back to top

鬱になりそう…そんなときに読みたい心がちょっと軽くなる良書5選

季節の変わり目って、気分が沈みがち

季節の変わり目は鬱々しがち。そんな心を少しだけ軽くしてくれる良書がありますよ

Petrunjela / Getty Images

※BuzzFeedがオススメする商品です。リンク先でお買い物をすると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

1. 生きてるだけで、愛。」本谷有希子

Amazon / Via amzn.to

生きてるだけで、愛。」の主人公・寧子は、鬱で、引きこもりで、過眠症。彼女は激しい躁うつ症に振り回されながらも、なんとか生き延びる道を探し続けます。

世の中に対する怒りエネルギーに変えていくその姿に、生きる活力をもらえるはず。

3. ツレがうつになりまして。」細川貂々

Amazon / Via amzn.to

映画化もされた「ツレがうつになりまして。」の原著。鬱病の症状や体験を丁寧に描きつつ、一つひとつゆっくりと向き合っていく姿が印象的です。

鬱になったって大騒ぎすることない。まったり、のんびり、自分のペースで向き合えばいいんだ、とちょっと心に余裕がもてる本です。

4. トカトントン」太宰治

Amazon / Via amzn.to

薬物中毒、不倫、そして心中自殺……。壮絶な人生をたどった太宰治の小説に登場する人物は、いつも堕落的です。特に堕落さを極めているのが「トカトントン」。

彼の小説を読んでいると「少なくとも、この人より私の人生はマシだ」と思えてきます。読み終わったときの爽快感も魅力。

5. 毅然として死ねない人よ。それでいいではありませんか。」遠藤周作

Amazon / Via amzn.to

遠藤周作の人生観が詰まった一冊。人生の終わりを見つめ始めた人に語りかけます。

彼はこの本の中で『人間はずるくて卑怯で弱い』『人生は不平等で不条理なもの』と人生の生きづらさを断言。その中でも、人の温もりや日々の小さな幸せを見つけ出す方法を教えてくれます。

「つまらないけど、悪くない人生だ」と思えてくるはず。

※BuzzFeedがオススメする商品です。リンク先でお買い物をすると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss