2018年5月12日

    「安全だ」と告げられ、放射性物質により死んでいった女性工場労働者たち

    女工らは、自分達が呑み込んでいるラジウムは安全だと告げられたが、これは死を招いた。

    1898年、マリ・キュリーと夫のピエールはラジウム元素を発見し、ノーベル賞を2度受賞した。だがマリは1934年、放射線被曝によって死亡。化学者である彼女の死は、ラジウムがもたらした多くの破壊の1つにすぎない。

    Wikimedia Commons

    20世紀初頭から半ばにかけて、ラジウムはあらゆる商品に使われた。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    ラジウムが放つ光を、人々が健康や生命力と同一視したことから、ラジウムは薬品や化粧品に使われた。

    Radior Cosmetics / Via Wikimedia Commons

    当時はラジウムを入れた水を飲む人も多かった。

    第1次世界大戦中、米国ラジウム・コーポレーションは、ニュージャージー州に腕時計工場を設立した。従業員の多くは若い女性達で、発光するラジウム塗料を、腕時計の小さな文字盤に塗った。

    Wikimedia Commons

    ほかにもラジウムを使った大手腕時計会社が、コネチカット州とイリノイ州にあった。

    Public Domain

    女工達は、筆の先を細くするために舐めるように指示された。そして舐めるたびにラジウムを体に取り込んだ。

    Leonard Grossman / Via lgrossman.com

    この写真は1938年の新聞に掲載されたもので、こんなキャプションがついている。

    「ラジウム中毒で左腕を失ったCharlotte Purcellさんは、ラジウム工場の不運な労働者が、文字盤に発光塗料を塗るためにどんなふうに筆先を尖らせて、恐ろしい病にかかったかを実演して見せた」

    このラジウム腕時計は1930年に作られた。針は今も光っており、ラジウムがどれほどパワフルかを示している。

    塗料を体に取り込んでも安全かと女工達が上司に尋ねると、「安全だ」という答えが返ってきた。だが、本当は安全でないことを上司は知っていたし、当時ラジウムの危険は知られていないわけではなかった。実際、腕時計工場の男性従業員らは、鉛のエプロンで体を守り、ラジウムを扱う際は金属製のトングを使用したが、女性達にはいっさい防護がなかった。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    1922年、Mollie Maggiaさんという女工が重篤な症状に陥った。彼女の体は見る間に腐り落ちていき、しまいには顎全体が落ちた。彼女はその年に死亡した。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    ほかの女性達も同様の恐ろしい症状に苦しんだ。ラジウムは彼女達の骨をむしばみ、巨大な腫瘍を作った。彼女達の体は、暗い場所で発光さえした。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    ラジウム・コーポレーションは過失を認めず、従業員は会社から金をかすめ取ろうとしているだけだと主張した。会社はMolly Maggiaさんをはじめとする女性達の評判を貶めようとし、彼女達の病状は梅毒によるものだと主張したのだ。

    National Park Service / Via Wikimedia Commons

    1928年、ラジウム・コーポレーションの創設者の一人で、ラジウム入り塗料の発明者でもあるSabin Von Sochocky氏が、自社製品の被ばくによって死亡した。

    The American Magazine / Via Wikimedia Coommons

    数人の女性達が会社を訴えたが、安全に関する法律がようやく制定されたのは、Catherine Wolfe Donohueさんが死の床からイリノイ州のラジウム・ダイアル・カンパニーを訴えた1938年のことだった。

    Leonard Grossman / Via lgrossman.com

    1枚目の写真は、「より健康な」状態だった時のDonohue夫人で、2枚目は、法廷で倒れた直後の、死が近づいていた時期の夫人。3枚目の写真の上には「『生き地獄』被害者勝訴」という大見出し。

    ラジウム・ガールズは、急速に近づいてくる死と向き合いながら、安全な職場環境を求めて戦った。

    Leonard Grossman / Via lgrossman.com
    Flickr: polomex

    ラジウム・ガールズを偲ぶこの像は、かつてラジウム・ダイアル・カンパニーが操業していたイリノイ州オタワに立っている。

    1世紀を経てもなお、彼女達の骨の中のラジウムは地下で発光し続けている。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    この記事は英語から翻訳されました。

    Illustrator/Writer

    Contact Andrea Hickey at andrea@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here