掴みかかるトランプ支持者、バリケードに囲まれたホワイトハウス… 「異例」の大統領選を伝える23枚の写真

    トランプ陣営、バイデン陣営が激しくぶつかり合う今年の大統領選。ワシントンD.C.やニューヨークでは暴動を警戒してバリケードが張られている。

    開票が進むアメリカ大統領選。勝つのは現職の共和党トランプ氏か、前副大統領の民主党バイデン氏か、注目が集まっている。

    今年の選挙は新型コロナウイルスの影響で、多数の人が集まる投票所を避け、期日前や郵便投票を選ぶ有権者が増えている。州によっては郵便投票を基本とするところもあり、これまでの大統領選とは様相が異なる。

    また、ワシントンD.C.などでは暴動が起きることを警戒し、投開票日前からバリケードが張られている。

    そんな「異例」の大統領選を、写真と共に伝える。


    【速報記事、更新中】アメリカ大統領選、最新情報はこちらから。

    ホワイトハウス前には高いバリケードが…

    Anadolu Agency / Getty Images

    バリケードには「トランプを逮捕しろ」「ヘイトをやめろ」といったポスターが次々に張られている。

    Picture Alliance / dpa/picture alliance via Getty I
    Picture Alliance / dpa/picture alliance via Getty I

    ワシントンD.C.の市街地でも暴動を警戒し、バリケードが張られた。

    Picture Alliance / dpa/picture alliance via Getty I

    バリケードはニューヨークでも。

    Nurphoto / Getty Images

    ZARAの店舗でもバリケードが。

    China News Service / China News Service via Getty Ima

    トランプ陣営に反対する人々によるデモも。

    Michael Noble Jr. / Getty Images

    バイデン支持者に掴みかかるトランプ支持者。

    Gina Ferazzi / Los Angeles Times via Getty Imag

    新型コロナの影響で様々な変化が。

    Karen Ducey / Getty Images

    有権者は投票方法を、

    1)投票日に投票所での投票

    2)期日前投票

    3)郵便投票

    の3つの選択肢の中から選ぶことができる。

    今年の選挙は新型コロナの影響で、多数の人が集まる投票所を避け、期日前や郵便投票を選ぶ有権者が増えている。州によっては郵便投票を基本とするところもある。

    Karen Ducey / Getty Images

    新型コロナウイルス蔓延を受けて郵便投票を選択する有権者は、民主党支持層が多いと見られている。

    投票所には新型コロナ対策を促すアメリカ「疾病予防管理センター」(CDC)のガイドラインが掲示されている。

    Nurphoto / Getty Images

    開票作業も感染対策を行った上で実施。

    Karen Ducey / Getty Images

    選挙ではそれぞれのコロナ対策への認識の違いも明白に。バイデン陣営では、ソーシャルディスタンスやマスクなどが意識された。

    Mark Makela / Getty Images

    民主党のバイデン氏はメディアを集めて演説する場でも、感染対策を万全に行い、ソーシャルディスタンスを確保する工夫を行った。

    Go Nakamura / Getty Images

    民主党全国党大会をドライブインで視聴する支持者たち。今年の全国党大会は史上初めてオンラインで開催された。

    Drew Angerer / Getty Images

    11月3日にはフィラデルフィアで支持者に囲まれながらスピーチを行った。

    一方のトランプ陣営。会場にはマスクを着用する人もいるが、非常に多くの人が密集している。

    Anadolu Agency / Getty Images
    Anadolu Agency / Getty Images
    Justin Sullivan / Getty Images
    Justin Sullivan / Getty Images

    1996年以降、共和党の候補者が勝ち続けているジョージア州で集会を行ったトランプ氏。集会ではバイデン氏の発言を意図的に編集し、ネガティブな印象を与える動画を映し出した。

    「リベラルを再び泣かせろ」と掲げた旗を振るトランプ支持者。

    Sopa Images / SOPA Images/LightRocket via Gett

    右翼団体、陰謀論…多様なトランプ支持者。

    Anadolu Agency / Getty Images

    ペイントボールのライフルを携え、反トランプに対抗する集会に集まった右翼団体「プラウド・ボーイズ」のメンバー。

    Andrew Lichtenstein / Getty Images

    トランプ陣営の集会に参加するインターネット発の陰謀論「Qアノン」を支持する人々。

    「お金とメディアが、選挙の結果を決めてはならない」

    Chip Somodevilla / Getty Images

    トランプ陣営にはメディア不信が垣間見える立て看板も。大統領選を契機に、再びアメリカの分断が浮き彫りとなっている。



    Contact Yuto Chiba at yuto.chiba@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here