絵心ほしい…… 絵が下手なトラウマと向き合った結果

    絵の練習を、してみようと思うんだ。

    絵が下手です。下手すぎて、トラウマ気味です。

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    物心ついた時から、絵を描くのがとても苦手です。

    中学生の頃、美術の成績が5段階中1になってから、あまりにショックで絵を描くことに苦手意識ができてしまいました。

    そのセンスのなさは歳をとっても変わらず、この間、記事で久しぶりに絵を描いてみたところ、

    同僚「……」

    上司「……これは、チャレンジングだね……」

    会社の人にドン引きされてしまいました。

    正直いうと、絵を描くと、今でも中学生時代の嫌な気持ちが蘇り、ちょっと動揺してしまうのです。

    とはいえ、もうすぐ26歳のいい大人。

    そろそろ、俺だって絵が上手くなりたいよ。

    ということで、今日は自分の下手くそな絵と向き合い、大好きなキリンの絵を練習してみました

    まずは本屋さんで入門書を買います

    Yuya Yoshida / BuzzFeed / Via amzn.to

    本屋さんへ行くと、「色えんぴつでかわいい動物」というめちゃくちゃ良さそうな本が売っていました。

    帯をみると、こんなことが書いてあります。

    動物は大好きだけれど、動物の絵を描くのはあんまり得意じゃないなあと思っているあなた(パイインターナショナル「色えんぴつでかわいい動物」帯より一部抜粋

    まさに俺のこと!!! すぐさま買ってきました。

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ▲一緒に買ってきた色えんぴつ(550円)とじゆうちょう(180円)

    まずは気持ちを落ち着かせ、何も見ずにキリンを描いてみます

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    くっそ。

    俺の好きなキリンこんなんじゃなくない??? 最初に描く動物、間違えたかも……。

    描くときに迷ったポイント

    1:頭の中に首が長い以外の特徴が出てこない

    2:あの四足歩行の立体感の出し方が不明

    3:胴体がどうなってるのか想像できない

    これはあるあるなのですが、いつも顔は鮮明に思い浮かぶものの、体とか足が全く想像できないんですよね……。

    今回のキリンもそう。顔はかなり特徴を捉えているのものの、体がうまく描けないのです。

    その後も何度か描いてみますが、上手く描けない

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ふぅ……疲れたぜ……。

    その後も何度か試みますが、全く描ける気配がありません。

    「きったねぇ」

    「うわぁ……」

    「もう描かないで」

    同僚や上司からの容赦ない暴言が飛び交います。

    面白いとかいう領域でないことは、自分でもわかっています。

    正直いつもならここで諦めますが、今日は違う。

    先ほど購入した「色えんぴつでかわいい動物」を読みながら、再度キリンにチャレンジしてみます。

    キリンに関する驚くべき事実を発見してしまう

    パイインターナショナル / Via amzn.to

    ▲こんな感じで、キリンも描き方のポイントと見本が書かれています

    早速本を読むと、キリンに関する驚くべき事実が書かれていました。

    なんと、キリンを構成する要素として、


    ・長めの角が2本ある

    ・ここにも短い角が2本、かくれている

    ・首

    ・たてがみ

    ・背中

    ・ひじ

    ・ひざ
    (パイインターナショナル「色えんぴつでかわいい動物」P60より一部抜粋)

    etc……

    あれ、なんかキリンを構成する要素多くない??? キリンってこんなに複雑だったんだ。

    確かに考えてみると当たり前の要素なのですが、最初にキリンを描いた時の頭の中といえば……

    最初に頭の中にあったキリンのイメージ

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    「頭」「首」「胴体」「脚」の4つだけでした。

    これ以外、本当に何も思い浮かばなかった。いかにキリンのことを考えていなかったのかがわかります……。

    というわけで、改めてキリンを構成する要素を意識しながら描いてみます。

    本を見ながら描いてみた結果

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    !?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

    描、描けてるううううううううう!!!!!!!

    フォルムが完全にキリンンンンンンンンンンンン!!!!!!!!!!

    俺、実は絵うまかったんだ!!!!!

    形をキレイに描けるだけで、感動がすごいです。絵を描くのって、こんなにも楽しいことなんだと思いました。

    完全にキリンが描けてしまった

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    これ、完全にキリンや……。脚に立体感が出てる……泣きそう。

    本の言う通りにしたら、描けてしまった……。自分でもびっくりです。

    「その本売れそう!」

    「その本、すごいね」

    先ほど暴言を浴びせてきた諸先輩がたが、一気に手のひらを返してきました。

    しかしまぁ、これはあくまで本を見ながら描いたので、迂闊に喜んではいられません。

    目標は、何も見ずに完璧なキリンが描けるようになることです。

    その後も同じキリンをひたすら描き続けます。

    2時間、ひたすらキリンを描き続ける

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    一頭描きあげるのに、丁寧に描くと15分くらいかかります。次第に手に力が入らなくなってくる。。。

    しかし、それでも諦めるわけにはいかない。黙々とキリンを描き続けます。

    (2時間後)

    途中休みながらも4頭ほど描きあげ、頭の中にキリンの描き方が完全にインプットされました。

    頭から背中にかけての緩やかなカーブ、ややふっくらしたお腹、そして立体感のある筋肉質な脚!!!!!!!

    もういける。余裕。絶対上手く描ける自信ある。完全に生まれ変わった。

    そして、ついに何も見ずにキリンを描いてみました!!!!!

    いざ、実践! 何も見ずに描いてみる

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    結果がこちら

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    んんんんんんんん???????????????

    キリンが精気を失ってる?????? 覇気がないぞ。

    あと、

    脚の立体感どこいった??????

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    おかしいな。

    さっきまであったはずの、脚の立体感が失われている。ちょっと後ろ足が太すぎたんかな……。

    わかったこと:上達すると、とてもうれしい

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    まず数時間ちょっと練習したくらいで、そう簡単に上手に描けない。絵がうまい人って、ものすごく努力してるんだなって思いました。

    でも、ちょっとでも上達すると、めちゃくちゃうれしくなる。

    このうれしさや感動を学生時代に体験していれば、トラウマになるようなことはなかったかもしれません。

    今日はこのうれしさを感じられただけでも、とても大きな収穫でした。

    いきなり動物は難しかったので、次は人間に挑戦してみたいと思います。

    おまけ:ライオン

    Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ▲同僚「緑のやつはお弁当とかに入ってるバラン?」