Aマッソの差別発言、大坂なおみ選手の事務所に謝罪

    9月22日に開催されたイベントで、「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤」という漫才を披露し、批判が殺到していた。

    お笑い芸人・Aマッソがライブ中、大坂なおみ選手に対する差別的発言をした問題で、所属事務所ワタナベエンターテインメントが大坂選手のマネジメント事務所IMGに謝罪した。

    今回の件に関して、IMGはコメントを発表する予定はないという。

    「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤」

    ワタナベエンターテイメント

    Aマッソは、幼馴染の村上愛さんと加納愛子さんによって結成されたお笑いコンビ。2016年のM-1グランプリではセミファイナルに進出し、期待の若手お笑い芸人として人気を集めている。

    9月22日、東京・二子玉川で開催された無料イベント「思い出野郎Aチーム presents ウルトラ“フリー”ソウルピクニック」に出演したAマッソ。

    イベントを観覧していた参加者によると、「質問に対して薬局にあるもので答える」という漫才を披露。後半で「大坂なおみに必要なものは?」という投げかけに、「漂白剤。あの人日焼けしすぎやろ!」と答えたという

    Twitter上では、イベント直後からこの発言に関する指摘が相次いでいた。

    所属事務所はお詫びしたが…

    Aマッソの所属するワタナベエンターテインメントは9月24日夜、謝罪文を発表。2人も直筆の謝罪文を同時に発表した

    また、イベントを主催していた思い出野郎Aチームも所属する事務所・カクバリズムを通じて謝罪文を発表した。

    しかし、いずれも、大坂選手の名前や発言内容は伏せられていた。

    BuzzFeed Newsは、Aマッソの所属するワタナベエンターテインメントに対し、9月24日昼頃から取材を申し込んでいるが、現段階でコメントは得られていない。

    回答があり次第、追記する。


    Contact Yuto Chiba at yuto.chiba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here