この正月は、お餅はやめておこうか! ロックバンドの呼びかけに「なるほど確かに」「激しく同意」と賛同の声

    「毎年この時期だけで1,000人超の窒息死を誘発しているとも言われるお年寄りキラー それは餅 こわいぞ餅」

    「じいちゃん ばあちゃん この正月はさ お餅はやめておこうか!」

    あと10日で新年だけど 今年はこういう呼びかけを しておいた方が良い気がする

    Twitter

    「今年はリアルに医療機関も余裕無いだろうし…」

    「あと10日で新年だけど今年はこういう呼びかけをしておいた方が良い気がする」

    こんなメッセージをラウドロックバンド「打首獄門同好会」がTwitterで発信しています。

    「毎年この時期だけで1,000人超の窒息死を誘発しているとも言われるお年寄りキラー それは餅 こわいぞ餅」

    「今年はリアルに医療機関も余裕無いだろうし じいちゃんばあちゃん気をつけた方がいいと思うぞ餅に」

    投稿は4000回以上リツイートされ、9000を超える「いいね」が。

    「なるほど確かに」「激しく同意」といった賛同や、「うち年寄り3人いるから気をつけよう」といった声も上がり、反響が広がっています。

    「我々も感染対策や医療機関への配慮という意識のアンテナは高くなっている」

    Ryosuke Kamba / BuzzFeed

    打首獄門同好会。左からjunko、大澤敦史、河本あす香(2019年撮影)

    ギター&ボーカルの大澤敦史さんは、BuzzFeed Newsの取材に対し、今回の発信に至った背景についてこうコメントしました。

    「このコロナ禍の中でライブやツアーを企画する立場上、我々も感染対策や医療機関への配慮という意識のアンテナは高くなっていると自負しています。そうした上で見えてくる『気付き』に、バンド運営を通して積み上げた情報発信力を使うのも、今年ばかりはもはや賢明だろうと考えています」

    「今回の『餅』の件に関しても、過去から蓄積されているデータから特にリスクが明白かと思いましたので、それぞれ知った上で適切な判断ができるよう、情報を共有する価値があると考えた次第です」

    2019年は8095人が「不慮の窒息」で死亡

    Keiko Iwabuchi / Getty Images

    厚生労働省の人口動態調査によると、2017年に9194人、2018年に8876人、2019年には8095人が「不慮の窒息」で命を落としています。

    消費者庁によると、餅などが誤って気管に入ること等による「不慮の窒息」は、65歳以上の高齢者の「不慮の事故」の中で最も死亡者数が多くなっています。

    また、高齢者の「不慮の窒息」のうち、約半数が食品を喉をつまらせたことによるものです。

    餅による窒息事故を防ぐため、消費者庁は以下のような食べ方を呼びかけています。

    【餅による窒息事故を防ぐために】
    (1)餅は小さく切っておく
    (2)餅を食べる前に、先にお茶や汁物を飲んで喉をうるおしておく
    (3)餅はよくかんで、唾液とよく混ぜ合わせてから飲み込む

    今年は全国各地で医療提供体制の逼迫が叫ばれています。万が一、事故が起きた時に状況次第では救えたはずの命が救えなくなることも…

    リスクの高い高齢者の場合、念のため今年はお餅を食べるのを避ける、というのも選択肢のひとつかもしれません。

    Contact Yuto Chiba at yuto.chiba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here