• odekake badge
Updated on 2020年7月13日. Posted on 2020年7月13日

【東京】一休で高評価のビジホはやはり間違いなかった!厳選4軒を巡ります

一休ランキングで高評価のビジネスホテル4軒を巡ります。ビジホのイメージをくつがえすレベルの高さにびっくりでした!※地域を大きくまたぐ移動には十分なご留意とご配慮をお願いいたします

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】ホテル龍名館東京

【2】カンデオホテルズ 東京六本木

【3】ホテルマイステイズプレミア赤坂

【4】ダイワロイネットホテル西新宿

【1】至れり尽くせりなお座敷付きルーム。「ホテル龍名館東京」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

開業10周年を迎えた2019年に一部の客室をリニューアルした「ホテル龍名館東京」。一休でも「オール5です!!」、「仕事で忙しかったので寝るだけでしたが、素晴らしいホテルです!次回はぜひゆっくりとプライベートでも利用したい」と、とにかく評判がよいんです。せっかくなので、プランは新しくなったお部屋に泊まれる「【期間限定】新フォーラスルーム シングルプラン」(1室1万6100円〜、税サ込)に。

世界で活躍するデザイナーが手がけたホテルです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

館内の内装は、世界主要都市の高級ホテルデザインを手がけるジョー・リベラ氏が手がけたことでも知られています。旅館がルーツのホテルというのもあり、館内や客室は和洋が融合したしつらえ(写真はロビーのフリースペース)。

フロント横のショップにはここだけのおみやげも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

並ぶオリジナルのシャンプー類やお菓子は、一部が客室アメニティとしてお試しできるのもいいところ。手みやげなら「龍名館」のオリジナル「日本酒ケーキ」(2000円、税込)や「ホテル龍名館東京」セレクトの和雑貨がおすすめ(こちらは客室にはありません)です。

朝食は5種から選べるお弁当。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

通常は15階のレストランで和食ブッフェが提供されていますが、取材時点ではお弁当スタイルに(お味噌汁付き!)。写真の「焼き魚弁当」のほか、唐揚げや洋食など、和食の料理人が一品ずつ丁寧に作っています。(各1800円、税込)。前日までに予約すると、ルームサービスで食べられます(当日申し込み不可)!

お部屋は座敷付きのくつろぎ空間。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

泊まったのはリニューアルした「FORUS(フォーラス) A-TATAMI ROOM-」。奥に畳のスペースが設けられた旅館のような空間、ここは本当に東京ですか……?

畳の上でくつろいでみた。その視点がこちら。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

このほっとする感じ、伝わりますでしょうか?広さは19平米、ベッドは寝具の老舗メーカー「西川」の高級マットレスを採用したダブルベッドです。うん、贅沢……!

部屋着は浴衣とナイトウエアの2種!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

お風呂上がりや就寝時など、部屋着を使い分けられるのもうれしい〜! 通話やデータ通信が無料でできるスマホ「ハンディ」は、特に旅行利用や海外からのゲストにとってありがたいサービスですね(写真右)。

ドリンクやお菓子もいろいろあります。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

無料のお水はもちろん、数フレーバーが楽しめるコーヒーマシンやここオリジナルパッケージのスナック「ピーセン」(800円[税込]で購入もできます)もそろいます。2人で泊まっても、一晩余裕で満たされる充実度。

フォーラスルーム限定のお茶まであるの。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

特製のブレンド茶が3種用意されているのにも驚き。日本茶インストラクターの資格を持つスタッフさんが手がけたそうで、シャワー後の保温に寝る前のリラックス、朝の一杯と、それぞれ異なるコンセプトをもとに作られています。

壁は参考にしたい「見せる収納」。珍しいアメニティも!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

下側の黒い出っ張りは、カバンなどをかける場所。自由に遊べる折り紙やけん玉もあって、お泊りの際に盛り上がりそう〜!日々進化しゆく日本ですが、改めてその文化のよさを感じます。

これがほしかった!な、気の利いたアイテムたち。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

本はこちらの客室イメージに合わせてブックコーディネーターが選書。

さらには靴磨きや足つぼを刺激する竹踏みまで置いてある親切さ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

幅広いゲストのことが考えられていて、感動。

バスルームもしゃれています。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

こちらのお部屋はバスタブはなくシャワーのみ。ここにもこだわりがありました。

シャワールームにオーバーヘッドシャワーが。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

なかなか家では体験できないものの一つですよね。気持ちよさそう〜。

アメニティも充実しています。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

緑茶を使った「トリプルC」シリーズのバスアメニティをはじめ、「フォーラスルーム」限定で「Jamlabel」の無添加オールインワンシャンプーも用意(これ一つで髪から体まで、全身が洗えます)。細部にわたるおもてなしを、ぜひ体感してみてください。

ちょっとした旅行気分でした。記念日や家族旅行にもぜひ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「お客様に安心してご利用いただけるよう、ホテル・レストラン一体となって感染症予防に努めています。お部屋でごゆっくりお寛ぎいただけましたら幸いです」(ホテル龍名館東京・広報さん)。

情報&予約はコチラから👇

「ホテル龍名館東京」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:東京都中央区八重洲1-3-22

アクセス:東京駅より徒歩3分

部屋数:135室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャワーキャップ、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、お茶セット(無料)、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:1万3900円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【2】スパ付き!デートやご褒美ステイなら「カンデオホテルズ 東京六本木」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

華やかなロビーが迎えてくれる「カンデオホテルズ 東京六本木」は、最上階にスパを構えた都内屈指の人気ホテル。六本木駅より徒歩2分、街の中心部から少し入った場所にあります。予約したのはエグゼクティブツイン。今日はたまたま空きがあり、スーパーシティービューのお部屋にグレードアップしていただきました!夜景も自慢ということなので、うれしい!

きらめくフロントのデザインにも惹かれます。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

プランは「3密回避の一膳出しの朝ごはん 日替わりの一膳料理をゆったりとしたラウンジで堪能(朝食付)」(1室9900円〜、税サ込)に。

朝食会場のレストランはこちらです。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

品のあるダイニングで、優雅なモーニングタイム……あこがれる!普段は和洋ビュッフェが楽しめますが、取材時点では和食の日替わりセット、洋食のサラダセット、カレーセットから選ぶ形になっています(別のプランに付ける場合は各1000円、800円のお子さまセットもあり!※各税抜、前日までに要予約)。

お部屋では靴を脱いでリラックスしましょう。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

客室の玄関スペースにはワイドな全身鏡も。

ラグジュアリーな内装に心躍る!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

“4つ星ホテル”をコンセプトにする同ホテルですが、客室のしつらえも贅沢!シモンズ社製のベッドなど、インテリアも上質なものがそろいます。デートや女子旅利用のゲストが多いというのもうなずけますね。

布張りのデイベッドや枕元も素敵。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

窓際のデイベッドは日本の小上がり文化にインスパイアされたもの。寝転びながら読書したり、コーヒーテーブルを使って仕事をするにもちょうどいい高さです。ベッドに設置されたコンセントや壁掛けのテレビと、おしゃれなだけじゃなく質や機能性へのこだわりもさまざまに。

景色もなかなか!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

東京夜景を一望するスーパーシティービュールームは、東京タワーが見えることもあるんですよ〜!

随所にセンスが光ります。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

木製のアメニティボックスやオリジナルのルームウエアなど、アメニティにもこだわりが。ルームウエアは滑らかなジャージ素材で、心地いい肌触り。

無料のお水も!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

無料のお水は1人1本。スパへ行く際に持って行こう。

部屋のバスルームも広く取られています。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ではでは、最上階(16階)のスカイスパへ(宿泊者は無料で利用可)! 実はここを訪れたのは、一休の口コミにあった「スカイスパが特筆のホテルで星を眺めながらの露天風呂は最高に気持ち良い」、「清潔感あるスパも最高です」の一言が決め手でした。

開放感がありますね〜!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

大浴場外の吹き抜け展望露天風呂からは、東京タワー(男子風呂)、六本木ヒルズ(女子風呂)が見られます。

シャワースペースも広々。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シャンプー&コンディショナーはホテルオリジナルのオーガニック。心身ともに癒やされます。

ちょっとした海外旅行気分でした。また来たい!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「カンデオホテルズでは、安全に施設をご利用いただくために、ソーシャルディスタンスの取り組みや感染症予防策の強化を行っています。お客様が安心して旅ができるような環境づくりを行っていますので、ぜひ安心してご滞在ください」(広報・鈴木さん)。

情報&予約はコチラから👇

「カンデオホテルズ 東京六本木」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:東京都港区六本木6-7-11

アクセス:六本木駅より徒歩2分

部屋数:149室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、ブラシ、ナイトウエア、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、お茶セット(無料)、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント6つ

予算:8580円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【3】「ホテルマイステイズプレミア赤坂」は自然を感じられる都会のビジホ

Wako Kanashiro / BuzzFeed

赤坂駅から徒歩4分の「ホテルマイステイズプレミア赤坂」。都心へのアクセスのよさもあって、出張や大人旅の宿としても人気が高い場所です。一休の口コミでも「ビジネス利用だと最高ランクホテルです。場所も良い」、「あのお部屋で、あの価格、とてもお得だと思います」と評価の高いホテルです。地下1階からセブンーイレブンに直結しているというのも便利!

水が流れる癒やし系インテリア「アクアウォール」が優雅に出迎えてくれました。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ロビーは緑を望むフロントに水の音があわさった癒し空間。今日は通常よりも長く滞在できる「【アーリーチェックイン/素泊まり】朝7時からチェックイン可!最大28時間滞在可能なロングステイプラン(チェックアウトは翌日午前11時まで)」(1室7400円〜、税サ込)で、とことんステイを楽しみます!

さて、お部屋は……。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

こちらのスタンダードであるダブルルーム。広さは15平米、1人用チェアも配したかわいらしいお部屋です!ビジネスだけじゃなくレジャーにもちょうどいいコンパクトさ。

ビジネスで必要不可欠な設備もばっちり。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

横幅しっかりなデスクには、デスクランプやUSBポートも。

お茶セットもあるよ。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

まずはお茶でも淹れて、ひと息つきましょう〜。

ゆったりしたバスルームも魅力的。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

大きなバスタブとミラーが贅沢!

アメニティも充実。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

DHCのコスメセットなど、アメニティもいろいろ。さらに現在は新型コロナウイルスの感染対策のためお休み中ですが、館内にはリラクゼーション施設とジムも完備されているんですよ〜!せっかくなので、ちょっと見せていただきました。

ジムに……

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ランニングマシーンやバランスボールなどがそろい、気分に合わせていろんなトレーニングができますね。外のテラスでひと休みできるのもいい!

リラクゼーションサロンも!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

通常営業時は、2人までのプライベート空間でオイルやフットトリートメントが受けられます。ビジネス利用時にちょっとしたリフレッシュもできちゃう「ホテルマイステイズプレミア赤坂」。赤坂サカスや東京ミッドタウンも徒歩圏内、都内各所へのアクセスも抜群なので、観光の拠点としてもぜひ見てみてくださいね!

出張で泊まってみたら、思わぬリフレッシュになるかも。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「感染対策から休業中の施設・サービスもございますが安心しておくつろぎいただけますよう館内消毒の強化に努めております」(ホテルマイステイズプレミア赤坂・支配人)。

情報&予約はコチラから👇

「ホテルマイステイズプレミア赤坂」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:東京都港区赤坂2-17-54

アクセス:赤坂駅より徒歩4分

部屋数:327室

アメニティ:タオル・バスタオル、シャワーキャップ、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、お茶セット(無料)、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント10個

予算:5100円〜(税サ込)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【4】集中して仕事がしたいときのおこもり宿は「ダイワロイネットホテル西新宿」

Wako Kanashiro / BuzzFeed

2019年の2月にオープンした「ダイワロイネットホテル西新宿」は、大人な雰囲気あふれるビジネスホテル。全59ある同シリーズのホテルのなかでもラグジュアリーなラインです。木や大理石を配したフロントが上品。

ロビーにはPCや観光冊子。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ロビーには東京の観光冊子やパブリックPCやプリンターも完備(プリントはA4サイズまで、1枚50円、税込)。トラベルやビジネス利用時にもうれしい設備ですね。一休内でも「特筆すべきはお部屋の明るさと机の広さ、ビジネスや試験勉強などで、部屋での作業を前提とする場合にはとても便利です」、「テレワーク疲れで仕事に集中したくて利用しました」との口コミが多くあったので、本日は仕事に集中するべく「シンプルプラン【宿泊のみ・食事なし】」(1室1万3000円〜税サ込)を利用しました。

オリジナルコーヒーを手にしたら、お部屋へ!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

ここオリジナルのコーヒーは、ぐっと苦味のあるビターとふんわり豆の味わい広がるマイルド。ちなみに通常は朝食&夕食ブッフェ付きのプランもありますが、取材時点ではレストランが休止中でした。和洋中のメニューが並んだこだわりの内容なので、営業が再開したらそちらも一緒に楽しんでみてくださいね。

広々快適なスタンダードルームに注目!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

定番のスタンダードルームが21平米の広さというのも「ダイワロイネットホテル西新宿」が人気な理由。広くとられた窓に明るい照明、154センチのフランスベッド(ダブルベッド)と、快適さが追求されています。

自分仕様にカスタムできるデスクもいい!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

出張が多い方は特に、仕事道具を自分仕様に配置したくなりませんか?PCの位置はここ、スマホや外付けも……書類はこっちに置いて……などなど。こちらのワイドなデスクは、奥行きもありそんなカスタムがしやすかった。シンプルながら本当に使いやすい!椅子がオフィスチェアというのもポイントです。

バス・トイレはなんとセパレート式!

Wako Kanashiro / BuzzFeed

洗面台の横に……。

バススペース。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

浴槽も大きめサイズ。海外ホテルのようなオーバーヘッドシャワーも付いています(頭上からお湯が出るあれです)。

バスアメニティにもこだわりが。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

シャンプー類はオーガニックの緑茶葉を使った「トリプルC」シリーズ。美容効果の高いビタミンCやカテキン、コラーゲンも配合されています。爽やかな香りに癒やされる……!

リピーターが多いのも納得な過ごしやすさでした。

Wako Kanashiro / BuzzFeed

「当ホテルはスタッフの手洗い・うがいの徹底、館内の定期的な消毒など、さまざまな対策をしています 」(ダイワロイネットホテル西新宿・支配人)。

情報&予約はコチラから👇

「ダイワロイネットホテル西新宿」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:東京都新宿区西新宿6-12-39

アクセス:西新宿駅より徒歩5分

部屋数:280室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、くし・ブラシ、ナイトウエア、カミソリ、ボディスポンジ、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、お茶セット(無料)、Wi-Fiあり、宿泊した部屋のコンセント8つ(ほかUSBタイプ2個)

予算:1万1200円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。