ハム太郎が行方不明、SNSで話題に。小学館に聞いてみた

    ファン「ハム太郎が出かけたまま戻ってきてない……」

    「ハム太郎」が行方不明。ファンの間で心配の声が上がっている。

    ことの発端は、「とっとこハム太郎」に登場するゴールデンハムスター「ハム太郎」のとあるツイートだ。

    これは、2017年8月8日につぶやかれたツイート。

    一見、なんてことない内容だが……

    スクリーンショット / Via Twitter: @tottokohamutaro

    実はこのツイート以降、一切ツイートがない。最後のツイートからもうすぐ1年を迎えようとしているのだ。

    それに気づいたファンが、「ハム太郎が1年前から行方不明」とツイート。

    「ハム太郎が出かけたまま戻ってきてない……」と、悲しみの声が相次いだというわけだ。

    「早く帰ってきて欲しいね」

    @tottokohamutaro みんなすごく心配していますね ハム太郎、早く帰ってきて欲しいね

    「そろそろ戻ってきてほしいのだ」

    @tottokohamutaro そろそろ戻ってきてほしいのだ。寂しいのだ。

    一体、ハム太郎はどこへ行ってしまったのだろうか? 「とっとこハム太郎」を手がける小学館の担当者が、BuzzFeed Japanの取材に答えてくれた。

    小学館提供

    ーーハム太郎は今、どこにいるのでしょうか?

    小学館:みなさんにご心配おかけしまして、すみません。

    もちろん、私たちもハム太郎のことは心配ではありますが、ハム太郎は、これまでもヒマワリのタネを探して旅に出たりしておりますので……。

    元気でいることはわかっています!

    何らか旅先の写真がきたりするといいなあ、と思っていますが……私たちも待っている感じです。

    ーーハム太郎は戻ってきますか?

    小学館:もうすぐっぽいですよ! ただ、予定調和の旅ではないので……。

    ーーハム太郎を心配している方に、メッセージをお願いします。

    小学館:今年の8月6日の誕生日は、みなさんと共にお祝いしたいと思っています。

    そのときのために、ハム太郎の公式サイトを含め、「お部屋を改装中」と思っていただければうれしいです!

    20周年を迎えたハム太郎。

    小学館提供 / Via amazon.co.jp

    かつて一世を風靡した「とっとこハム太郎」だが、2017年には連載開始から20周年を迎え、記念のムック本も発売。

    公式Twitterでも活発に発言し、ファンを喜ばせていた。

    みんなと一緒にここから見る景色がボク、一番気に入ってるのだ!

    小学館の担当者によれば、旅に出ているハム太郎の様子は、「とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ!」に描かれているそうだ。

    今はただ、静かに待ちたい。ハム太郎がヒマワリのタネを見つけて戻ってくる、その日まで。