back to top

昭和生まれ感涙。シャープが生みだした商品たち

シャーペンだけじゃないんです。

「俳優がつけてるベルトがだらしない」がヒントになって誕生

Spencer Arnold / Getty Images

大正デモクラシーまっただ中。着物から洋服へとファッションは変化していく時代。

創業者の早川徳次氏は、映画の登場人物がつけているベルトがだらりと垂れ下がっているのを見て、「穴なし」ベルトを発明。特許をとって金属加工業を始めることになりました。

2. シャープペン。これができたのが1915年

シャープ / Via sharp.co.jp

これに似た製品は当時からあったのですが、普及していたのはセルロイド製。もっと丈夫なニッケルメッキを採用することで、使いやすくて丈夫な「早川式繰出鉛筆」が完成しました。

実は、文房具屋の伊東屋にかなりダメ出しされていた。

シャープ / Via sharp.co.jp

伊東屋へ商談に行った際に「使いづらい」「ここがダメ」と言われ、撃沈。改善点と向かい合った結果、36種類ものモデルが誕生することに。

しかも、国内では相手にされず、ヒットしたのはアメリカ。それに伴って名前を「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」に変更しました。これが現在の社名の由来です。

3. 関東大震災直後にできた国産初の鉱石ラジオ

シャープ / Via sharp.co.jp

アメリカにすでにあったラジオを一目見て商機を感じ、早川氏は開発を決意。国産のラジオを組立たてました。

日本でラジオ放送が始まったのは、その2カ月後の1925年6月。

8. 日本語ワープロ「書院」

左が初代の日本語ワープロ「書院」。入力にはペンタッチ方式を採用していました。

文字をデジタルに入力してプリントまでできる。これがデスクワークに革命を起こすのですが……ワープロという言葉はいつから聞かなくなったんだろう。

9. スマホの先駆け

電子手帳は5大機能(カレンダー、メモ、電話帳、スケジュール、計算)をひとつの端末に収めたもの。

右のザウルスは、ビジネスに必要な機能をひとつにまとめたデバイス。ファクシミリ/パソコン通信/インターネットアクセスなどの機能も追加されることになります。

スマートフォンやタブレット。今普通に使っているこのアイディアは、日本にも萌芽はあったのです。

創業してから100年あまり。シャープが生み出してきた製品は、大正から平成までの時代を映す鏡です。シャープはこれからどうなるのでしょう? それは、日本の姿を表していたりして。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss