Skip To Content

    【パラリンピック】空中にジャンプした命知らずの車いすライダーがクソかっこいい

    なんてヤロウ

    障害者スポーツの祭典、リオデジャネイロパラリンピックの開幕式が7日(日本時間8日)、マラカナンスタジアムで行われた。

    Bruna Prado / Getty Images

    会場を大きく盛り上げたのは、17mの高さから車いすで滑走する命知らずな、この男。

    Alexandre Loureiro / Getty Images
    Pool / Reuters

    とっ、飛びやがった!

    Matthew Stockman / Getty Images

    男は、さらに空中で前方に一回転。ナンテコッタ。

    Buda Mendes / Getty Images

    男の名はアーロン・"ホイールズ"・フォザリンガム。アクロバティックな技で魅了する車いすライダーだ。

    Dave Mangels / Getty Images

    先天性の病気を抱え、生まれつき下半身を自由に動かすことができなかった、8歳の時にエクストリームスポーツと出会った彼は、ハンデをものともせずに、練習に明け暮れ、4年前、ついに世界初の車椅子プロライダーとなったのである。