燃えやすい素材、足元を照らすガス灯 条件が重なり生まれた悲劇

    これは1800年代に本当に起こった悲劇の話。

    人類の歴史において、火は救世主と破壊者の2つの顔を持っていました。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    1800年代半ば、西洋諸国の大部分で「クリノリン」が女性のファッションの主流でした。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    当時、クリノリンとドレスの幅はとても広く、男性たちはそのファッションに対して言いたいことを山程抱えていました。この風刺画では、女性が特大のクリノリンを身に着けているせいで周りの人間が彼女と触れ合うことさえできない様子を描写しています。

    The Comic Almanack / Via Wikimedia Commons

    そしてこちらの風刺画では、舞踏会で女性の巨大なクリノリンが男性を押しつぶしています…

    Wikimedia Commons

    一方、こちらの風刺画では女性がクリノリンを使って自分の子どもたちを雨から守るなんてことも。

    Harper's Weekly / Via Wikimedia Commons

    これらの主張はバカバカしいものですが、本当の危険も潜んでいます。クリノリンは、身につけている人が火に近づきすぎると死んでしまうことも。

    The Wellcome Library

    張り骨の下に閉じ込められた空気と、それを覆うたくさんの布が火を一瞬で広げてしまいます。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    19世紀の間、公演中のバレリーナに引火することは珍しくありませんでした。燃えやすい衣装の弊害です。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    ダンサーたちの衣装には軽い布が重ねられているため、一瞬のうちに火は広がります。

    Thomas Herbert Maguire / Via Wikimedia Commons

    劇場にはバレリーナの脚をはっきりと見せるためにガス灯が設置されていました。

    Wikimedia Commons

    結果: とても燃えやすい服のすぐそばに火が!

    Wikimedia Commons

    1862年、有名なバレリーナであるエマ・リヴリーのスカートがガス灯に触れて彼女は生きたまま焼かれるという悲劇が起こりました。

    Wikimedia Commons

    彼女は大火傷を負い、衣装の一部が彼女の体と癒合してしまいました。彼女はそれから苦痛な8ヶ月間を過ごし、21歳の若さで亡くなりました。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    1800年代は他にもバレリーナが焼死する事件が頻繁に発生しています。

    Fire at the Ballet, Continental Theater, Philadelphia, September 14, 1861, detail / Via House Divided: The Civil War Research Engine at Dickinson College, hd.housedivided.dickinson.edu

    1800年代の終わりにかけて、クリノリンのシルエットが小さくなりました。クリノリンがスリムになるにつれ、引火するリスクも減少。

    Andrea Hickey / BuzzFeed

    しかし、燃えやすい布地は19世紀を通してずっと作られ続けました。その1つがフランネレットです。

    Wikimedia Commons

    1910年になり、ウィリアム・ヘンリー・パーキンという化学者がようやく「パーキン博士のノン・フラム」という基本的には燃えない布地を発明しました。

    Wellcome Library

    1953年、安全な布地を製造するためにアメリカで可燃性織物法が可決されました。その後、同様の法律が世界中で可決されていきました。

    Collectie SPAARNESTAD PHOTO/Henk Blansjaar

    そのおかげで今日では、ほとんどの人たちが服のせいで焼死する心配もなく日々を過ごしています。

    "Fatal house fire, Davenport, Indiana, December 9, 1866, artist's impression.," / Via House Divided: The Civil War Research Engine at Dickinson College, hd.housedivided.dickinson.edu

    この記事は英語から翻訳されました。