無印の商品で東京を本気で作る 10000個使ったジオラマがすごい【画像】

    いつも使ってるあの商品が全然違って見える。

    このジオラマ。無印の商品で出きてるって信じられる?

    MUJI 10,000 shapes of TOKYO / Via tokyo.muji.com

    これは、東京都と東京観光財団、そして無印良品のコラボレーションで作られた「MUJI 10,000 shapes of TOKYO」。

    無印良品の台北とニューヨークの旗艦店舗内で展示するために作られました(詳細)。

    目を凝らしてみると、ほら。いつもの商品が。

    良品計画 / Via tokyo.muji.com

    これは、東京タワー。ジョイントの部分は3Dプリンタで作ったパーツを使用。とはいえ、ほとんどが積み上げたり、並べたりするだけで構造物を作っています。

    BuzzFeedの取材に対し、良品計画は「東京タワーは特徴である『骨組み感』と『赤』を出すために『ゲルインキボールペン(赤)』をたくさん用いています」と答えました。

    http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718727780

    ゲルインキボールペン 赤

    http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718963027

    水性六角ミニカラーペンセット 10色

    http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315006199

    アイベースカラー ゴールド

    東京タワーには、主にこんな製品が使われています。見つけられますか?

    構想から8カ月。組み立てるだけで1ヶ月を要したMUJIな東京。

    MUJI 10,000 shapes of TOKYO / Via tokyo.muji.com

    これは、レインボーブリッジ。

    MUJI 10,000 shapes of TOKYO / Via tokyo.muji.com

    観覧車。

    MUJI 10,000 shapes of TOKYO / Via tokyo.muji.com

    無印良品の商品は多くが単色(白、半透明)。立体感を出したり、東京が持つカラーを再現するにはとても苦労したんだそう。

    MUJI 10,000 shapes of TOKYO / Via tokyo.muji.com

    半透明のケースがたくさん使われていますが、よく目を凝らしてみてください。中にカラフルな化粧品や文房具をいれることで、彩りを与えています。

    最終的には照明の力も借りて、多くの人が行き交う東京の表情を再現したそうです。

    東京は、こんなにも洗練されてるんだ。

    YouTubeでこの動画を見る

    MUJIglobal / Via youtube.com