハラハラ&ドキドキの旅に出かけます。

簡単に旅は終わらないのが冒険家の性!

Akihiro Yamada / BuzzFeed, Via Akihiro Yamada / BuzzFeed

宝探しの旅は海底から始まり、砂漠が舞台に。

立ち並ぶレゴ®ブロックの像は、ハリウッド映画の世界にも負けない迫力です(パパがインディー・ジョーンズのテーマを口ずさむ気持ち、分かります!)。

レゴ®ダイバーの一員となって海底古代遺跡をめぐる旅、レーザー銃を持って古代遺跡をめぐる旅…などなど、興奮しっぱなしのエリアです。

エリア④ KNIGHT'S KINGDOM(ナイト・キングダム)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

続いては中世ヨーロッパへタイムスリップ。この城門をくぐればナイトの仲間入り。いざ、ドラゴンを操ってお城の中を駆けめぐるのです!

小さい僕だって、ナイトになるんだ!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

ジェットコースター"Dragon's Apprentice(ドラゴン・アプレンティス)"は、90〜130cmの子どもたちも乗ることができますよ〜(ただし、保護者の同伴が必要)!

エリア⑤ PIRATES SHORE(パイレーツ・ショア)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

さらにタイムスリップは続きます。次なる冒険は、大海賊時代です!

タオルと着替えは必須かも!?

Akihiro Yamada / BuzzFeed

気分はまさに海賊。ガレオン船上の戦いでは水鉄砲の撃ち合い!その勢いたるや、まさにタイのソンクランのお祭りのよう。

エリア⑥ MINILAND(ミニランド)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

1000万個オーバーのレゴ®ブロックを使用して、日本各地の街並みを忠実に再現するエリア。

東京、大阪、名古屋…日本全国の街並みをレゴで再現

Akihiro Yamada / BuzzFeed

東名阪だけでなく、札幌や神戸の街並みも。たった4人のチームでメンテナンスし、コンテンツの維持に努めているとのこと。時代を反映した微妙な変化が加えられています(東京ではみんなマスクをしていた!)。

目を凝らさないと見えないディテール、ちょっとした変化に気づくのが楽しいですよね!

ここで小休止。おなかすいた!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

左から「ブリックアイス」(470円)、「ブリックチュロ」(380円)、「レゴポテト」(プレーン、450円)。各種キャッシュレス決済にも対応しています。

かわいいマスク姿にも注目しましょう!

レゴランド®・ジャパン

パーク内のレゴ®モデルたちもマスクを着用し始めたようです!

エリア⑦ LEGO® CITY(レゴ®・シティ)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

レゴ®のレゴ®による、レゴ®のための街。このゲートを潜った先は1つの街だと思いましょう。

もしレゴ®の街が存在したら…

Akihiro Yamada / BuzzFeed

レストランや映画館、アパレルショップなど、生活空間をレゴ®ブロックでとことん再現しています。噴水のある広場を中心に広がる風景はとてもリアル!

(理想は広場に集まって、レディーたちとおしゃべりかなぁ笑。)

あ、授乳室とプレイスペースがそろうベビールームもありました!

街を守るヒーローになる!?

Akihiro Yamada / BuzzFeed

消防士体験ができる「Rescue Academy(レスキュー・アカデミー)」や、自動車教習所を模した「Jr. Driving School(ジュニア・ドライビング・スクール)」でたくさん遊びましょう!

夏はずぶ濡れ必至の「Splash Pad(スプラッシュ・パッド)」

Akihiro Yamada / BuzzFeed

1200リットルの水が入ったバケツが3分に1回ひっくり返ります!水遊びスポットとして大人気(ただし、整理券の確保が必要です)。

エリア⑧ LEGO®NINJAGO WORLD(レゴ®ニンジャゴー・ワールド)

Akihiro Yamada / BuzzFeed

2019年にベールを脱いだ、レゴランド®・ジャパン最新エリア。ドラゴンの背に乗りさまざまなニンジャ修行に出かけます!

身長4mです!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

サムライXに変身したニャー「サムライ・ロボ」のレゴモデル。

荒れ狂うドラゴンの動きについていけるか!?

Akihiro Yamada / BuzzFeed

こちらは「Flying NINJAGO®(フライング・ニンジャゴー®)」。パーク内で最も激しいアトラクションじゃないかな?

大人としては、レゴたちの表情を読み取るのが楽しい

Akihiro Yamada / BuzzFeed

全8エリアにたくさんのレゴ®ブロックでできた人形たちがいますが、どれも表情豊か。かつストーリーに合わせる形で、(近づけば音声が出るなど)さまざまな演出が施されています。

"SEE YOU NEXT TIME!!"…もちろん、またね!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

丸1日かけてじっくりと満喫しました!2回目はきっとさらに新しい発見があるはず。首を縦に振って、帰るとしましょう!

スポット情報はこちら👇

レゴランド®・ジャパン

住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2-1

アクセス:あおなみ線「金城ふ頭」駅からすぐ

営業時間 :平日10:00〜17:00、土日祝10:00〜18:00、休園日は不定期

料金:1DAYパスポート(オンライン購入)の場合

大人(13歳以上)4600円〜、子ども(3〜12歳)3400円〜

駐車場:5010台(500円/60分、1日最大平日1000円、土日祝1500円)

※最寄りの名古屋市営金城ふ頭駐車場を利用

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【4】遊びながら発見と驚きに満ちた1日を「名古屋市科学館」

(公財)名古屋観光コンベンションビューロー

白川公園の中にある「名古屋市科学館」。大きなドームが目を引く、子どもたちに人気の施設です。

円周率を口ずさみながらチケット発券

Akihiro Yamada / BuzzFeed

数式と化学式が目を引くエントランス、かっこいいですね〜。

入場チケットをGET!!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

完全事前予約制での受付。プラネタリウムと展示室の共通観覧券はなんと中学生以下無料なのです!

文系の人間ですが、理系の世界をしっかり楽しむつもりで行ってきまーす!

「見て・触れて・確かめて」がコンセプト

Akihiro Yamada / BuzzFeed

プラネタリウムの開始までの時間を利用して、まずは理工館3Fの「竜巻ラボ」にお邪魔しました。人工的に発生させた竜巻と同じ空気の渦がなかなか幻想的です。2フロアにまたがるその高さは9m!

街ではたらく機械を科学する

Akihiro Yamada / BuzzFeed

同じフロアで目を引くのが、この大きな都市ジオラマ。「生活の中で活躍する機械」を徹底解剖しています。電車や飛行機などの移動手段はもちろん、ミシンや掃除機など身近なものまで着眼点はさまざま。

電車の運転シュミレーターはなかなか「ハマる」ものがありました!

見て・ふれて・確かめる=実験!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

続いて「科学原理とのふれあい」をテーマにした理工館4Fへ。中央には「実験のアトリエ」というテーマで、電磁波や音波、光の屈折、磁石のあり方など中学校で学んだ内容がたくさん。思わず、実験に没頭してしまいました。

さて、そろそろメインイベントの時間!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

1時間ほど楽しんだところで、いよいよメインイベントのプラネタリウムの上映時間が近づいてきました。早速プラネタリウムの中へ。

リクライニングもしっかりの独立シート

Akihiro Yamada / BuzzFeed

よくあるプラネタリウムって階段状で映画館のように列でできたシートが並んでいますよね。しかし、名古屋市科学館では水平に配置され、1席1席が独立しています。(元々ソーシャルディスタンスは確保済み!)

世界最大級のプラネタリウムドームのスペック

(公財)名古屋観光コンベンションビューロー

ドームの高さは20.5m、外径40m、内径は35m。350席ありますが、中央に座席が寄せられているのでリアルな星空を演出してくれます。座席によって音ズレがないように床下にもスピーカーがあるなど、細かい配慮も。

たっぷり50分、学びたっぷりの上映

Akihiro Yamada / BuzzFeed

ただ映像を流すのではなく、学芸員さんが解説者としてしっかりと語ってくれるのでライブ感たっぷり。

その時々の天文現象、天文や宇宙の様々な話題など学びも多く、練りに練ったテーマということがよく分かる、すばらしい投影でした!

開館から絶え間なく変化を続け、これまでに提供してきたテーマ数は200を超えるとのこと。いやぁー頭が下がります。

地球や宇宙について知りたくなった

Akihiro Yamada / BuzzFeed

この感動の余韻を抱えたまま、理工館6Fへ。宇宙開発・地下環境・地球温暖化をテーマに未来と向き合うスペースで、より知識欲が刺激された気がします。

「やってみよう」が開く世界がある!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

難しい話は分からなくても大丈夫。「やってみよう」とあるからやってみればいいのです。年齢にかかわらず必ずたくさんの発見があるので、親子でしっかり楽しめる空間だなーと再認識!

休憩含めてまるっと1日滞在できる!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

球体の底面が見える場所に休憩スペースがあるほか、エントランスの外にはカフェもあります。

再入場もできるので、館外でランチをとって午後からさらに見学を続けることも可能です!

スポット情報はこちら👇

名古屋市科学館

住所:愛知県名古屋市中区栄2-17-1

アクセス:地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見」駅4・5番出口より徒歩5分

営業時間 :09:30〜17:00(最終入館16:30)、毎週月曜日・第3金曜日・年末年始は休館

料金:(展示室とプラネタリウム)大人800円、高校生・大学生500円(要学生証)、中学生以下無料

駐車場:なし

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。