Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

ファクトチェック

「東京五輪は中止?」IOCが憶測否定。公式アカ「北京五輪」に変更で騒然、国会でも話題に

「オリンピックのTwitterアカウントのヘッダーは、こうした活動の一つに過ぎず、間もなく再び東京で開催される2020年オリンピックに焦点を当てたものになります」

BuzzFeed防災ーあなたと大切な人の命を守るために

やさしい にほんご

どんな 内容(ないよう)?緊急事態宣言(きんきゅう じたい せんげん)を せつめい します【やさしい にほんご の きじ】

東京(とうきょう)などのほかに、大阪(おおさか)や愛知(あいち)にも緊急事態宣言(きんきゅう じたい せんげん)が でました。どんな 内容(ないよう)か、やさしい日本語(にほんご)で 説明(せつめい)します。

なぜ、僕の名前と住所が… 愛知リコール偽造署名に利用、情報公開で判明。覚えのない母印まで

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の呼びかけではじまった、愛知県・大村秀章知事のリコール署名運動。名古屋市の河村たかし市長も協力し注目されたが、その83%に不正が疑われている。さらにアルバイトが「書き写し」に動員されていたことも明らかになった。自らの個人情報を偽造に使われたと被害を訴える男性に、話を聞いた。

「好きな仕事なのに偽りの自分でいた」「刈り上げを否定され…」過去の私みたいな人がいなくなるように。ある美容師が語る思い

仕事場のヘアサロンで、学生の頃通ったサロンで、言えなかったことがあるーー。「#PrideHairサロン」プロジェクトに賛同するヘアサロンで働く美容師の女性が、思いを語りました。

新型コロナ、宣言解除後の「リバウンド」を防ぐ3つのポイント

再びの感染拡大(リバウンド)を防ぐため、何が重要か。分科会は3つのポイントを提示している。

「鏡を見るのも嫌だった…」アイドルの私が胸を張って「メイクって楽しい!」と言えるようになるまで

コスメも美容も大好き!だけど、つい最近までそれを公言するのにためらいがあったというAKB48の横山由依さん。コンプレックスを克服し、自分と向き合えるようになるまでを聞きました💄

「異性にモテる髪型にします!」「結婚は?」そんな会話で嫌な思いをしている人たちがいる。ヘアサロンが今、変わろうとしている理由

ヘアサロンでのカット中の会話や行動で、LGBTの来店客が傷ついたり、嫌な思いをしないように…。ヘアサロン側が学び接客などを変えていけるよう、P&Gのヘアケアブランド「パンテーン」が中心となり「#PrideHairサロン」プロジェクトが立ち上がっています。

夫や姉も食事が喉を通らなくなった。差別され続けた彼女が、それでも故郷を思う理由。

迫害によって去ることを余儀なくされた故郷の危機に、彼女はいま、何を思うのか。

死ぬまでに愛する人と「夫夫」になりたい。法廷で語ったその願いは、叶わなかった。

同性婚の実現を求めて、全国各地の同性カップルが一斉に国を訴えた「結婚の自由をすべての人に」訴訟。提訴から2年が経過し、各地で審理が大詰めを迎えている。

峰宗太郎先生も新型コロナウイルスのワクチンを受けました 体験記と日本のみなさんに伝えたいこととは?

新型コロナウイルスについてウイルス学、免疫学の専門家として積極的に発信を続けている医師、峰宗太郎さん。新型コロナのワクチン2回目の接種を終え、体験記と体験動画を送ってきてくれました。

ワクチン接種の不安を軽くする工夫 アメリカにはない医師の診察が日本で必要な理由

接種前からワクチンに対する不安が囁かれてきた日本。不安を軽減するために、行政は、報道は、そして接種現場は何ができるのでしょうか?

ワクチンのスペシャリスト、新型コロナワクチンに期待を寄せつつ呼びかけるのは「焦らずに一歩一歩」

日本でも接種が始まった新型コロナウイルスのワクチン。ワクチンのスペシャリストは有効性や安全性をどう評価し、何を心配しているのでしょうか? 岡部信彦先生に聞きました。

「最近、妙にお腹が減る」と思ったら…がんだった!? 38歳漫画家の“超ポジティブ”闘病記

がんと向き合うシリアスなテーマながら「超ポジティブ」な闘病コミックエッセイ。Web連載時から話題だった作品の著者・ひるなまさんにお話を聞きました。

「8時間で250人書き写した」愛知リコール署名偽造、バイト男性は「人気案件」と証言

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の呼びかけではじまった、愛知県・大村秀章知事のリコール署名運動。名古屋市の河村たかし市長も協力し注目されたが、その83%に不正が疑われている。さらにアルバイトが「書き写し」に動員されていたことも明らかになった。作業に参加した男性が語る、その実態とは。

東京入管の収容施設でクラスター。収容の外国人39人含む45人が感染。感染経路は調査中

東京・港区にある東京入国管理局の収容施設で、新型コロナウイルスのクラスターが発生。収容されている外国人39人含む計45人が感染した。

子どもの体調が急変! 親はどうしたらいいの? 医療の付き合い方を考えるために伝えたいこと

子どもの体調が急に変わると親は気が動転してしまいます。慌てて病院に連れて行く前に知っておいてほしいことを、長年親に伝える活動をしてきた阿真京子さんが本にまとめるためのクラウドファンディングを始めました。

『鬼滅の刃』全巻セットを買ったつもりが…偽物?紙の「海賊版」をメルカリやAmazonで確認

『鬼滅の刃』の紙の単行本の海賊版がネット上で販売されていることが判明。集英社が読者に注意を呼びかけている。

「日本は男女平等だと思いますか?」メディアからの質問に、橋本聖子新会長は…

橋本会長は森前会長について、会見で「私自身の政治の師」「大変特別な存在」とコメント。「私はやはりアドバイスをしていただかなければいけない局面もあるんだろうと思っています」としている。

五輪に7回出場、過去には「セクハラ疑惑」の報道も… 橋本聖子新会長ってどんな人?

東京五輪開催の年に生まれたことから、聖火にちなんで「聖子」と名付けられた。

「天才」「かわいすぎる…」子どもの作品が、世界にひとつだけのアイテムに。

保育園で初めて描いたクレヨンの作品。どう飾っておくか迷っていたところ、見つけたのが、絵をポーチやバッグにしてくれる「リトルピカソ」というサービスだったそうです。

「悪夢のような毎日」を目の当たりにした日本人女性が、イラストで伝えたいこと

軍事クーデターが起こったミャンマーに住む日本人女性らが「いま起きていることを知ってほしい」と、軍事政権や民主化運動の歴史などを説明するイラスト解説を作りました。

「めちゃめちゃ悔しくなる…」トップYouTuberは意外なほどに負けず嫌いだった。

発信をすると、バッドボタンがついたり、いい気持ちがしないコメントがついたりしてしまうこともある。トップYouTuberのヒカキンさんは、どう考えているのか。

五輪担当大臣辞職は「大変大きな決意」橋本聖子新会長が語ったこと【全文】

五輪担当相を務めていたが、菅首相に辞職願を提出。正式に、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の後任会長に就任した。

自分も新型コロナに感染し、コロナの患者を診ているからこそ僕は接種した

日本でも接種が始まった新型コロナウイルスのワクチン。一時、感染爆発とも言われたニューヨークでコロナ患者を診療し、自身も感染した経験のある医師は迷わず接種しました。感染を経験しても接種は必要なのでしょうか?

愛知県知事リコール署名の偽造疑惑、バイトを募集した企業の実態は

アルバイト情報サイトには、「未経験者大歓迎!佐賀市で名簿の書き換え作業!!」との求人が掲載されていた。名古屋市に本社を置く企業による募集で、時給は900〜1000円だった。

「痛くなくてよかった、ホッとした」ワクチン国内接種第1号の院長が語ったこと

全国100カ所の医療機関で、約4万人が接種を受ける先行接種がスタート。接種第1号となった新木一弘院長は「受けて30分以上になるが痛みはない」とコメントしている。

トップYouTuberが明かす「子ども時代にやっておいた方がいいこと」が説得力ありすぎた

社会貢献の場においても大きな存在感を示しているYouTuberのヒカキンさんにインタビューした。

路上で、SNSで、何気ない会話の中で。「気付かずにはいられない」わたしたちの話

2月17日(水)21:00からYouTubeで、BuzzFeed News Live「気付かずにはいられないわたしたちの話」を生配信します。

妊婦さんが自分で気持ちよくうてるように 妊娠中に接種の医師、体験談を積極的に発信

妊娠中に新型コロナウイルスのワクチンを接種した精神科医、内田舞さん。しかし、「今はまだ様子をみたい」と考える友人の気持ちもよくわかると言います。どういうことでしょうか?

新型コロナのワクチン、妊婦はどうする? 妊娠中に接種したお医者さんはどうやって決めたのか?

日本でも接種が始まった新型コロナウイルスのワクチン。妊婦はどうするか迷っている人も多いのではないでしょうか。妊娠中に接種した米国在住の医師、内田舞さんは何をどのように検討して接種を決めたのかお話を聞きました。

あなたは「自分は森さんじゃない」と言えますか? マジョリティの“特権”とは何なのか

森喜朗氏の女性差別発言から浮かび上がった「特権」とは何なのか。マジョリティは多数派ではなく、「気づかないでいられる人々」であると指摘する社会学者の投げかける疑問とは。

「差別を容認しない社会を」森氏の女性蔑視発言めぐり、再発防止求める15万筆の署名を提出

東京五輪組織委の森喜朗元会長が女性蔑視の発言をした問題で、有志メンバーが立ち上げたオンライン署名に15万筆が集まりました。署名を提出したメンバーが会見を開きました。

「最悪なバレンタイン」「ありえない」 チョコ配達遅延でピエールマルコリーニが謝罪

ピエールマルコリーニのチョコレートがバレンタインまでに届かない…配送の遅延が発生し、批判の声が上がっている。

愛知県知事リコール求めた署名、83%で不正。何が起きているの?

県選挙管理委員会は署名約43万5000人分のうち約83.2%が有効と認められなかったと発表。無効と判断された署名の約90%は同一の筆跡とみられ、約48%は選挙人名簿に登録されていない人の署名だった。

紙だけどふやけない…!スターバックスが全国で新カップでの提供を開始。プラごみ削減で

スターバックス コーヒー ジャパンは2月15日から全国約1600店舗で、アイスコーヒーなどを紙カップで提供します。プラスチックごみ削減のためで、フタもストローを使わなくて良い形に変更します。

地震で赤ちゃんが号泣、そして停電… 男性記者が救われた「液体ミルク」

2月13日午後11時8分ごろ、福島県や宮城県で最大震度6強の激しい地震がありました。大規模な停電も発生。もしものとき、赤ちゃんがいる家庭では、防災のために何を備えておけば安心なのでしょうか?

この先生の言葉はほんとにすごい...!「学生結婚」して卵を育てた実話に感動が止まらない

最後の結末を聞いた瞬間、「せ、先生....!?」ってなりました。

【更新】東日本で一時92万軒が停電。福島県沖地震の影響で

午後11時8分に福島県沖を震源に地震が起き、宮城県・福島県で最大震度6強を観測した。この地震により、東日本の広い地域で停電となっている。

「日本の皆さんに知ってほしいことがある」日本に住むミャンマーの人々が今あなたに伝えたいこと

ミャンマーでの軍事クーデターへの反対やアウンサンスーチー氏らの解放を願い、東京の国連大学前で、日本に住むミャンマーの人々が集会を開きました。参加者の声を聞きました。

人々が突き上げた3本指の意味。「民主主義を返して」「独裁やめて」切実な思い

ミャンマーで拘束されているアウンサンスーチー氏らの解放を願い、東京の国連大学前で、集会が開かれました。

「家族の中での僕の評判は非常に悪かった」 仕事に“全集中”なアナウンサーが、病気になって気付いたこと

「病気をして、がんになって良かったと思うことはひとつもない。でもね、悪いことばかりじゃないとも感じています」

森会長は相談役に就任?→「まったく決まっていません」辞任表明後の会見で語られたこと

辞意を表明した東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長で元首相の森喜朗会長。懇談会後の記者会見に森会長の姿はなかった。

「意図的な報道があった」「私の命ある限り…」辞任を表明した森会長が語ったこと【全文】

辞意を表明した森喜朗氏が理事会・評議員会合同懇談会の冒頭で語ったこととは…

HPVワクチン、国や自治体はうたせたいの? 2人の娘の接種を決めた母親の疑問

HPVワクチンのお知らせが自治体から届き始め、接種を決めた人も増えてきています。しかし、娘二人に受けさせることを決めた母親は、手続きの過程で行政や医療機関の後ろ向きとも思える態度に戸惑っています。

「顔なんか見せんでええ」新型コロナで亡くなった祖父は最期に言った。漫画家が別れを描いた理由

新型コロナウイルスにより祖父を亡くした漫画家が、「別れ」の一部始終を描きました。

「解雇された」「1日に1食」コロナ禍で困窮するベトナム人。就職セミナー実施で緊急支援

JICAなどが設立した「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI)」が、コロナ禍で失業したり帰国困難になったベトナム人を対象に、キャリアセミナーを開きました。

「こんな時にごめんなさい。でも…」日本に住むミャンマー人女性が1枚の写真を投稿した理由

ミャンマーでクーデターが発生。日本でも各地で抗議デモが開かれています。そんな中、1人のミャンマー人女性が日本語でメッセージを書き、SNSに投稿しました。

猫好きネット民の絆は海を超える…!東京の片隅で暮らすネコチャンたちが海外から注目を浴びているわけ

Twitchで24時間ライブ配信をおこなっている保護猫カフェ「にゃんだん邸」さん。じわじわとファンを集め、国内外から累計数十万円の寄付金を集めています。世界の猫好きの愛を感じる、運営の裏側を聞きました!

河野太郎氏は、トランプ氏に似ている。ある哲学者の警鐘

フォロワー数約226万人。日本の現役閣僚としては最多、現役政治家としても2位を誇る河野氏のTwitterは、これまでも注目を集めてきた。新型コロナワクチンを担当することにもなったが、そのコミュニケーションは「トランプ氏的」であるとの指摘もあがる。その危険性とは。

「東京五輪は中止?」と憶測広がる。公式アカが“北京五輪”に変更、国会でも話題に【更新】

新型コロナウイルスの感染拡大や森喜朗会長の女性差別発言など、五輪にまつわる報道が相次ぐなか、ネット上では開催中止をめぐる不安や憶測も広がった。

「自分のファンばかりに囲まれて…」河野太郎氏のTwitterは本当に「暇つぶし」なのか?

フォロワー数約226万人。日本の現役閣僚としては最多、現役政治家としても2位を誇る河野氏のTwitterは、これまでも注目を集めてきた。新型コロナワクチンを担当することにもなったが、そのコミュニケーションは「トランプ氏的」であるとの指摘もあがる。その危険性とは。

「積極的疫学調査を縮小したから感染者が減少」は本当?尾身会長が会見で語ったこと

緊急事態宣言を解除する地域が出てくる中で、分科会は再びの感染拡大を防ぐために恒例行事における人々の行動、すべての世代での感染防止の徹底、早期の探知と介入が重要であるとの方針を示している。

コロナ禍での「怒りの感情」をぶつけられたら どう受け止める?

コロナ禍で悩みを抱える人たちに、精神科医の市来真彦さんと松本俊彦さんが対談形式で答えるイベントの詳報。最終回では、怒りの感情をぶつけられた時の支援者の心構えなどについて話します。

森会長を批判しているけど… マスコミも、女性が少なすぎませんか?

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長で元首相の森喜朗氏(83)の女性差別発言に批判が集まる一方、マスコミ業界における女性比率の少なさが問題視されている。「メディアが女性蔑視に無自覚ではいけない」との危機感も聞こえてきた。

「まったく記憶にない」「まともなマスコミは書かなかった」過去の問題発言について2人の大臣が語ったこと

衆議院予算委員会で過去の問題発言を問い直された麻生太郎財務相と平沢勝栄復興相。麻生氏、平沢氏の答えは…

「多面的に忖度」と批判も。森会長めぐる組織委コメント、日本語版と英語版に違い?

組織委が「東京2020大会と男女共同参画(ジェンダーの平等)について」として発表したメッセージについて、日本語版と英語版で異なった内容となっていることがわかった。

新型コロナワクチン報道でHPVワクチンと同じ失敗を繰り返すな 疫学者がメディアに注文したいこと

新型コロナワクチンの接種が間もなく日本でも始まりますが、恐怖を煽る報道が続いています。なぜその報道はまずいのか。疫学者の立場から批判していただきました。

「家族と密になるのが苦痛」「感染が怖くて引きこもりに」 どうしたらいい?

新型コロナの流行で精神的につらい思いをしている人の質問に、精神科医2人が答えていく対談イベント。「家族と密になるのが苦痛」「感染が怖くて引きこもりに」と、様々な悩みが寄せられました。

所持金6円でも「生活保護は嫌だ」申請を阻む高い壁。DV被害者の夫に連絡がいくケースも…

「生活保護だけは受けたくない。ほかに制度はありませんか?」の声も。支援団体が厚労省に生活保護申請を阻む壁をなくすことを求めている。

伝えたかったのは「女性の積極的な意見表明を応援する気持ち」。各国の駐日大使館が、ある写真をツイートした理由

ドイツ大使館が「#dontbesilent #genderequality #男女平等」というハッシュタグと共に、片手を挙げたポーズを取った大使館職員の写真をTwitterに投稿。すると続々と欧州各国の大使館も同様の投稿をしました。

菅首相「国益に芳しくない発言」森会長に見解→進退は明言せず。「逃げないで」と批判も

立憲民主党・早稲田夕季議員への答弁。森会長の発言に対しては、国際的にも反発が広がっているとして、「日本の国益にかなうか、かなわないか」と質問した。これに対し、菅首相は「あってはならないもの」との従来のコメントを繰り返したが、再び問われたのちに「国益にとっては芳しいものではない、そう思います」と答弁した。

HPVワクチンの二の舞にならないためにやっておくべきこと ワクチンの疫学調査に詳しい研究者が物申す

接種開始前からメディアでは不安を煽る報道が始まっている新型コロナウイルスのワクチン。接種率が激減したHPVワクチンの二の舞にならないために何ができるか、ワクチンの疫学調査に詳しい鈴木貞夫さんに聞きました。

子どもに豆腐ともやししか食べさせられない、年収50万円ない家庭も。最貧困層の「限界」

「みんな困っているけれど、もっと大変な状況にいる人が追い詰められている」

コロナ禍で支援者も悩む 松本俊彦先生の心を支えるものは?

新型コロナの流行で積み重なるストレスや不安。支援者側の悩みについても回答していく2回目は、回答者の松本俊彦さんがいきなり自分のことを聞かれてうろたえる姿もみられました。

「人生で一番悲惨なことは、酷い目に遭うことではなくて、一人で苦しむこと」 なぜつながりが大事なのか、精神科界のトシちゃん、マッチに聞いてみた

コロナ禍で誰もが不安を抱えている日々、どうやったらうまくやり過ごせるのでしょうか。精神科医の仲良しコンビ、トシちゃんこと松本俊彦さんとマッチこと市来真彦さんが、みんなのモヤモヤに答えました。

他人のプライバシーを伝え続けてきた僕だから… アナウンサーが「がん闘病」をさらけ出す理由

「ネットで自分の病気を検索するというのは、ある程度のところで止めておいた方が良い。これが、正直な僕の感想です」

【画像】アナウンサーの闘病を支えたTシャツのクセが強すぎる

「悪性リンパ腫」と診断され、闘病生活を送ったフリーアナウンサーの笠井信輔さん。Instagramに記録された生活には常にちょっと変わったTシャツが映り込んでいる。

なんで自分が…。“生存率7割”を告げられたアナウンサーが「人に迷惑をかけない」をやめた理由

「とくダネ」で長年、ニュースを届け続けた笠井信輔さんはフジテレビを退社直後に「悪性リンパ腫」と診断され、闘病生活を送った。

「離乳食は手作りが一番」「抱っこしすぎると抱き癖が…」祖父母世代に伝えたい!30年で変わった子育ての常識。

30〜40年前とは大きく様変わりしている子育ての「当たり前」。祖父母世代と現役子育て世代の価値観や知識のギャップを埋める資料が「わかりやすい!」とSNSで大きな反響を呼んでいます。

「繰り返されないために」森会長の処遇検討や再発防止策求める署名5万筆

東京五輪組織委の森喜朗会長が女性蔑視の発言をした問題で、有志メンバーがオンライン署名を立ち上げ、森会長の処遇検討や再発防止策を求めています。

「俺、陰謀論を信じかけていたんだよ」俳優はなぜ、告白したのか?

執行猶予期間も終え、著書『生き直す』を出版するなど幅広く活躍する高知東生さん。彼はなぜ、陰謀論にはまりかけたのか。

これはすごい…!手を使わずに履けるNIKEのスニーカーが画期的

NIKEが新しく、手を使わないで脱ぎ履きできるスニーカー「ナイキ ゴー フライイーズ」を発表しました。

「女性の社会進出を否定するもの」日本スポーツとジェンダー学会、森喜朗氏の差別発言に声明

森喜朗氏の女性差別発言に対し、「日本スポーツとジェンダー学会」が緊急声明を発表。森氏の発言のみならず、その場に居合わせたスポーツ関係者の反応も含め強く非難している。

「面白おかしくしたいんだろう」森喜朗氏、謝罪会見で“逆ギレ”【質疑応答全文】

発言を謝罪、撤回したが、辞任については否定した。「女性がたくさんいる会議は時間がかかる」などという発言に対しては、国内外から批判が殺到。辞任を求める声もあがっていた。

森会長、辞任は否定「邪魔だというなら、老害は…」女性差別発言で謝罪も

辞任については否定した。「女性がたくさんいる会議は時間がかかる」などという発言に対しては、国内外から批判が殺到。辞任を求める声もあがっていた。

【更新】「#森喜朗氏は引退してください」と求める声高まる。政界や海外からも批判殺到

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と女性蔑視の発言。「#森喜朗氏は引退してください」と辞任を求める声が高まっています。

「子どもを1人もつくらない女性が…」で過去にも批判。森会長、繰り返される問題発言

森氏はこれまでも、社会で問題視される発言を繰り返してきた。今回の発言で辞任の可能性にも言及した氏の、言動を振り返る。

効果は?副反応は?変異ウイルスにも効くの?新型コロナワクチンについて知っておくべき10のポイント

現在確認されている効果はどのようなものか。インフルエンザワクチンとは何が違うのか。また、現在先行する2つのワクチン以外の開発状況はどのようなものか。

3月7日 まで に。緊急事態宣言(きんきゅう じたい せんげん)は どんな 内容(ないよう)?【やさしい日本語のきじ】

東京(とうきょう)や 大阪(おおさか)に でている 緊急事態宣言(きんきゅう じたい せんげん)が 3月7日 まで に なりました。どんな 内容(ないよう)か、やさしい日本語(にほんご)で 説明(せつめい)します。

盲導犬の受け入れ拒否、コロナ禍でも。いつも利用していた店で「外につないでおいて」

新型コロナウイルス感染症予防を理由に、盲導犬の入店を断ることはできません。

「3度目の緊急事態宣言は避けるべき」経済学者が推計、医療と経済のダメージを最小限に抑える方法は?

感染症による損失と経済的な損失を共に最小限に抑えるために、日本はどのような策をとるべきか。東京大学准教授の仲田泰祐さん、特任講師の藤井大輔さんの推計が注目されている。

減らない高齢者施設での感染拡大、どう対応すべき?尾身会長が語ったこと

会見中、尾身会長は「この1年は難しい1年だった」と振り返る一幕も。緊急事態宣言の継続が決まった10都府県で取り組むべき対策とは。

HPVワクチン接種後に体調を崩した私が、今のワクチン報道に思うこと

中学生の頃、HPVワクチン接種後に体調を崩し、その後回復したさくらさん。23歳になった今、HPVワクチンや新型コロナワクチンの報道に改めて疑問を投げかけます。「焦らせないで。そして、恐怖を煽らないで」

あんこ1キロで1週間しのいだ。男性が路上で雑誌を売ってアパートに入居するまで

路上で『BIG ISSUE(ビッグイシュー)』という雑誌を売っている人たちのこと、知っていますか?

妻子を亡くした事故後、休めた期間は「1カ月」。池袋暴走事故の遺族らが「死と向き合う時間」求めて要望

犯罪被害に遭った人やその家族が回復のために取得できる「被害者休暇制度」の義務化を求めて、交通事故で家族を亡くした遺族たちの会が、厚生労働省に要望書を提出した。

ミャンマー国軍がアウンサンスーチー氏を拘束 その足跡とクーデターの背景を探る16枚の写真

ミャンマー国軍が2月1日、クーデターを決行して民主化運動の象徴だったアウンサンスーチー外相兼国家顧問を拘束した。なぜ、生涯4度目の拘束を受けることになったのか。その功績と、拘束の背景を16枚の写真で探る。

HPVワクチンの9価ワクチン 2月24日から販売開始

これまで日本で販売されていたものより効果の高いHPVワクチンの9価ワクチンが、2月24日から発売されることが決まりました。

テレビや電話も遮断。現地の若者の思いを聞いた。「怖い」「独裁望んでいない」クーデター当日の悲痛な声

ミャンマーで国軍がクーデターを実行。アウンサンスーチー国家顧問らが拘束されました。現地のミャンマー人2人をオンラインで取材しました。

「深夜2時から試験」「髪をセルフカット」海外大学で学ぶ日本人留学生の苦労

見通しの立たない一年。何に困り、不安を感じていたのか。想像をはるかに超えていました。

赤い帽子をかぶり、路上で雑誌を売っている人のこと、知っていますか?

ホームレス状態の人が路上で雑誌を売り、自立へと繋げる「BIG ISSUE」(ビッグイシュー)。コロナ禍では、その販売者らも影響を受けました。

「5歳以下の子どもに豆を食べさせないで!」節分シーズンに消費者庁が注意喚起

最悪の場合は死に至るケースも。広く注意を呼びかけています。

「高校1年生を過ぎると公費で接種することができません」 厚労副大臣がHPVワクチン対象の女の子にSNSで呼びかけ

小学校6年生から高校1年の女子は無料でうてるHPVワクチン。なかなか知られていないことに問題を感じ、自身も子宮頸がんを経験した三原じゅん子副大臣が、対象者の女の子にSNSで接種を呼びかけることを始めました。