広島カープ37年ぶりのリーグ連覇! 当時のスタメンも最強だった…

    まさに黄金時代の再来。

    広島東洋カープが9月18日、2年連続のリーグ優勝を決めた。

    時事通信

    カープがリーグ連覇を果たすのは、1979〜80年以来、37年ぶりの快挙。そこで当時のチームの主力選手を調べてみた。

    高橋慶彦

    時事通信

    一番を打っていた高橋慶彦は俊足を生かし、55個(79年)、38個(80年)の盗塁を記録。2年連続で盗塁王に輝いている。通算477個の盗塁記録は歴代5位

    水谷実雄

    時事通信

    中軸を担った水谷。バットの先端をピッチャーに向け、威嚇するようなフォームが特徴的だった。2013年に広島を引退した前田智徳の“育ての親”としても知られる

    山本浩二

    時事通信

    「ミスター赤ヘル」こと山本浩二。79年に打点王(113点)と最多出塁数(220個)。80年には本塁打王(44本)、打点王(112点)、最多出塁数(240個)を獲得している。黄金時代の4番を担った

    衣笠祥雄

    時事通信

    「鉄人」こと衣笠祥雄。79年は主に7番を。翌年は2番を任されていた。80年には初めてのゴールデングラブ賞を受賞している

    北別府学

    時事通信

    福士明夫や、山根和夫らと先発ローテーションを担った北別府。79年は36試合に登板し、17勝11敗。80年は12勝5敗(30試合登板)。79年には初めてオールスターゲームに選出された

    大野豊

    時事通信

    渡辺秀武らとともに中継ぎとして活躍した大野豊。80年の成績は防御率2.70、7勝2敗、1セーブ

    江夏豊

    時事通信

    守護神、江夏豊。79年、球団初の日本一に輝いたときの胴上げ投手だった。山際淳司のノンフィクション小説「江夏の21球」でも知られる。79年は22セーブ、80年には21セーブをあげる。チームが二連覇を果たした翌年、日本ハムに移籍した

    37年前にリーグ連覇をした広島カープは、日本シリーズも連覇している

    時事通信

    胴上げされる古葉監督

    昨年はクライマックスシリーズを勝ち抜くも日本ハムに敗れた。この写真は同年に引退した黒田博樹投手。シリーズ最終戦でファンに挨拶をし、球場を去った。

    時事通信

    今年、日本シリーズを制覇すればチーム33年ぶりの快挙。再び、このチームが歴史に名を刻むことになる。

    時事通信

    怪我で離脱していた鈴木誠也。スタッフに支えられながら輪に加わった

    BuzzFeed JapanNews