back to top

1分でわかる! プロ野球ドラフト会議どうなった?

知っておきたい情報だけをサクッと。

2017年プロ野球ドラフト会議が10月26日ありました。忙しい人のために注目選手を中心にサクッと説明します。

時事通信

清宮幸太郎(早実)、日本ハムが交渉権獲得(7球団指名)

今年最も注目を集めた清宮幸太郎選手。高校通算111本塁打は歴代1位。日ハムが交渉権を獲得した。
時事通信

今年最も注目を集めた清宮幸太郎選手。高校通算111本塁打は歴代1位。日ハムが交渉権を獲得した。

中村奨成(広陵)、広島東洋カープが交渉権獲得(2球団指名)

今年の甲子園では、一大会で史上最多となる6本塁打を記録。強肩強打の捕手は地元・広島東洋カープが交渉権獲得。
時事通信

今年の甲子園では、一大会で史上最多となる6本塁打を記録。強肩強打の捕手は地元・広島東洋カープが交渉権獲得。

田嶋大樹(JR東日本)、オリックスが交渉権獲得(2球団指名)

社会人No.1の左腕。今年の都市対抗では2試合連続完封勝利をするなどの活躍をみせた。
時事通信

社会人No.1の左腕。今年の都市対抗では2試合連続完封勝利をするなどの活躍をみせた。

安田尚憲(履正社)、千葉ロッテが交渉権獲得(3球団指名)

強肩強打の大型三塁手の安田選手。U-18では3番を打ち、全試合に出場。3位入賞に貢献した。千葉ロッテが交渉権を獲得。
時事通信

強肩強打の大型三塁手の安田選手。U-18では3番を打ち、全試合に出場。3位入賞に貢献した。千葉ロッテが交渉権を獲得。

東克樹(立命館大)、横浜DeNAが交渉権獲得(単独指名)

大学ナンバーワン左腕。小柄ながらも最速152キロを記録している。クライマックスシリーズを勝ち抜いた横浜DeNAが単独指名で交渉権獲得。
時事通信

大学ナンバーワン左腕。小柄ながらも最速152キロを記録している。クライマックスシリーズを勝ち抜いた横浜DeNAが単独指名で交渉権獲得。

鍬原拓也(中大)、読売ジャイアンツが交渉権獲得(単独指名)

読売ジャイアンツは3巡目で中大の鍬原投手を単独指名。甲子園出場はないが、中大進学後、1年生から登板。3年春の途中には先発投手となり、活躍をみせていた。
時事通信

読売ジャイアンツは3巡目で中大の鍬原投手を単独指名。甲子園出場はないが、中大進学後、1年生から登板。3年春の途中には先発投手となり、活躍をみせていた。

荒木大輔、斎藤佑樹、そして清宮幸太郎。日ハムと早実、レジェンドを確保しますね…。

(えのきど)これで日ハムが斎藤佑樹、荒木大輔、清宮幸太郎を確保。 あとは王さんをヘッドハンティングすれば早実レジェンドコンプリートです!\(^^)/

BuzzFeed JapanNews