その夜。スターたちは、突然この世を去ったヒーローに思いを馳せた

    NBAオールスター2020は、輝くスターたちが、若くして亡くなったスターを悼む、特別なものとなった。

    「コービー! コービー!」。万を超えるファンたちが、ヒーローの名を叫び続ける。

    Jonathan Daniel / Getty Images

    2月16日。アメリカ・シカゴでNBAのオールスターゲームが開催された。試合前のセレモニーでは、1月26日、ヘリコプター事故で急死したスーパースター、コービー・ブライアントを悼むコールが会場をこだました。娘のジアンナさんも同じ事故で亡くなった。13歳だった。

    Maddie Meyer / Getty Images

    コービー・ブライアントは1978年生まれ。高校卒業後、大学を経ずにNBA入りし、20年にわたってロサンゼルス・レイカーズ一筋でプレーした。5回の優勝を経験。闘争心むきだしのプレースタイルで、多くのファンを惹きつけた。

    そんな彼を悼む声が、会場に響く。

    NBAオールスターの会場で沸き起こったコービーコールです。

    歌手で女優のジェニファー・ハドソンが、試合前の追悼セレモニーで歌い上げる。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    シューズでリスペクトを表す選手もいた。

    Jonathan Daniel / Getty Images

    彼を悼む気持ちは、アートにも。

    Daichi Ito / BuzzFeed

    サテライトイベントには、ファンが描いた肖像が飾られていた。

    「彼のような選手は二度と現れないでしょう」。往年の名プレーヤー、マジック・ジョンソンは、コービーの知られていない側面も語った。

    「コービーは、ロサンゼルスのホームレスを1日も欠かさず、支援していました。私たちはそんな彼を誇りに思います」

    オールスターに18年連続出場。4回のMVPに輝いた功績を称え、NBAオールスターのMVPに送られるトロフィーは、「コービー・ブライアント・トロフィー」と名付けられることになった。今年だけでなく、来年も、再来年も、永遠に。

    Stacy Revere / Getty Images

    「このトロフィーを部屋に置けば、いつでもそこに刻まれたコービーの名前に触れられる。とても大切なことなんだ。彼は僕の人生に多くのものをもたらしてくれたから」。このトロフィーを手にしたクワイ・レナードはこう振り返った。

    NBAを牽引するレブロン・ジェームズはコービーへの思いで、会見を締めくくった。

    Ronald Martinez / Getty Images

    「すばらしい時間。素晴らしい日だった。コービーが、ここシカゴにいるんじゃないかって思えたよ。ありがとう」

    Ronald Martinez / Getty Images