昭和生まれ感涙。シャープが生みだした商品たち

    シャーペンだけじゃないんです。

    1. シャープの創業は1912年。開業のきっかけになったのはベルトのバックルでした。

    「俳優がつけてるベルトがだらしない」がヒントになって誕生

    2. シャープペン。これができたのが1915年

    実は、文房具屋の伊東屋にかなりダメ出しされていた。

    3. 関東大震災直後にできた国産初の鉱石ラジオ

    4. テレビ

    テレビが発売されてから60年超。とても薄くなりました。

    5. 電子レンジの量産もシャープから

    6. 電卓

    その後、こんなに姿を変えました。

    7. 太陽電池を使った無人灯台。1966年に完成しました。

    8. 日本語ワープロ「書院」

    左が初代の日本語ワープロ「書院」。入力にはペンタッチ方式を採用していました。

    文字をデジタルに入力してプリントまでできる。これがデスクワークに革命を起こすのですが……ワープロという言葉はいつから聞かなくなったんだろう。

    9. スマホの先駆け

    電子手帳は5大機能(カレンダー、メモ、電話帳、スケジュール、計算)をひとつの端末に収めたもの。

    右のザウルスは、ビジネスに必要な機能をひとつにまとめたデバイス。ファクシミリ/パソコン通信/インターネットアクセスなどの機能も追加されることになります。

    スマートフォンやタブレット。今普通に使っているこのアイディアは、日本にも萌芽はあったのです。

    10. 「写メ」はここから

    11. 2004年には、衝撃的な「水で焼く」オーブンを

    創業してから100年あまり。シャープが生み出してきた製品は、大正から平成までの時代を映す鏡です。シャープはこれからどうなるのでしょう? それは、日本の姿を表していたりして。