松任谷由実さんに「早く死んだほうがいい」 政治学者に厳重注意、京都精華大学が謝罪

    白井聡氏が自身のFacebookに投稿したコメントが物議を醸している。大学は厳重注意を行ったと発表。白井氏は「つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします」と釈明している。

    京都精華大学は9月1日、同大学で講師を務める政治学者・白井聡氏の発言について厳重注意したと発表し、謝罪した。

    白井氏は安倍晋三首相の引退会見をめぐる松任谷由実さんの発言について、自らのFacebookに「早く死んだほうがいいと思いますよ」と書き込み、批判を受けていた。

    同大の石田涼理事長は声明文の中で、「人間の命を軽んじた内容であり、人間尊重の立場をとるべき本学教職員として不適切な行為であった」と、厳重注意の理由を説明している。

    「早く死んだほうがいいと思いますよ」と発言

    Facebook(アーカイブより)

    今回、問題となったのは白井氏が8月29日に自身のFacebookに投稿したコメントだ。

    松任谷由実さんのラジオでの発言をまとめたサンケイスポーツの記事(同日付)を引用し、「荒井由実のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」と書き込んでいた。

    元の記事の中では、松任谷さんが自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で「テレビでちょうど(会見を)見ていて泣いちゃった。切なくて」と思いを吐露したことが伝えられている。

    白井氏の発言は、この松任谷さんへの発言を批判する主旨のものだったとみられる。「夭折」とは若くして亡くなるという意味の言葉であり、それを用いてさらに「早く死んだほうが」と述べたこの発言にはネット上で多くの批判が集まった。

    白井氏は、9月1日にFacebookで発言の趣旨について釈明。元の投稿を削除した。

    私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです(あるいは、でした)。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。そういうわけで、つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします。

    同大は9月1日、石田理事長名義で「本学教員のフェイスブック上の発言について」との声明を出した。

    「『人間尊重』『自由自治』を理念に掲げ、ダイバーシティの推進により多様性を大切にする本学では、個人の主義主張、思想、信条の表現や発言に寛容であります」としたうえで、「今回の発言は、人間の命を軽んじた内容であり、人間尊重の立場をとるべき本学教職員として不適切な行為であった」とした。

    そのうえで、「本件におきまして、不快な思いをされた方々、ご心配をおかけした方々に、深くお詫び申し上げます」と謝罪をした。

    同大は声明では白井氏の名前を出していないが、BuzzFeed Newsの取材に対し、そうであることを認めた。そのうえで、広報担当者は「現時点で申し上げることができるのは、あの文章に記載している事項のみとなります」と語った。


    Contact Yuto Chiba at yuto.chiba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here