Paid Post

【人気俳優らがサプライズ】コロナ禍で様変わりした学校生活を送った卒業生へ

サプライズ動画が届いた中学校に取材。コロナ禍での学校生活について話を聞きました。

卒業シーズン真っ只中。とある中学校の卒業式にau「三太郎シリーズ」に出演する俳優たちからサプライズ動画が届きました

動画では、三太郎こと松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さんと、かぐちゃんこと有村架純さんが登場。それぞれ「 卒業生のみんな!強いものには立ち向かえ!」「おじいさんおばあさんは大切に」など、卒業のお祝いメッセージを贈りました。

この動画が卒業式で上映されると、思わぬサプライズに大歓喜する生徒も。

「三太郎さん、かぐちゃん、最高の思い出をありがとう!」

サプライズ動画が届いたのは、学校法人鶏鳴学園 青翔開智中学校(鳥取県鳥取市)のみなさん。卒業生たちは「コロナが無かったら、もっと学校生活を楽しめたんじゃないか」と思うこともあったからこそ、今回のサプライズが特別な思い出になったと話します。

コロナ禍で迎えた中学校生活最後の1年について、卒業生の兒島悠月さんは「電車の混雑を避けるために、この1年は始発電車に乗って学校に行ったり、学校行事が中止になったり……。今までの“当たり前”を見直す場面が多くありました」と振り返りました。

この日に行われた卒業式も、出席者数を制限するなど規模を縮小しての実施となったことに寂しさを感じていたそうですが、「三太郎さんたちのサプライズ動画のおかげで、最後に大きな思い出ができたし『高校でも頑張ろう!』と元気をもらえました」と嬉しそうに語っていました。

今回のサプライズ動画はauの「卒業お祝いムービー」企画で制作されたもの。

青翔開智中学校の卒業式実行委員のみなさん(2年生)

企画に応募したのは、卒業式実行委員をつとめた2年生のメンバーたち。「コロナ禍で宿泊研修や体育祭が中止になるなど我慢してきた卒業生たちのために、三太郎の力を借りて、思い出に残る卒業式にしてあげたい」という思いで応募したそう。全国から約1,000件の応募が集まる中、生徒たちの情熱が届き、見事当選を果たしました。

卒業式実行委員のメンバーは、卒業生だけでなく、在校生や一部を除く先生にも秘密でサプライズを準備。卒業式3日前に実施したオンライン取材では「みなさんを驚かせるのが楽しみです!」と興奮気味に話していました。

卒業式実行委員のメンバーの坂本初香さんは、「ハンドボール部の大会が中止になってしまい、最後の試合ができずに先輩たちが引退してしまって……。高校でも部活を続けて、この悔しさを晴らしてもらいたいです」と卒業生への思いを語りました。

コロナ禍だからこそつくれた思い出もあった

例年は学外から多くの人が参加する学園祭をYouTubeライブで配信するなど、コロナ禍だからこその新たなチャレンジもあったそう。

「ここまでコロナが世界中に蔓延すると思いませんでした。でも学園祭をYouTubeライブで配信したり、この企画に当選したり、コロナ禍だからこそつくれた思い出もありました」(東方暁杜さん)

auの担当者に「卒業お祝いムービー」を企画した経緯と、卒業生へのメッセージを聞きました。

——なぜこの企画を立ち上げたのでしょうか?

「昨年に引き続き、今年もコロナ禍で卒業式がなくなったり、縮小したりしている状況です。そこでauが卒業生に向けて少しでも思い出に残るようなささやかなプレゼントはできないかと考え、『卒業お祝いムービー』を企画しました」

——卒業生へメッセージをお願いします!

「この企画を通し、みなさんがコロナ禍でも明るく前向きに、できることを全力で頑張っていたことを知ることができました。また、仲間やご家族、先生、地域の方々といった多くの方との深い絆を知りました。

これからもみなさんには三太郎たちや高杉くんたちのように仲間を大切に、周りの方と楽しく自分らしく過ごしてほしいです!」

「おもしろいほうの未来へ。」

auはこれからもひとりひとりの明日が輝くよう、世の中にワクワクする変化を生み出していきます。三太郎スペシャルページはこちら

生徒たちの感動の瞬間を記録した映像もチェック!

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com