• odekake badge

湯河原を思う存分楽しみたい!歴史と癒やしを堪能できる人気観光スポット4選

神奈川県最西端に位置する、海、温泉で知られる街、湯河原。実は観光スポットも多く、歴史を感じるスポットや体験型施設などもあるんです。今回はそんな湯河原でぜひ行きたい人気観光スポットを紹介します。※地域を大きくまたぐ移動には十分なご留意とご配慮をお願いします。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

Takion Oyamada / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】五所神社

【2】不動滝

【3】町立湯河原美術館

【4】ちぼり湯河原スイーツファクトリー

【1】湯河原随一のパワースポット!推定樹齢850年のご神木が神聖な「五所神社」

Takion Oyamada / BuzzFeed

高さ36メートルのご神木や銀杏の巨木が荘厳な雰囲気を醸し出す「五所神社」。長寿長命の神、湯の産土神(うぶすながみ)が祀られています。こちらのご神木はなんと、推定樹齢850年!圧巻の大きさです。境内にはその他に銀杏の巨木もあり、こちらもご神木に勝るとも劣らぬ威厳があります。

Takion Oyamada / BuzzFeed

木々に囲まれており、厳かな雰囲気が漂っている神社入り口。子供の頃に味わったワクワク感がよみがえります。

湯河原七福神を参拝

Takion Oyamada / BuzzFeed

五所神社には七福神の像が7体あります。神社に7体すべてそろっているのは珍しいとのことで、それだけでも多大なご利益がありそう。

長寿、家庭円満、健康、幸福、財産、寿命の守護神「寿老人」

Takion Oyamada / BuzzFeed

財宝福徳、実行力と勇気、武道・スポーツ成就にご利益があるという「毘沙門天」

Takion Oyamada / BuzzFeed

福禄寿は健康、人徳、財運、幸福と財産と寿命の神様

Takion Oyamada / BuzzFeed

こちらの神社では、御朱印を2つもらえるため、御朱印を集めている方には特に人気が高いそうです。

源頼朝もゆかりのある、推定樹齢850年のご神木

Takion Oyamada / BuzzFeed

推定樹齢850年のご神木の高さは36メートル。その佇まいはなんとも立派!天照大神の力を授かった楠木といわれていますが、かの源頼朝が(当時)幼木だったこの木に「苦難にも打ち勝ち、互いに生長を誓おう」と声を掛けたと伝えられています。この巨木に触れていると、なんとなくパワーがもらえるような気もしますよ!

Takion Oyamada / BuzzFeed

同じく境内にある銀杏の巨木。風格がすごい。秋になると、綺麗な紅葉が楽しめるのだとか。季節によって違った楽しみ方ができるのもまた風情があっていいですね。

“湯河原随一のパワースポット”の評判に偽りなし!

Takion Oyamada / BuzzFeed

湯河原を開拓した人々が信仰し、昔からご利益があるとされている「五所神社」。境内に足を踏み入れると、神聖な空気感に圧倒されました。湯河原を訪れた際には、荘厳なご神木と七福神にぜひパワーをもらってみてはいかがでしょうか。

スポット情報はこちら👇

「五所神社」

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮下359-1

アクセス: JR湯河原駅より奥湯河原不動滝行きバス五所神社バス停下車(バス乗車時間約4分)

料金:入場無料

駐車場: 無料駐車場あり

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【2】迫力満点!自然の中でマイナスイオンを浴びる「不動滝」

Takion Oyamada / BuzzFeed

湯河原の外せない観光スポットといえば「不動滝」です。その落差は15メートル。ほとばしる水しぶきと大自然の中で、マイナスイオンをたっぷり浴びながらリフレッシュすることができます。遊歩道が滝の近くまであるので、ダイナミックな滝を目の前で見られるのも魅力の一つです。

遊歩道にはお茶屋も。疲れたらほっと一息

Takion Oyamada / BuzzFeed

こちらが不動滝の遊歩道の入り口です。森へと続く木々に覆われた入り口にドキドキとワクワクが止まりません…。存分に癒やされてきたいと思います。いざ!

お茶屋さんを発見

Takion Oyamada / BuzzFeed

滝に向かう途中に見つけたのは、いい雰囲気のお茶屋さん。風情ある店構え、味わいある傘がなんともいえません。甘酒などを楽しむことができるうえに、併設された足湯では旅の疲れを癒やすこともできます。

神聖な雰囲気が漂う、迫力の不動滝に息をのむ

Takion Oyamada / BuzzFeed

徐々に大きくなる滝の音を聞きながら遊歩道を進んでいくと、ついにその姿が現れました。荘厳な景色は圧巻。滝の左側には「身代わり不動尊」、右斜め前に「出世大黒尊」が祀られていて、神聖な雰囲気が漂っています。ここで発見された「湯河原沸石」は、湯河原町指定の天然記念物。湯河原温泉観光協会の職員さんによると、「1931年に桜井欽一博士によって湯河原沸石が発見され、これは伊豆半島で最も古い新第三紀湯ヶ島層からも発見されている石。湯河原沸石の産地は、湯河原温泉の泉源とほぼ一致している点から沸石は温泉と密接な関係があると考えられます」とのこと。

せっかく来たので「出世大黒尊」に、出世のお願いをしてみる

Takion Oyamada / BuzzFeed

出世や厄よけを祈願することができる「身代わり不動尊」と「出世大黒尊」。写真は「出世大黒尊」です。頑張りますので出世してお給料が上がりますように…なんてお願いをしてみました。

不動滝で、自然のパワーをチャージ!

Takion Oyamada / BuzzFeed

湯河原の自然を思う存分堪能できる「不動滝」。遊歩道を歩けば、小鳥のさえずりも聞こえてきて、たっぷりのマイナスイオンと大自然に癒やされることができました。

スポット情報はこちら👇

「不動滝」

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上

アクセス:JR湯河原駅より奥湯河原行バス、または不動滝行バスに乗車後「不動滝」バス停下車(乗車時間約14分)

料金:入場無料

駐車場: 有り(無料)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【3】日本庭園を併設したクラシカルなレンガ造りの美術館「町立湯河原美術館」

Takion Oyamada / BuzzFeed

湯河原駅からバスに乗って約12分。「町立湯河原美術館」は現代日本画壇の第一線で活躍する平松礼二氏をはじめ、洋画の巨匠の安井曾太郎(やすいそうたろう)氏、日本画の大家の竹内柄鳳(たけうちせいほう)氏、美人画で有名な伊東深水(いとうしんすい)氏や水彩画の三宅克己氏など、湯河原にゆかりを持った画家の作品を楽しむことができます。所蔵作品数はなんと約400点!実は湯河原は万葉集にも詠まれている土地で、古くから芸術と深いつながりがあります。実際に訪れた人からの評判は高い、隠れた名所「町立湯河原美術館」。日本の繊細な芸術が息づく館内へ、さっそく向かってみましょう!

平松礼二氏の作品の魅力に、酔いしれる

Takion Oyamada / BuzzFeed

館内の展示スペースは(当然かもしれませんが)とても静か。一歩入ると、和と洋の芸術が混在した、そしてどこかノスタルジーを感じる空間が広がります。展示室は「平松礼二館」、「平松礼二アトリエ」、「常設館」などいくつかに分かれています。こちらの美術館のメインともいえる現代日本画壇の巨匠である平松氏は、「平松山水」と呼ばれる画風により国内にとどまらず世界的に高い評価を受けている人物です。特徴は、桃山時代後期に本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)と俵屋宗達(たわらやそうたつ)が創始し、尾形光琳・乾山(おがたこうりん・けんざん)兄弟によって発展した「琳派」を彷彿とさせる大胆な構図と、繊細にして緻密な筆遣い。「平松礼二館」には平松氏の青年期から今日までの作品を収蔵、展示しています。年4回、テーマごとに展示内容が変わる企画展もあり、訪れるたびに違う作品に出会うことができるのもうれしいですね。

Takion Oyamada / BuzzFeed

平松氏は2000年1月~2010年12月の期間、文藝春秋の表紙を担当したことでも有名です。館内の一角には、原画と印刷された表紙が並び平松氏の作品と時代の変化を見比べることができます。平松氏は用意周到な人で、当時、不測の事態に備えて同じ絵を2枚描いていたとか。

Takion Oyamada / BuzzFeed

施設内には平松氏のアトリエが再現されています。日本画の製作には「岩絵具」が使われること、岩絵具は鉱物を砕いたもので、その粒子を膠(にかわ)と呼ばれる糊で溶いて絵の具がつくられていくこと…など、さまざまな「学び」に触れることができます。作品を鑑賞するだけでなく、平松氏の製作現場の空気を感じることができるのも楽しいですね!

Takion Oyamada / BuzzFeed

こちらが作品のひとつ。赤富士が描かれています。

お土産はこちら!

Takion Oyamada / BuzzFeed

平松氏の作品を堪能した後の、お土産探しはこちら!1階のミュージアムショップでは、美術館オリジナル商品や平松画伯関連グッズ、工芸作家の作品、竹内栖鳳ゆかりの京都のお香など、さまざまな商品を購入できます。オリジナル葉書は平松氏自ら紙の選定や印刷にもこだわったとか。発色がとても美しいため、お土産にしてお部屋に飾るのも◎。ミュージアムショップは美術館の観覧券を購入しなくても自由に利用できるので、湯河原の散策の合間に気軽に立ち寄ることができます。

本物の「モネの睡蓮」を見ることができる、四季折々の自然が美しい日本庭園

Takion Oyamada / BuzzFeed

美術館に隣接する日本庭園には、桜や紅葉などさまざまな植物が植えられています。春夏秋冬どの時期に行っても四季折々の自然を楽しむことができ、お散歩するだけでも気持ちがいいです。この庭園で有名なのは、印象派を代表するフランスの画家、「クロード・モネ」の財団から送られたという、とても貴重な睡蓮の株。絵画は有名ですが、まさか本物のモネの睡蓮を見ることができるなんて…!!どこまでも芸術を近くに感じることができる庭園は、他の庭園とは一味違います。

テラスに足湯も!湯河原の豆腐店がプロデュースするカフェでひと休み

Takion Oyamada / BuzzFeed

鑑賞券がなくても自由に利用できるこちらのカフェ「and garden」は、2018(平成30)年にオープンしたばかり。なんと、足湯が併設されています。散策で疲れた脚を癒やすのにぴったりですね。プロデュースするのは、湯河原で評判の豆腐店「十二庵」。厳選した国産大豆を使った濃厚な豆乳や豆腐の味を生かした、身体に優しいメニューを提供しています。また金・土には湯河原のジビエを堪能できるディナーも用意していますよ。開放感のあるテラスは、とにかく気持ちがいいです!

もともとは温泉旅館だった!

Takion Oyamada / BuzzFeed

この「町立湯河原美術館」は、実はもともと「温泉旅館 天野屋」で、リノベーションした建物を使っています。そんな風情ある建物の中で、平松氏の作品をはじめとする日本画の美しさ、四季と調和した庭園の美しさに、新しい発見が多くありました。普段芸術に触れることがない人も、ぜひ足を延ばしていただきたいおすすめの観光スポットです。

「入口にアルコール消毒液を設置しております。入館の際に手指の消毒のほか、マスク着用もみなさまにお願いしています。チケット売り場や展示室内では、密にならないよう2メートル程度の距離を保ち、会話はお控えいただくよう、お願い申し上げます」(湯河原町観光課・二見さん)

スポット情報はこちら👇

「町立湯河原美術館」

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1

アクセス: JR湯河原駅からバスで2番のりばから「奥湯河原」または「不動滝」行きにて約12分「美術館前」バス停下車

営業時間: 9時〜16時30分(最終受付は16時まで)、水曜定休(祝日の場合は営業)。※臨時休館の場合もあり。

料金 : 大人=600円(500円)、小・中学生=300円(200円)

※( )内は15名以上の団体割引料金または割引券をご利用の場合

駐車場:15台(無料)

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【4】人気うなぎのぼり!親子で楽しめる「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」

ちぼり湯河原スイーツファクトリー

JR湯河原駅から徒歩約3分という近さの「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」。「ちぼり」とは贈答用アソートクッキーメーカーのことで、ちぼりの焼き菓子は、なんと世界約20か国のスーパーやデパートなどで販売されているんです。「五感で楽しむスイーツファクトリー」をコンセプトに2017年11月にオープンしたこちらでは、ミニ工場見学やクッキー食べ放題のカフェ、お菓子作り体験など、子供から大人まで楽しむことができます。「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」はここにしかありませんので、湯河原ならではの体験ができます!

館内には充実のスポットがたくさん!

ちぼり湯河原スイーツファクトリー

2階の工場見学コーナーでは、パネル展示や動画でちぼりのお菓子作りを楽しく学びながら、窓からお菓子が作られている様子を間近で見学することができます。予約は不要なので、気軽に見学できるのもポイント。成型されたクッキーが、全長約20cmベルトオーブンで焼き上げられていく様子は圧巻です!

ちぼり湯河原スイーツファクトリー

こちらは「サブレサンド(みかんジャム)」。

ちぼり湯河原スイーツファクトリー

1階のカフェでは、スイーツやクッキーを楽しめるほか、クッキー食べ放題も満喫できます!予約が必要ですが、クッキーに好きな絵が描けるお菓子作り体験も、親子に大人気。館内には、湯河原の名産品・みかんを使ったジャムやジュース、ゼリーなどが紹介されているコーナーも。湯河原についても楽しく学ぶことができるので、夏休みの自由研究にもぴったりですね!

湯河原に行ったら絶対行くべき!「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」

ちぼり湯河原スイーツファクトリー
ちぼり湯河原スイーツファクトリー

湯河原へ足を運んだ際には、ぜひ家族で立ち寄ってほしい新名所「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」。おいしいスイーツが楽しめるだけでなく、お菓子作りの工程や湯河原についても学べる大満足のスポットです。大切な人と一緒に甘く至福の時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

「新型コロナウイルス拡散防止のため、営業時間は17時まで、ミニ工場見学は平日のみとしています」(営業・開発本部マネージャー・中井さん)

スポット情報はこちら👇

「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」

住所:神奈川県湯河原町土肥1-15-4

アクセス:JR湯河原駅より徒歩3分

営業時間:10時~17時(ミニ工場見学は平日のみ)

料金:入場無料

駐車場:第1専用駐車場10台、第2専用駐車場21台、臨時駐車場あり

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

湯河原温泉エリアの宿を探すならこちら👇

👉湯河原温泉エリアの宿をYahoo!トラベルで探す

👉湯河原温泉エリアの宿を一休で探す

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。