「涙を流しながら食べました」 外国人客に大量わさび寿司、客の証言

店でなにが起こったのか。

大阪の繁華街・難波の寿司店「市場ずし難波店」。訪れた韓国人など外国人客に対してわさびを大量に入れた寿司を提供していたことが明らかになり、炎上した。

「市場ずし」を経営する藤井食品がホームページに謝罪文を掲載したが、そこで触れられたのは、あくまで事実関係と「インターネット各所をお騒がせした」ことへの謝罪のみ。外国人に対する差別的な言動があったという指摘については、「確認できない」とした。

店で、なにが起きていたのか。BuzzFeed Newsは実際に、訪れた客を取材した。

涙を流しながら、食べました。

市場ずし / Via ichibazushi.com

ことの発端は、9月末〜10月1日にかけて、Twitterで外国人観光客に対してわさびを大量にいれた寿司を提供された、という証言が出たこと。真偽を疑う声も上がったが、市場ずし側は2日付で事実関係を認め、謝罪を出した。

A子さん(仮名)は、今年3月に難波店を訪れた。A子さんは日本人だが、日本に来て2年目の韓国人の彼氏がいる。デートで食事をした。

「行ったのはお昼です。ほぼ満席でしたが、カウンターの席に案内されました。常連さんのような方が多く、私たちは初めて来たので、少し浮いているような感じがしました」

「外国語で書かれているメニューもありましたが、私たちは日本語のメニューや壁に書いてある品書きを見て注文しました。彼は、ある程度の日本語はできるのですが、漢字を読むことができません。なので、私が説明しながら、2人で一緒に注文しました」

「彼も日本語で注文したのですが、彼のイントネーションや言葉使いで外国人だということがわかったと思います」

2人は、鯛やマグロ、中トロ、イカなどを注文。すべてに、大量のわさびが入っていた。

「私たちは回らない寿司に行くことは滅多になく、市場ずしに来たのも初めてです。周りの人たちも普通に食べているので、何も言うことができず、お互い涙を流しながら食べました。水をたくさんお代わりして、流し込んだのを覚えています」

「目の前に寿司を握ってもらった店員さんがいたので、気を使ってしまい、ネタをずらして、わさびを避けることもできませんでした。なので、わさびの量を目では確認していません」

A子さんは、途中で寿司は食べられないと思い、赤だしを注文。赤だしは「普通でした」と話す。

2人の寿司を握ったのは、すべて同じ店員だった。

謝罪文への疑問

謝罪文はこうだ。

「すしに多くのわさびを乗せていた件ですが、こちらはそのような事実がありました。海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」

「また、従業員による民族差別的な発言に関してはそのような事実は確認できませんでした」

これを読んでどう思ったのか。

「『外国人からのわさびの増量の要望が多いからサービスとして多く入れた』という理由は、正直、言い訳のように聞こえて、受け入れ難いです。『わさびの苦手なお客様』と記載されてますが、私も私の彼もわさびは好きです」

「私たちが目の前にいて、水を何度も頼んだり、目に涙を滲ませながら寿司を食べていたりする姿を店員が『知らなかった』とは、言い難いと思います」

「民族的差別の発言について、私たちは確認していません。しかし、それがなくても、今回の件は差別的な行動を取られていたと思います。それがとても悲しいです。傷ついた大部分の人は外国の方だと思います。日本語で記載されたメッセージは、誰に向けてのメッセージなのでしょうか」

藤井食品は「担当者の総店長は、出張で7日まで戻らないので、対応できません。取り次ぐこともできません」としている。


Check out more articles on BuzzFeed.com!

 
  リアクション
 
話題の記事