• electionjp badge

「人気に陰り」「発言がポエムみたい」小泉進次郎氏は“池上無双”に何と答えた?

「良い時も悪い時もありますよね」「負けたらそれ相応の報いを受ける」

テレビ東京系列で10月31日夜に放送された「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」で、ジャーナリストの池上彰さんが小泉進次郎・前環境相に「人気に陰りが出たのでは」「発言がポエムみたいだと言われていましたが?」などと斬り込んだ。

池上さんの突っ込んだ質問は「池上無双」と呼ばれ、選挙特番での名物となっている。

池上さん「人気に陰りが出たのでは」

Philip Fong / AFP=時事

番組で池上さんは「人気に陰りが出たのではないか。ご自身はどういうふうに受け止めていましたか?」と小泉氏に尋ねた。

小泉氏は、こう切り返した。

「良い時も悪い時もありますよね。地元、横須賀・三浦がありがたいなと思っているのは昨日の街頭演説、過去最大の人に集まっていただいた。苦しい時こそ、逆風の時こそ、俺たちがやってやるという横須賀・三浦の皆さんに感謝です」

池上さんが「冷や飯を食わされているというイメージがあるのですが、ご自身ではどうですか?」と質問を重ねると、小泉氏は「政治の世界は戦(いくさ)」「総裁選も最大の戦ですから、負けたらそれ相応の報いを受ける」と語った。

「発言がポエムみたいだと言われたことも」

小泉氏はその発言が度々、「ポエム」と揶揄されてきた。

池上さんもこうした点について、「発言がポエムみたいだと言われたこともありました。どう思いますか?」と質問。

小泉氏は「まぁ、いろいろな声もありますから。全てを受け止めて、これからしっかり力をつけていきたい」と述べるに止めた。