back to top

今こそ見直しておきたい人気映画はこれ!

この記事はアフィリエイトリンクを含みます。

1:10月27日に公開されたばかりの『ブレードランナー2049』

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが主役を務める本作。捜査官ブレードランナーが、人造人間の本質に迫ります。

その、30年前の話が1982年公開の『ブレードランナー』。35年前の作品とは思えないくらい洗練されています。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント / Via amzn.to

煌々と謎の日本語が光る、暗い未来。都市の描き方が最高にかっこいいのです。カルト的な人気を誇る超名作。

最新作には、オリジナル版の主役を務めたハリソン・フォードも登場します。

2:怖すぎる😭 ピエロが本当に無理になる『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

11月3日から公開される本作。

街中の子供たちが消える理由は、ピエロ。スティーヴン・キング原作のホラー名作がこの秋、蘇ります…。もう予告編だけで無理…。

広告

約30年前に、観る人を恐怖に陥れた作品がこちら

ワーナー・ホーム・ビデオ / Via amzn.to

ピエロ=怖いってイメージを持っている人がいるならば、多分この作品がきっかけでしょう。

30年に一度現れるピエロ、ペニーワイズが子供たちを捕食していく…。もうね、ほんと怖い。

3:ソーに何があったの!? ショートカット姿が気になる『ソー バトルロイヤル』

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

同じく11月3日には、MARVEL作品も公開されます。アベンジャーズの和みキャラ、ソーの最新作。

アベンジャーズの戦い後、メンバーを離れてサラリーマンの住居で居候を…という設定が本当に和みます。

4:11月17日公開、初の長編アニメ化『GODZILLA 怪獣惑星』

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

ゴジラとの死闘の結果、「地球脱出」を選んだ人類。しかし、他の星への移住は困難を極め、二万年の時を経て地球に帰還した彼らが見たものは…

監督は、劇場版『名探偵コナン』でヒットを飛ばす静野孔文さんと『BLAME!』をヒットに導いた瀬下寛之さん。さらに、ストーリー原案・脚本:虚淵玄ストーリー原案と脚本に虚淵玄さんを迎えるなど、制作陣が超豪華!

広告

5:DCヒーローたちが大集結

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

11月23日から公開されるのが、DCコミックヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ』。

スーパーマン、バットマンなどお馴染みのヒーローに加え、夏に公開された『ワンダーウーマン』も、早速登場しています。

6:どんどん謎が解明される『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

12月15日に公開されるのが、『スター・ウォーズ』シリーズの最新作です。前作から主人公を務める、レイが再び戻ってきます。

大人気シリーズにおいて、初めての女性の主人公が話題になったものの、レイ自身については謎だらけ。多くの憶測が飛び交いました。

少しずつ、その謎が解き明かされるようです。

広告

7:上品なおじ様×やんちゃな青年という尊い組み合わせ、再び。『キングスマン ゴールデン・サークル』

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

ロンドンの高級紳士服は、実はスパイ集団だった。そんな素敵な設定のもと、上品なおじさまによって、やんちゃな青年が敏腕スパイに成長し…というマンガのような設定に多くの女子が虜になりました。

そんな尊いコンビが、年始に帰ってきます。

過激な殺戮シーンと、英国紳士的なスパイ道具が斬新だった前作は世界中で大ヒットしました。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / Via amzn.to

「スパイ映画の復活」とも言われた前作は2015年に公開されました。

手に持っている傘がマシンガンになったり、ボールペンやライターがスパイ道具に使われる演出が大好評でした。