go to content

【パラリンピック】空中にジャンプした命知らずの車いすライダーがクソかっこいい

なんてヤロウ

先天性の病気を抱え、生まれつき下半身を自由に動かすことができなかった、8歳の時にエクストリームスポーツと出会った彼は、ハンデをものともせずに、練習に明け暮れ、4年前、ついに世界初の車椅子プロライダーとなったのである。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss