これはwww 女の子の究極の欲望を叶えるグッズが話題

    突然やってくる、寂しい夜。ぬくもりが欲しい夜。こんな時に恋人がいればいいのですが…

    つらい…なぜだ……あ、これは寂しいってやつ? ぬ、ぬくもりが欲しい…って思う瞬間ありませんか。

    猫がいればいいんですけどね。そう簡単に飼えるわけじゃないし。

    これを見つけた瞬間、「あ、待ってた…」って思ったわけです。

    【お茶美の卒制で他にも気になった作品シリーズ】 好きなとき、好きなだけ男性の胸に抱かれたい。そんな女子の思いを叶えてくれる「雄っぱい枕」。なお最優秀賞。 https://t.co/DT5l27KhQ3

    御茶の水美術専門学校の卒業制作として生まれた「雄っぱい枕」。

    「家でも自分の好きな時に好きなだけ雄っぱいに触れたい、埋まりたい、包まれたい」って、わかりみが深すぎませんか?

    @oppai_makura

    「何より自分が一番欲しかったので作った」と語る作者(@oppai_makura)に話を聞きました。

    こだわりぬいた胸の素材。

    @oppai_makura

    腹筋や腕には普通の綿を、大事な「胸の部分」には細かいビーズクッション用のパウダービーズを採用しています。

    これによって、顔を埋めたときに心地良い質感が実現。

    サイズは「抱きしめて包容力のある」大きさを重視。

    @oppai_makura

    さらに、手の部分に留め具を付けてあるので、「抱きしめてもらえるような形」に、変形可能です。

    @oppai_makura

    包容力もそうだけど普通に快適そうですね。

    Twitterでは、「これに無印のパジャマを着せたい」、「シリコン素材にして乳首もつけて欲しい」など、熱い声が続々。

    そんな「雄っぱい枕」は、商品化を目指してクラウドファンディングを準備中…!

    @oppai_makura

    もともと卒業制作のため、構想から1年で完成した「雄っぱい枕」。

    「欲しい!」との声が多数届いたため、現在、商品化を検討しているそうです。

    でも、ハンドメイドで作っていたものを業者に発注するにはかなりの額がかかってしまう。

    「もっと価格をおさえ雄っぱいの民の元へ是非ともお届けできれば」との思いから、クラウドファンディングを計画しているそうです。

    これは応援したい…!! だって、寂しい夜ってやってくるもん!! 商品化希望です…!

    @oppai_makura