BuzzFeed Tasty

広告

太平洋の真ん中に大量のプラスチックごみが集まる海域、急速に拡大

太平洋上に、海流に運ばれた大量のプラスチックごみが集まる海域がある。その面積はフランスの3倍におよび、ごみの量も急増しているため、研究チームは警鐘を鳴らす。

太平洋に浮遊するプラスチック等のごみの量が急激に増え、その広がりはフランス面積の3倍にもおよぶことが 最新の論文 で報告された。

The Ocean Cleanup

ごみが広がっている海域は「太平洋ゴミベルト」(The Great Pacific Garbage Patch、GPGP)と呼ばれる。これはある一か所にごみが堆積して留まっているわけではなく、ハワイとカリフォルニアの間の広い海域に、海流で運ばれたごみが大量に集まった状態を指す。域内の中心にいくほどごみの量は増える。

The Ocean Cleanup

広告

プラスチックごみには、かなり大型のものもあれば、マイクロプラスチックと呼ばれる微細な破片もある。

The Ocean Cleanup
このダイアログボックスを閉じる このダイアログボックスを閉じる

論文によると、世界で生産されるプラスチックの約6割は海水より密度が小さく、海へ流れ出ると浮遊し、表層の海の流れや風で運ばれる。太陽光や風、波を受けて細分化され、海底に沈むプラスチック片もあるが、多くは海上に残る。

今回の調査では船舶30隻と飛行機2機を用い、3年かけてごみによる汚染状況を追った。その結果、ごみの量は過去の調査による推定よりも最大で16倍増えており、フランスの面積の3倍におよんだ。重量にするとジャンボジェット機500機分に相当するという。

The Ocean Cleanup

調査はNPO「オーシャン・クリーンアップ」(The Ocean Cleanup)が米国、ニュージーランド、英国、フランス、ドイツ、デンマークの研究者と共同で行い、論文は科学誌「Scientific Reports」に発表された。オーシャン・クリーンアップはオランダ人のボイヤン・スラット氏(23)が高校生のときに立ち上げたプロジェクト。

Peter Dejong / AP

スラット氏は今回のデータについて「プラスチックごみによる汚染対策に早急に取り組むべきなのは明らかです。有害なマイクロプラスチックの量は細かく粉砕されると10倍以上に増えることも示唆されているので、今すぐに取りかからなくてはいけません」と話す。

広告

ごみは海流によって広く海の上を移動するが、今回の調査では多くがアジア地域から流れ着いたか、太平洋での漁業活動で出たごみだったという。

The Ocean Cleanup

太平洋ゴミベルトに浮遊するごみの46%は捨てられた漁網だった。こうした漁網がクジラやアザラシ、その他の海洋生物に絡みついてしまう。

Peter Dejong / AP

また、論文では、最大で20%が2011年の東日本大震災で起きた津波で流されたごみだとしている。

Peter Dejong / AP

研究チームは今回のデータから、「一帯のプラスチックごみの量は急増しており、周辺海域とくらべて早いペースで増加している」と指摘する。

オーシャン・クリーンアップでは、ごみと漁網を回収するシステムを年内にも稼働させる計画を進めている。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:石垣賀子 / 編集:BuzzFeed Japan

広告

Share on Facebook Share on Facebook シェアする Share on Pinterest Share on Pinterest Pinterest Pinterest Pinterest Share on Twitter Share on Twitter シェアする Share on VK Share on VK シェアする Share on LINE Share on LINE シェアする More More