back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

息をのむような美しさ。アメリカの風景にたたずむ女性たちがクールすぎる

雑誌VOGUE創立125周年を記念した企画。

VOGUEは、雑誌の125周年を記念してアメリカ全土で女性を撮影。2017年3月3日に、15部構成の雑誌を出版しました。ここに掲載した一連の写真はサンプルで、ファッション、産業、アメリカの風景を写した、美しいタイムカプセルです。

Vogue.comのクリエイティブデジタルディレクター、サリー・シンガーは、こう話します。「私たちは、あらゆるスタイル、企業、価値観の多様性を賛美したいと考えています。素晴らしい写真家たちに、ワクワクするような女性たちを撮影してもらいました」

どの写真特集も意欲的に、現代社会の問題について幅広く取り上げています。スタンディング・ロックの先住民族からNASAまで、軍の女性からイスラム教徒の女性、メノー派の女性まで、全てを取り上げています。写真家たちは、さまざまなイメージや声を捉えているので、どの写真も見ごたえがあります。

撮影された人たちは、みんな魅力的でゴージャスです。ここには、これまでの125年間でVOGUEが表現してきたものが、凝縮されているのです。

現在の政治情勢を受けて、シンガーは慎重に意見を述べています。「この雑誌は、ドナルド・トランプの大統領選への抗議や、その抗議で力を得た女性運動を支持するものではありません。とはいえ、この企画が始まってから、状況は大きく変化しています。実際に、石油パイプラインの建設に反対するスタンディング・ロックのキャンプは無くなってしまいました。友人や家族の追放を恐れる人々もいます。Twitterでは人種や教育について、議論が盛んにされています。性的嗜好、宗教、生態学、国籍......政治的立場によって、攻撃されているように見えることもあります。女性の中には、選挙以降、以前よりも安全だと感じている人もいるでしょうし、不安を感じている人もいるでしょう。これらの写真から、我々がさまざまな視点ついての示唆を得ることになるのは、間違いありません」

「この企画を貫くテーマは『美』です。多様で、ろ過されておらず、息をのむような美しさ。大リーグ級の美です」

広告
広告
広告


広告

この記事は英語から翻訳されました。