「楽しい時間は、結果が出ないと続けられない」人気YouTuberが6年間、毎日投稿を続けられた理由

    何をやっても続かない……そんな悩みを、6年間毎日YouTubeに動画を投稿し続けた水溜りボンドさんに聞きました。

    大学時代の同級生で結成されたコンビYouTuber「水溜りボンド」。YouTubeのチャンネル登録者数は400万人を超え、最近ではラジオ番組「オールナイトニッポン0(ZERO)」、AbemaTV「水溜りボンドの青春動画荘」など、YouTube以外にも活躍の場を広げている。

    そんな彼らの代名詞とも言えるのが、動画の毎日投稿だ。2015年のデビュー初日から2020年までの6年間、多忙を極めるようになっても毎日必ず新しい動画を投稿し続けた。

    彼らはなぜ6年もの間、毎日投稿を続けられたのか。継続の秘訣を探った。

    就活が始まるまでに人気になる

    ▲水溜りボンド / 左からカンタさん、トミーさん / Photo by Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ーー動画制作はめちゃくちゃ大変だと思います。企画を考えて、撮影して、編集して……そんな大変なルーティンを毎日6年間も投稿し続けられたのはどうしてですか。

    カンタ
    :6年も続けてやるぞ!という気負いがなかったのが1つあるような気はします。

    一番初めに「毎日投稿を始めます!」というツイートをしているんですけど、その中でも「いつまで続くかわかりません」と書いてあるんですよね。

    いついつまで続けなきゃいけないってなった瞬間に義務になってくるじゃないですか。だんだん楽しめなくなってきちゃうというか。

    「今日も楽しかったから、明日もやりたいよね」って気持ちを常に持てていたことが大きいと思います。

    トミー:本当にシンプルに楽しかったからだと思います。楽しくなかったら続けられない。

    ただ、撮影から編集、公開までを24時間以内にするのって、普通だったら(大変すぎて)想像できないじゃないですか。それを6年間やっていると考えたら、楽しかっただけじゃ済まされない何かがあるはずだと思っていて。

    僕にとってカンタが毎日、編集をやってくれていたことが楽しく続けられる大きな要素になっていたんじゃないかなと思いますね。

    ▲カンタさん / Photo by Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ーーカンタさんは毎日編集していて楽しかったですか。

    カンタ
    :毎日楽しかったですよ。厳密に言うと、やっぱり時間の制約でキツいこともありました。でも、それを乗り越えることで次の日に得られることのほうが大きかったんですよね。

    もともと映像が好き、動画を撮ることが好きだったので、そういうモチベーションや動画作りの情熱は人一倍あったと思います。

    ーー始められた当時は、何を目的に毎日投稿されていたんですか。

    カンタ
    :一番初めは2人で動画を撮って絶対に人気になろうと思っていて、動画を見てもらえたらきっと「面白い!」って言ってもらえるんじゃないかみたいな気持ちは正直ありました。僕らのことが広まっていくことだったら何でもしたいなって。

    あとは就職活動が始まるまでに、たくさんの人に見てもらえる可能性があるかどうかの判断をしたい、という話はしていました。

    動画投稿を始めたのが大学2年生で、就職活動が始まる大学4年生まで1年半もなかったんですけど、その短い期間できちんと結果を出す。無理だったら就職するという覚悟を決めてやっていました。

    ーー「楽しい」気持ちと一緒に、ちゃんと結果を出すという目的もあったんですね。

    カンタ
    :僕らはちょっと特殊かもしれないですね。周りのYouTuberさんって楽しく動画をあげていたら、いつの間にか人気になっていたというケースが多い。

    僕らは始めたときから、この楽しい時間は結果が出ないと続けられないよね、という覚悟がありました。

    トミー:目的というか続けていくために必要な要素だったのかなと。グループだと主要メンバーだけ就職しないで、他のメンバーは就職してだんだん仕事を辞めていくみたいなパターンを結構見ます。でも僕らは2人だし、片方が就職すると続けられなかったと思います。

    自分のためが、みんなのために

    ▲トミーさん / Photo by Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ーーそれから翌年の2016年にはチャンネル登録者数100万人を突破。人気も軌道に乗り、大学卒業後は就職せずにYouTuber1本で活動されていくようになりました。ここからはどういう気持で動画を作られていたんですか。

    カンタ
    :この時期ぐらいからいろんなYouTuberに会う機会が増えましたね。同じ時期ぐらいから伸びていたアバンティーズや東海オンエアもそうですし、あとはHIKAKINさんやはじめしゃちょーさんにも会えるようになってきて、自分たちの中でYouTuberとして行きていく決意がだんだん固まっていくような感じでしたね。

    ーー同じクリエイターから刺激を受けた。

    カンタ
    :この人たちおもしろいなって。YouTuberっていうのは、こういう人たちが輝いている職業なんだということを近くで感じたというか。

    この時代はまだトップの人でもチャンネル登録者数200万人ぐらいの規模だったんですけど、もっともっと日本中を熱狂させて大きくなっていくんだろうなって。

    そういう活気みたいなものを感じて、負けたくない、もっと面白いものを作れるようになりたいって思いが強くなっていました。

    YouTubeでこの動画を見る

    ▲MV「ハッピー毎日投稿終了前ソング」。昨年8月に公開された、水溜りボンドとロックバンド・ヤバイTシャツ屋さんによるコラボMVとして公開された。ゆかりのあるYouTuberが多数出演し、毎日投稿の終了を華々しく歌い上げた。 / Via youtube.com

    ーーライバルともいえるYouTuberさんに追いつく、あるいは追い越すのに「毎日投稿」が必要な要素だったんですかね。

    トミー
    :強みではありますよね。2人でずっと楽しく動画を撮れるというのは。

    カンタ:今考えると武器だったのかなぁとは思います。でも、当時は意識してなかったですね。

    毎日カメラを回すことが、自然とルーティンになっていました。

    トミー:僕らの強みというだけであって、万人に毎日投稿という選択が正しいわけじゃないと思います。その時の僕らの強みが毎日投稿だっただけであって。

    カンタ:毎日動画を投稿していたら、「今日ツラいことがあったけど、家に帰ったらいつものように水溜りボンドの動画が公開されていて安心した」っていうようなコメントをいただけるようになりました。

    最初は自分たちのために始めたことだったんですけど、いつの間にか誰かのためにもなっていて、毎日投稿し続けたいという気持ちがより強くなりました。

    ーー自分のためだったのが、視聴者のためになった。

    カンタ
    :自分も含めて視聴者さんとみんなのためになった感じですかね。だから毎日投稿を終えるときも、悲しい感じじゃなくてパーッと明るく伝えたくて、「ハッピー毎日投稿終了前ソング」というMVを作りました。お祭りみたいな感じで、ネガティブじゃなくてポジティブに終わらせたかった。

    物事を継続する秘訣は

    ▲トミーさん / Photo by Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ーー「三日坊主」という言葉がありますが、「何をやっても続かない……」という悩みは多くの人が一度は経験したことがあると思います。物事を継続するための秘訣はありますか。

    トミー
    :毎日投稿じゃなかったらYouTubeは続けられなかったと思いますね。シンプルに続けたいなって思ったこと、一緒にいたいなって思える相方に出会ったことが今につながっている気がします。

    あとなんだろう。僕、浪人した時にめちゃくちゃ頑張って勉強したんですよ。その体験がけっこう活きてるなって。

    自分がどのぐらいまで頑張れるかとか、自分の限界を知ったというか。浪人時代に頑張り方を学んでいたから、YouTubeという未知の場にも身を置けたんじゃないかと思いますね。

    ーーまさに「継続は力なり」を経験した。

    トミー
    :自分が好きなもの、続けたいと思うものと出会う前に、この経験をできたことがすごく大きかったですね。

    カンタ:僕は中高と部活をやっていたんですが、監督に怒られないようにしようとか、途中から義務になっていたところもありました。

    でもYouTubeは、自分でやりたいことを納得した上で進めていく。それが楽しいんですよね。6年続けるって普通じゃないと思うんですけど、それはやっぱり毎日の撮影が楽しかったのが大きかったと思います。

    他のYouTuberさんも継続されてる方が多くて、共通しているのは楽しむのが上手だなって。逆境に立たされても、それすらも楽しんじゃうという。

    僕らも毎日投稿をしていて、やっぱり疲れてる日もあるんですけど、じゃあもうその疲れもネタにして寝る企画をやろうぜみたいな。ネガティブをポジティブに転換することを他のYouTuberさんから学びましたね。

    これができるようになっていなかったら、続かなかったかもしれません。

    ▲快くおどけてくれたカンタさん / Photo by Yuya Yoshida / BuzzFeed

    ーー体調を崩して、動画が撮れない日とかなかったんですか。

    カンタ
    :なかったよね?

    トミー:幕張で倒れたけどね。

    カンタ:まぁそんなこともありましたけど(笑)

    トミー:それ以外はあんまりなかったですね。

    カンタ:気づかなかった説もありますけどね。体調崩していることに気づいている場合じゃなかった説(笑)。

    でも運もあると思いますよ。最初の時期にパソコンが壊れたりしたら途中で止まってたと思いますし。そういうトラブルも特に起きなかったのもよかったと思います。

    最初の半年はめっちゃキツいんですけど、その中でやりがいとかやり方が固まってきたら1年続く。1年続いたら2年続くし、こんな感じで6年経ったという感じですね。

    逆にやめることのほうが難しかったです

    後半に続く

    インタビュー後半は明日28日(金)に公開します!

    UUUM

    水溜りボンド

    カンタとトミーによる二人組の動画クリエイター。ドッキリ、実験、検証、都市伝説、料理など、視聴者の皆さんに楽しんでいただけるように、2015年から2020年まで、一日も欠かさず毎日動画を投稿してきた。視聴者とのコミュニケーションを大事にし、ジャンルにこだわらず、限界を定めず、自然体でつくりあげていくスタイルの二人から、さまざまな"波形"が日々生まれている。

    レギュラーラジオ番組「オールナイトニッポン0(ZERO)」のメモリアルBOOK「水溜り本―水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)深夜のアミーゴ―」(扶桑社ムック)が発売中。

    YouTubeチャンネル

    水溜りボンド

    とみビデオ

    カンタの大冒険