「日本を取り戻す」政権に返り咲いてから辞意表明まで… 安倍政権の7年間を写真で振り返る

    歴代最長在任期間を更新してから、わずか4日での辞任のニュースは衝撃を与えた。2012年の政権復帰からの辞意の表明まで2799日を超えた安倍政権の7年間を振り返る。

    安倍晋三首相は8月28日、辞意を表明した。

    2020年8月24日には2012年の政権復帰からの在任期間が2799日となり、佐藤栄作氏が持っていた歴代最長在任期間を超えた。

    歴代最長在任期間を更新してから、わずか4日での辞任のニュースは衝撃を与えた。

    安倍首相は会見で「拉致問題をこの手で解決できなかったことは痛恨の極みであります。ロシアとの平和条約、また憲法改正、志半ばで職を去ることは断腸の思いであります」とコメント。

    その上で、治療により体調を万全にし、新体制を一議員として支える意向を示している。

    2012年9月26日、安倍晋三氏が自民党総裁に。

    Yamaguchi Haruyoshi / Getty Images

    一度辞任した総裁が期間を置いて、再び総裁に選出されるのは自民党史上初。

    2012年、自民党は「日本を取り戻す」という言葉を掲げて、総選挙を戦った。

    Buddhika Weerasinghe / Getty Images

    2012年12月26日、第二次安倍政権が発足。

    Katsumi Kasahara / Getty Images

    安倍氏は5年ぶりに首相に返り咲いた。

    Katsumi Kasahara / Getty Images

    2013年9月、オリンピック招致のためのスピーチで「Situation is under control(状況はコントロールできている)」とコメントし、福島第一原発事故の影響はないと強調。

    Ian Walton / Getty Images

    2020年のオリンピック開催都市は東京に。

    Ian Walton / Getty Images

    2013年9月、ニューヨーク証券取引所を訪問。「アベノミクス」についてスピーチ。

    John Moore / Getty Images

    2014年4月、消費税率が5%から8%に。

    時事通信

    消費税増税後初となる買い物を終え、記者の質問に答える安倍晋三首相。

    2014年5月、内閣人事局が発足。

    時事通信

    加藤勝信内閣人事局長(当時)、稲田朋美内閣人事局担当大臣(当時)、安倍晋三首相、菅義偉官房長官

    2014年7月、集団的自衛権の行使容認を閣議決定。

    時事通信

    2014年12月、「アベノミクス解散」で衆議院選挙に勝利。

    Buddhika Weerasinghe / Getty Images

    2015年10月に予定していた消費税率再引き上げを2017年4月へ再送りしたことの是非を国民に問うことに。

    2015年4月、アメリカを訪問し、会談に臨んだ。

    White House Pool (isp Pool Image / Getty Images

    2015年8月、戦後70年談話を発表。

    Chris Mcgrath / Getty Images

    「謙虚な気持ちで過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任がある」と語り、不戦のメッセージを強調した。

    2015年9月、集団的自衛権を巡る憲法解釈を変え、安全保障関連法を参院で強行採決。

    Katsumi Kasahara / Getty Images
    時事通信

    安全保障関連法案を採決する参院本会議が行われる中、国会前ではデモも。

    2016年5月、広島を訪問したオバマ大統領と。

    時事通信

    2016年8月、リオデジャネイロ五輪の閉会セレモニーに登場した安倍首相。

    David Ramos / Getty Images

    2016年12月、ハワイの真珠湾を訪問。

    時事通信

    2017年1月に就任したトランプ大統領とは親密な関係が続いた。

    Mario Tama / Getty Images

    一緒にゴルフをすることも…

    時事通信

    2017年2月、森友学園への国有地売却問題が表面化。

    時事通信

    衆院予算委員会で答弁する財務省の佐川宣寿理財局長。

    2017年5月、加計学園の獣医学部設置をめぐる経緯が問題に。「総理のご意向」と記された文書も明らかに。

    時事通信

    文部科学省の前川喜平・前事務次官は選定のプロセスについて、「行政がゆがめられた」と指摘している。

    2017年5月、改憲への意気込みを改めて表明。

    時事通信

    憲法改正推進派のフォーラムに寄せたビデオメッセージでの発言。

    2017年6月、「共謀罪」法が成立。

    時事通信

    2017年9月、衆議院を解散。

    時事通信

    総選挙では「この国を、守り抜く」というコピーを掲げた。

    Nurphoto / Getty Images

    2018年、森友学園をめぐり公文書改ざんが明らかに。

    時事通信

    2018年6月、加計学園の加計理事長は安倍首相と面会した「記憶も記録ない」と説明。

    時事通信

    愛媛県の文書には2015年2月の安倍晋三首相との面会が記録されている。

    2018年9月、自民党総裁選で石破茂氏に勝利し、3選。

    Carl Court / Getty Images

    2019年5月、平成から令和へ。

    Tomohiro Ohsumi / Getty Images

    2019年5月には、「桜を見る会」の問題が表面化。国会で追及が相次いだ。

    Tomohiro Ohsumi / Getty Images

    後援会関係者の招待に安倍首相は関与していたのか、高級ホテルで実施されていた前夜祭の費用は誰が負担していたのか、「シュレッダーで廃棄した」とされる招待者名簿などが問題視されている。

    Tomohiro Ohsumi / Getty Images

    2019年6月、G7サミットに参加。

    Handout / Getty Images

    2019年7月、参院選で自民党が改選過半数獲得。しかし、改憲勢力は3分の2に届かず。

    Tomohiro Ohsumi / Getty Images

    2019年11月、2020年度の「桜を見る会」を中止すると発表。

    時事通信

    野党が徹底追及をする姿勢を見せる中で、11月13日、2020年度の「桜を見る会」の中止を発表した。

    2020年3月24日、東京五輪の1年延期を発表。

    時事通信

    2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言を発出。

    Tomohiro Ohsumi / Getty Images

    2020年8月、健康不安説が急浮上。

    時事通信

    8月24日、慶応大病院を出る安倍晋三首相。各社大きく報じた。

    2020年8月28日、内閣総理大臣辞任の意向を表明。

    時事通信


    Contact Yuto Chiba at yuto.chiba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here