• iPhone10years badge

iPhone XSで日本人が撮影した写真が公開されている!!! めっちゃくちゃきれいで驚いた…

一足早く。

iPhone XS、iPhone XS Maxで気になるのがカメラ機能。

背面にカメラが2つついているのは、PlusシリーズやiPhone Xと同じ。でも、新機種には「機械学習用処理」ができるようになりました。

どういうことができるようになるかというと…

新しいiPhoneでは、背景のボケがこんなにきれいに調整できるんだ…!!!

@manashika

撮影したのは、日本のインスタグラマー @manashika さん。

比べてみると、全然違うわ……ボケ具合きれい……。自然だ。

@manashika / Via http://
@manashika / Via http://
@manashika / Via http://

特別なアプリを入れるわけではなく、「写真」を開いて「編集」をタップするだけで「ボケ」調節ができます。

@manashika

ボケ機能は、機械学習によって写真の「深度」を検出しています。iPhone XRはカメラが1つしかついてないのに、ポートレートモードが撮影できるのはこのため。

この「ボケ」加工の他に機械学習によって写真がよりきれいに撮れるようになりました。例えば、カメラから集めたデータによって、ベストなライティングを自動的に反映させたり

@manashika

バスの中の暗いところもきれいに写っています。

暗い場所も検出してベストなものを選び出すようにしています。これは、ユーザーが無意識のうちにiPhoneが調節しています。

夜のネオンもぼやけずきれいに写ります。暗所の撮影はすごく強そうですね。

@manashika

明るいところと暗いところのコントラストがくっきり。

@manashika

明るい部分は白飛びもしないし、暗い部分は澱んだり、ノイズがでるわけでもありません。

動きのあるものを検出して、パキッと映るように調節してくれます。風に吹かれる髪の毛がブレずに撮れてる。

@manashika

Appleは、ボケ具合を出すためにカメラのレンズを徹底的に研究したのだそう。

レンズで作るボケ具合や光の差し具合をデータと計算によって再現しているのが、今回のカメラの最大の特徴かもしれません。

📱📱📱📱📱

2008年7月、iPhone 3Gが日本で発売されました。あれから10年、BuzzFeed Japanは「iPhone日本上陸10周年」を特集します(Sponsored by SoftBank)。このコンテンツは、編集部が自由に制作しているものです。