【絵で知る】布ナプキンや簡易おむつ。被災時の生活用品の作り方

もしもの場合に備えて。

熊本を中心に発生した地震について、生活物資が足りない / 届いていない地域があるとの声も上がります。

改めてチェックしておきたいのは、東日本大震災のときに有志が立ち上げたアイデアサイト「OLIVE」。布ナプキンやおむつなど、生活用品の作り方をまとめました。

1. 長袖シャツで作る、布ナプキン

OLIVE / Via olive-for.us

1. 衣類の両袖を袖口から20cmほどの長さで切る。 (コットン製のものはかぶれを防ぐ)

OLIVE / Via olive-for.us

2. タオルなどを必要分袖口に入れて 完成。(中身のタオルは使い捨て、 使い回し可能)
※中に入れる素材吸水性があり、清潔なものを使うこと

3. 防水加工のガムテープなどがあれば、袖口の中に通し、両端を出した状態でカット。

注:感染症予防のため、避難所では使い捨てナプキンの使用が望ましいです。また、必ず清潔なものを利用してください。

2. レジ袋で作る簡易おむつ

紙おむつが多少ある場合は、紙おむつの吸収体をはがして、紙の部分を再利用することもできます。

3. 水のいらない簡易トイレ

OLIVE / Via olive-for.us

3の補足:オガクズひとつかみをまぶしても匂いが抑えられます。

便器がある場合は、こんな作り方も

4. 長袖で作る、簡易マスク

OLIVE / Via olive-for.us

こんなマスクができます

OLIVE / Via olive-for.us

5. ペットボトルでお皿を作る

OLIVE / Via olive-for.us

こんなお皿が

OLIVE / Via olive-for.us

6. 紙パックで作るスプーン

OLIVE / Via olive-for.us

注ぎ口の部分を横に切り取ります。

OLIVE / Via olive-for.us

下の部分を4分割にし、口に運びやすくするため、斜めに切り落とします。

OLIVE / Via olive-for.us

このように使います。

7. サランラップで作る耳栓

OLIVE / Via olive-for.us

1. ラップを10cm出し、切り取る。
2. 端部を4cmほど余らせ、一度結ぶ。
3. その下2cmほどの部分をもう一度結ぶ。
4. 下の結び目の根本で切る。
5. 上の余ったラップをほどき、結び目にかぶせる。

8. 靴の防水・補強の仕方

OLIVE / Via olive-for.us

1. 靴の上にレジ袋をかぶせる。
2. 板などを靴底の下に敷く。
3. ひもなどでしばる。

完成形はこちら

OLIVE / Via olive-for.us

9. ダンボールで作るパーテーション

OLIVE / Via olive-for.us

ガムテープがあれば、こんなパーテーションに

OLIVE / Via olive-for.us

これらの他にも物干し台の作り方などの情報も掲載されています。また、サイトでは折りたたみ冊子もPDFで公開されています2冊目も)。いざというときに備えて、印刷しておくとよいでしょう。

Facebookページでも、ニュースをお届け。

View this embed ›

Check out more articles on BuzzFeed.com!

バズフィード・ジャパン ソーシャルメディア・エディター
 
  リアクション
 

投稿

話題の記事