back to top

今日から使える→仕事デキる風に見せる10個のテクニック

やってる感を出したいあなたに

1. 缶コーヒーやエナジードリンクの空き缶を並べる

空き缶の数は忙しさのバロメーター。「がんばってる感」を出すためにも、空き缶をこまめに捨てるのはやめよう。エナジードリンクはショート缶ではなく、ロング缶を並べるのが効果的だ。

3. 「最近まともに布団で寝てない」と繰り返す

睡眠時間を削って働いていることを伝えたい。そんなときに効果的なのが、布団で寝てないアピールだ。自分の生活がいかに充実しているかを自慢したいときにも使える。

6. 「知らないの?」的なニュアンスで会話を始める

会議の冒頭で、テレビや雑誌で知ったうんちくを、いかにも自分だけが知っているかのように話してみよう。それが本当にためになる内容ではなくても、周囲はあなたの発言に深く耳を傾けるはずだ。

7. とりあえずホワイトボードに四象限を描く

会議中、おもむろに席を立ち上がり、四象限マトリクスを描いてみる。内容が多少デタラメだったとしても、同僚たちは、あなたが鋭い観察力の持ち主であると尊敬の眼差しを向けるはずだ。

8. 業界の人は誰でも知ってるアピール

打ち合わせの席で、業界の有名人が話題に上ることがある。そんなときは、「あ〜、○○さんね〜」と言ってみる。すると、周囲はあなたの人脈に一目置くことだろう。たとえ、その人とは一度しか会ってなくても。

9. それ◯+◯でショートカットできるよっていう

できるビジネスマンはショートカットキーを使いこなす。PCに不慣れな同僚がいれば、「○と○ショートカットでできるよ」とアドバイスしてみよう。ショートカットを使えば、仕事中にネットサーフィンをしてても一瞬で画面を隠すことも可能だ。覚えておいて損はないだろう。

10. 本当は暇なのに飲み会に遅刻する

たとえ忙しくなくても、「仕事が長引いてしまって30分ほど遅れます…」と伝えてみよう。あなたが到着するやいなや、「来てくれてありがとう!」と歓迎されることだろう。飲み会当日に「ごめん、リスケで良い?」とドタキャンするのも、あなたのハードワークぶりをアピールするのに効果的だ。

Design by Emi Tulett

仕事してる感を出すのって大変?

もし10億円があったら、そんなストレスから解放されるはず! 1等最高10億円の「ボーナスBIG」は、7月1日土曜お昼まで期間限定販売中。ひょっとしたら、ひょっとするかも。

パソコンの方はこちら

スマホの方はこちら

※19歳未満の方の購入又は譲り受けは法律で禁じられています。払戻金も受け取れません。
※当せん金は売上金額や当せん口数によって変動します。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss