back to top

「17歳でタワーマンションを買ってもらった」 月100万円を手にする“パパ活”の実態に迫る

17歳でタワーマンション。

「パパ活」という言葉が広まってから、1年以上が経った。その実態とは。

BuzzFeed Newsは、実際にパパ活を行なっている女性に接触した。

お小遣いの限界、パパ活の始まり

そもそもパパ活とは、「パパ活動」の略称。交際関係は持たず、食事や買い物などデートをして女性が男性から金銭や物品を受け取る活動。原則として肉体関係はなく、プラトニックな関係とされる。

今回取材に応じてくれた、ゆいなさん(仮名)は現在20歳。都内に住む大学2年生だ。彼女は16歳からパパ活を初めた。

「パパ活という言葉が流行ったとき『私、それ前からやっていたよ』と思いました。これ、パパ活っていうんだって」

ゆいなさんは、私立の中学に通っていた。しかし、高校進学と同時に勉学から遠のく。部活動は必須だったので、運動部にマネージャーとして入部するが間もなく退部。

必然的に遊ぶ時間は増えたが、お金が足りなくなった。

「バイトは禁止じゃなかったんですが、面倒だったのでやりませんでした。親から月2〜3万円くらいお小遣いはもらっていましたが、『もっと欲しい』と思うようになりました」

「洋服が好きで当時は、INGNIとか着ていたんですけど、だんだんブランド物も欲しくなって。それでお小遣いに限界がきて、パパ活を始めるようになりました」

最初は、出会い系サイトで知り合った会社役員の45歳のパパと付き合うことになる。

初めてのパパの感想をこう話す。

「あれ食べたい、これ欲しいといえば買ってもらえるので、楽チンでした」

先述の通り彼女には、現在4人のパパがいる。「前は6人でしたが、スケジュール的にキツくなって減らしました」とゆいなさん。

取材場所に来たときは派手というわけではなく、“ごく普通の大学生”という印象。清楚で大人しそうな美人だ。

これまでもらったなかで一番高額なものは? という質問をしてみた。

「17歳(高校2年)のときに買ってもらった、タワーマンションだと思います。家に帰るのが面倒と言ったら買ってくれました」

ウォーターフロントのタワーマンション。「金額はわからない」と彼女は話すが、何千万円はくだらないだろう。

結局、そこに住むことはなく、買ってもらった服やバッグ、靴のクローゼットになった。

彼女はパパ活のほかに、ホステスの仕事を2つ行っている。4人のパパからもらう金額は月100万円ほど。自ら稼ぐのが同じく約100万円。月に200万円が彼女の手元に入る。

「携帯代、エステ代、学費、生活費を自分で払っています。あと実家にお金を入れたり、親が欲しいものがあったら現金を渡したりします。水商売を辞めて、パパ活だけの収入になるのは少し不安」

現在、パパとの出会いは、交際クラブや知り合いの紹介が主で、初めに顔合わせをする。そこで金額や、月極めなのか、会う度の支払いなのかが決まる。

「ルックスは関係ないわけではないですが、よっぽど生理的に無理でなければ関係ありません。あとは、彼氏作るなとか、俺を優先しろとか無理なこと言わなければ」とゆいなさん。

ゆいなさんの両親は、彼女の活動をなんとなくは知っているそうだ。

広告

「結局、それって援助交際でしょ?」

そう思う人がいるだろう。違いについて、彼女は話す。

「パパ活をやっている人によって考えは違うと思うんですが、援助交際は体の関係のみ。パパ活も一部、体の関係はありますが、それ以外のお付き合いの方がメインです」

「援助交際は性欲を満たすだけ。パパ活は互いに思いやりがあります」

ゆいなさんは、これまで約20人のパパがいた。年齢は20代後半から50代前半で、職種は経営者や医者、弁護士、個人事業主など。

「世間が知っている大企業の社長ほど遊び方が汚いし、面倒。お金を渡さず、消えることもあります。『代えが利くアクセサリー』くらいにしか扱われません。中小企業の社長は優しくていいです」

彼女はTwitterアカウントを持っているが、そこで行われているのは“パパ活女子”同士の情報交換。「○○社長は危ないからやめた方がいい」などだ。

ゆいなさんのパパ4人のうち3人は既婚者。子どもがいるパパもいる。なぜ男たちは、パパ活にハマるのか。

「未婚者のパパの場合は、仕事だけしたい人で、彼女を作るのも面倒。割り切って付き合えるパパ活がちょうどいいんです」

「既婚者の人は、奥様といるときは気を使っています。行きたいところや、食べたいものは家族優先。しかし、パパ活をしているときだけは、自分優先ですべてを決めれます。好き放題できる時間が欲しいのだと思います」

ゆいなさんのパパのうち一人の既婚者は、奥さんも旦那がパパ活を行っていることを知っているそう。黙認してもらっている代わり、バーキンや車を奥さんに買ってあげているとのこと。

罪悪感はありますか? との問いには、少し考えてから「ないといえば嘘になります。けれどやめる理由もありません」と答える。

最後にこんなことを聞いてみた。

ー将来はどうなりたいですか?

「やりたいこと、就きたい職業などはありません。ただ、OLだけにはなりたくない。その思いだけは強いです」

「パパ活に否定的な人もいます。たしかに仕事をして大金を得ていません。けれど、パパ活はほぼ仕事と変わらないと思っています。一緒にいるときは気を使うし、LINEも一生懸命考えるし、精神疲労が伴う面では仕事と変わらない」

「女性で会社で働いている人は尊敬します。けれど自分には無理だなって。10代後半からやっているので、私は男性に媚びたり、甘えたりしかできない。自分の力で稼ぐのは無理です」

取材を終え、彼女は、クリスマスソングとイルミネーションで騒がしくなってきた街に消えていった。



広告


広告

Sponsored

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss