時代の象徴「SHIBUYA109」平成最後の広告に選ばれたのはYouTuberだった

    「109の意思表明としてふさわしい」

    巨大なファッションビル「SHIBUYA109」。

    若者文化の発祥地である渋谷にそびえ立つこのビルで、ひときわ目を引くのが大きなシリンダー広告だ。

    これまで安室奈美恵、SMAP、B'z、西野カナなど、その時々を象徴するアーティストやタレントが掲出されてきた。渋谷のシンボルのような存在でもある。

    2019年4月30日。

    平成最後となったこの日、シリンダー広告を飾ったのは、平成の世に新しい存在として現れた「YouTuber」たちだった。

    なぜYouTuberが109に?

    日々の動画があってここまで続いている

    特技があるわけでもなく、普通な2人

    家族と一緒に安心して見られる

    エンターテイメントのこの先を創りたい

    「『この先どうなりたいですか?』とよく聞かれます。相方とエンターテイメントの『この先』を創っていきたいです。みんなの応援に、見せる景色で応えていきます。いつもありがとう」

    平成が終わり、新たな時代に目指す「エンターテイメントのこの先」。

    109平成最後の広告を飾った人気YouTuberは何を見ているのか。

    「YouTubeっていう新しい媒体で2人組で活動していくにあたって、最初はブランディングのためにアイドルとかアーティストの方々のメソッドを勝手に参考にさせていただいていました。

    たとえばイベントの規模が大きくなっていくとアーティストさんだったら全国を回ったり、テレビだったら予算が増えてゴールデンに進出するという通例があったり。

    媒体によってそれぞれのストーリーがあると思うんですけど、YouTubeってまだそこまで確立されてないんですよね。

    それを考えると、僕らはYouTubeのこの先の活動を引っ張る存在になりたいというか。

    YouTubeには今までなかったようなエンタメが実現する可能性があると思うし、『今までこうだったから』ということに捉われないからYouTubeを選んだのもある。

    そういう意味で、今まで誰もやってなかったエンタメのこの先を僕らが見せられるような人間になっていきたいと思いますね」(トミー)